iPhoneをクラウドにバックアップする時の注意点

リュウラン

Follow @iMobie_Inc

アップル製品の愛好者として、iOSデバイスの使用をもっと便利にする小ワザやAppleに関する情報をいろいろ書いています。

最終更新日:2017年11月24日

iPhoneのデータをクラウドにバックアップする時にドラブルが発生しないように、何を注意すべきですか?このガイドは、iPhoneをクラウドにバックアップする時に注意すべきことをご説明します。

AnyTrans – WiFi経由でPCにiPhoneを完全にバックアップ

iPhoneをPCにバックアップしたいなら、AnyTransの「エアバックアップ管理」機能を使ってみませんか?AnyTransはiPhoneとPCを同じWiFiに接続するだけで、iPhoneのデータをPCに定期的に自動でバックアップできます。

iCloudなどのクラウドサービスを利用してiPhoneをバックアップすることができます。その利点と言えば、WiFiネットワークがあればいつでもどこでもバックアップでき、USBケーブルをパソコンに接続して操作する必要はありません。また、自動的にバックアップする機能もあるので、事前に設定しておけば、一定の状況で自動的にバックアップが行われて、手動で操作しなくてもきちんとバックアップできます。

しかし、クラウドでiPhoneをバックアップするには、いくつか注意すべきことはあります。後でトラブルを起こさないため、まずはiPhoneをクラウドにバックアップする時の注意点を確認しておきましょう。

iPhoneをクラウドにバックアップする時の注意点

1.クラウドサービスは多くの容量を利用するに有償プランが必要

iCloudやGoogle Drive、Dropboxなどのクラウドサービスは、普通は一定の無料容量を提供していますが、もっと多くの容量が必要な場合、ストレージを購入する必要はあります。例えばiCloudの場合、無料ストレージが5GBだけで、もしバックアップしたいデータが5GBを超える場合、毎月一定の料金を支払って有償プランにアップグレードする必要はあります。

ここで注意すべきなのは、もしクラウドの料金サービスを有償プランから無償プランにダウングレードしたいなら、クラウドに保存したデータが削除されたり、新しいデータがバックアップできなかったりする問題が発生します。従って、クラウドにiPhoneをバックアップする時、自分のiPhoneはどれくらいのストレージが必要なのか、有償プランの料金がどれくらいかかるかを事前にチェックしておきましょう。

2.クラウドは情報漏洩の可能性がある

クラウドサービスはインターネット経由でデータをバックアップするので、サイバー攻撃やほかの原因で、バックアップしたデータが外部に漏洩する可能性があります。また、クライドの障害でデータが消えて、復元できなくなる可能性もあります。

3.iPhoneの一部のデータがクラウドにバックアップできない

バックアップするつもりでクラウドを利用している方が多いかもしれませんが、実はバックアップできるのは全部のデータではありません。例えばiCloudでバックアップする場合、iPhoneに同期した音楽ファイルはバックアップできません。ほかのクラウドサービスを利用する場合も、一部のデータだけをバックアップできます。

クラウドとiTunesの利点を兼ね備えているiPhoneのバックアップツール

iPhoneをクラウドにバックアップする以外に、PCにバックアップする方法もあります。USBケーブルを使うのが面倒くさいと思いっている方が多いと思いますが、WiFiだけでiPhoneをPCにバックアップできるツールがあります。ここでは、このツールを紹介したいと思います。

そのツールは、AnyTransというiPhoneのデータ管理ソフトです。AnyTransには「エアバックアップ」機能があり、WiFi経由でiPhoneのデータをPCにバックアップすることができます。このソフトのバックアップ機能は、クラウドとiTunesの利点を兼ね備えていて、しかもそれよりも優れている特性があります:

もしクラウドとiTunesのバックアップ以外に、もっと柔軟なバックアップ方法がほしいなら、AnyTransをダウンロードして使ってみませんか。

クラウドとiTunesの利点を兼ね備えているiPhoneのバックアップツール

クラウドとiTunesの利点を兼ね備えているiPhoneのバックアップツール

- AnyTransの「エアバックアップ」機能は無料で8GBまでのデータをiPhoneからPCにバックアップできます。もっと多くのデータをバックアップしたい場合、AnyTransを購入すする必要はあります。60日間返金保証を提供していますので、使用中に何か問題が発生した場合は安心です。

おすすめ記事:iPhone 8/Xをバックアップできない場合の対策>

最後に

以上はWiFi経由でiPhoneのデータをPCにバックアップする簡単な方法です。いかがでしたか?クライドの便利さとiTunesの安定性・安全性が同時にほしいなら、AnyTransをダウンロードしてエアバックアップ機能を使ってみしましょう。この記事が参考になりましたら、TwitterやFacebookでシェアもお願いします。

ホーム AnyTrans iPhoneをクラウドにバックアップする時の注意点
メールでのお問い合わせ
AnyTrans

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

無料体験 世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!