iPadとMac間でデータを転送する方法

要約

iPadからMacへデータを転送することで、お使いのiPadのストレージを解放し、またはバックアップを作成したいんですか?このガイドを読んだら、iPadとMac間でデータを転送する簡単かつ安全な方法が見つかります。

ちょうせい

2015年06月11日

by

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans – iPadとMac間でデータを転送する

AnyTrans – 最高のiPadデータ転送ツール

本記事を読む前に、iOSデバイスのコンテンツ管理ツール-AnyTransをダウンロードしてください。そして、簡単でiPadから/にMacに/からデータを転送できます。

写真元:www.danshihack.com

写真元:www.danshihack.com

iPadで写真、ビデオ、アプリやその他の重要なデータが多く、お使いのiPadのストレージは容量不足になっていますか?iPadの領域を解放し、またはバックアップを作成するために、お使いのiPadのデータをMacに転送したいんですか?多くの人は、iCloudを使います。iTunesより、iCloudはいつでもどこでもデータのバックアップを作成できます。しかし、iCloudのサービスを利用したいなら、Wi-Fiネット環境が必要となります。しかも、iCloudは5GBまでの無料ストレージを利用でき、これ以上は有料で購入する必要があります。

ご心配なく、以上の問題に悩まないように、ここではiMobieのAnyTransという一体化されたデータ転送ツールをおすすめします。なぜですか?

必要なiOSデータ転送ツール

iOS端末向けの強力なユティリティ- AnyTransは、簡単かつ高速でiPadとMac間でデータを転送することができます。iPadのデータの紛失もありません。

  • 数分で音楽、写真、動画、プレイリスト、着信音、アプリ、連絡先、メモやボイスメモなどほとんどのデータをiPadとMacで転送することができます。
  • AnyTransはデータのプレビュー&選択ができ、時間を節約します。
  • iPadとMacだけでなく、iPhone、iPod、iPod touchとWindowsの間で自由にデータを転送できます。

iPadとMac間でデータを転送する方法

iPadとMac間でデータを転送する前に、まずMac版のAnyTransをダウンロード&インストールしてください。

パート1: iPadからMacにデータを転送する方法

ステップ1: AnyTransを起動 > お使いのiPadをMacに接続 > ホーム画面で「Macへ」をクリックします。

iPadを接続してAnyTransのホーム画面に入る ステップ1

iPadを接続してAnyTransのホーム画面に入る ステップ1

ステップ2: Macに転送したいデータ項目を選択 > 「転送を開始」をクリックします。

iPadからMacにデータを転送する ステップ2

iPadからMacにデータを転送する ステップ2

パート2: MacからiPadにデータを転送する方法

ステップ1: AnyTransを起動 > お使いのiPadをMacに接続 > ホーム画面で「コンテンツを追加」をクリックします。

ステップ2: iPadに転送したいデータをプレビュー&選択 > 「開始」ボタンをクリックすると、MacからiPadへのデータ転送が始まります。

MacからiPadにデータを転送する

MacからiPadにデータを転送する

ご注意: Macのデータ(異なる種類)をiPadに転送すると、AnyTransは自動的にそれらを対応のカテゴリに移動します。


おすすめ記事:iPadに動画を入れる方法


以上のように、iPadとMac間でデータを転送することができます。また、AnyTransはデータをiPhone/iPod/iPadからパソコン/ほかのiOS端末へ転送することもできます。iPadとMacの間にデータを転送する方法について、何かご質問がございましたら、遠慮なくご連絡ください。また、このガイドがお役に立てれば、お友達と共有することを忘れないでください。今すぐAnyTransをダウンロード >

ご質問を私達に送信して、24時間以内に答えを得ます 質問を聞き
Facebook上で何がホットだ

関連記事:

ご意見・ご感想をお寄せください