iTunesのデータをUSBに移行する方法

ばくてい

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

iTunesライブラリの曲、プレイリスト、動画、ブックなどのデータを外付けドライブにバックアップしたいんですか?ここでは、iTunesのデータをUSBメモリーへ移動する方法について、解説しています。

最終更新日:2020年10月26日

「初めてUSBメモリー(4G)を購入しました。CDからiTunesに取り込んだ曲をUSBメモリーに転送してみたのですが、一曲づづなら、ドラッグ&ドロップで出来るのですが、プレイリスト内の数曲を、一度に転送できません。どのようにすれば良いのでしょうか?」

- 教えて!goo

上記のような場合だけでなく、新しいパソコンを購入した際、古いパソコンで利用していたiTunesライブラリをそのまま移行させることも多いです。いろいろな理由でiTunesライブラリの音楽、プレイリスト、ムービー、Podcastやブックなどを外付けHDD、USBメモリー、またはiPodの外付けドライブへコピーすることがよくあります。そのため、ここでは、iTunesのデータをUSBメモリーに移動する方法について解説しています。

役立つツール

iTunesライブラリのデータをUSBへ移行するために、AnyTransというソフトウェアをおすすめします。AnyTransはiOSコンテンツの転送&管理プログラムとして、iPhone/iPad/iPodのデータを転送するだけでなく、iTunesやiCloudのデータを移動することもできます。このツールを使えば、直接iTunesライブラリのデータを確認し、パソコン/外付けドライブ/iOSデバイスにデータを一括&選択的に移行できます。本当に実用的なソフトウェアです。AnyTransの無料体験機能を確認しましょう!

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

iTunesからUSBメモリーにデータを移動する方法

以下の手順を行う前に、まずはAnyTransをお使いのパソコンにダウンロード&インストールしてください。

ステップ1: お使いのiPhone/iPad/iPodをコンピュータに接続 > USBを接続 > AnyTransを起動 > 左側で「iTunesライブラリ」を選択します。

ステップ2: 右上のボタンをクリックして「環境設定」に入ります。「一般」項目の「ファイルのエクスポート先」の右にある「選択」ボタンをクリックしてUSBに設定します。

保存先を設定

保存先を設定

ステップ3: 上のタブから「プレイリスト」、「App」、または「着信音」を任意的に選択 > 移行したい曲を選択 > 右上の「PCへ」アイコンをクリックします。

「PCへ」アイコンをクリック

「PCへ」アイコンをクリック

これで、簡単にiTunesのプレイリストをUSBに移動しました。また、AnyTransを使えば、iPhoneのデータをUSBに入れることもできます。本記事について、何かご質問がございましたら、遠慮なくご連絡ください。また、このガイドがお役に立てれば、お友達と共有することを忘れないでください。AnyTransのダウンロードはこちら >

メールでのお問い合わせ
AnyTrans 無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 14,13,12,11,10,9,8,7,6,5