iPhoneとiPadの間でファイルを転送する方法

要約

iPhoneとiPadを持っている時、iPhone/iPad間で必要なファイルを転送したいことはあるでしょう。この記事はiPhoneとiPadの間でファイルを転送する方法をご紹介します。

ちょうらんげつ

2017年04月26日

ようれいけん

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans - iOSデバイス内のコンテンツを高速な転送するソフト

AnyTrans - 高機能のファイル転送&管理ソフト

AnyTrans は専門のiOSデバイスのファイル転送ソフトで、簡単にiPhoneとiPadの間でファイルを転送できます。では、今すぐAnyTransをダウンロード&インストールして体験しましょう。

iPhoneとiPadを同時に持っていると、その間で音楽、ビデオ、Word/Excel/ PowerPointファイルなどを共有したい場合がありますね。しかし、iTunesは、iPhoneとiPadの間でデータを直接に移行できません。ほかの何か便利な方法がありますか?ここでは、使いやすいツール - AnyTrans をおすすめします。

高速データ転送ツール - AnyTrans

AnyTransはiPhoneなどiOSデバイス内のコンテンツを双方向に移行するソフトで、数クリックでiPhoneとiPadの間でファイルを共有できます。AnyTransは下記の利点があります:

  • メディアデータ(音楽、ムービーなど)、個人データ(連絡先、メッセージなど)、アプリ(アプリ本体やゲームの進行状況、個人情報など)を転送できる。
  • iPhoneとiPadの間で双方向転送可能。
  • 複数&一括選択できる。
  • iOSデバイスに既存のデータが上書きされない。
  • 高速なスピードで転送できる。

では、今すぐAnyTransをダウンロード&インストールして試しましょう。

AnyTransでiPhoneとiPadの間でファイルを転送する

AnyTransはiPhoneとiPadの間で双方向同期できます。ここで、iPhoneからiPadに転送するのを例にします。

ステップ1:USBケーブルでiPhoneとiPadをパソコンに接続します > AnyTransを起動します > 右のアイコンをクリックして、以下の画面に入ります > ドロップダウンメニューから「iPhone」を選択します > 「デバイスへ」をクリックします。

iPhoneとiPadの間でファイルを転送する ステップ1

iPhoneとiPadの間でファイルを転送する ステップ1

ステップ2:対象デバイスを確認してください > 画面右にあるボタンをクリックしてください。

iPhoneとiPadの間でファイルを転送する ステップ2

iPhoneとiPadの間でファイルを転送する ステップ2

ステップ3:移行したいデータを任意に選択します > ボタンをクリックして、転送が始まります。

iPhoneとiPadの間でファイルを転送する ステップ3

iPhoneとiPadの間でファイルを転送する ステップ3

ご注意:

もし、iPhoneの一部ファイルだけを転送したいなら、AnyTransでカテゴリから管理画面に入って、転送したいデータだけを選択します。

カテゴリから管理画面

カテゴリから管理画面

お見逃しなく: 直接にiPhoneからiPadに写真を転送する方法

1、この方法はiPhoneとiPadだけでなく、iPodにも適用できます。

2. 古いiPhoneから新しいiPhoneにデータを転送する場合、もっと多くのファイルを移動したいなら、「デバイスをマージ」と「デバイスをクローン」というモードを試してください。

最後に

本記事から見ると、AnyTransは本当に使いやすいでしょう。機能も多くて、操作も簡単です。では、早速AnyTransをダウンロードして、無料体験しましょう。このガイドがお役に立てれば、FacebookやTwitterにシェアをお願いします。

メールでのお問い合わせは、24時間以内に返信いたします。 メールでのお問い合わせ
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください