iPhoneとiPadの間でファイルを転送する方法

ばくてい

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

iPhoneとiPadを持っている時、iPhone/iPad間で必要なファイルを転送したいことはあるでしょう。この記事はiPhoneとiPadの間でファイルを転送する方法をご紹介します。

最終更新日:2020年09月28日

iPhoneとiPadを同時に持っていると、その間で音楽、ビデオ、Word/Excel/ PowerPointファイルなどを共有したい場合がありますね。しかし、iTunesは、iPhoneとiPadの間でデータを直接に移行できません。ほかの何か便利な方法がありますか?ここでは、使いやすいツール – AnyTrans をおすすめします。

高速データ転送ツール – AnyTrans

AnyTransはiPhoneなどiOSデバイス内のコンテンツを双方向に移行するソフトで、数クリックでiPhoneとiPadの間でファイルを共有できます。AnyTransは下記の利点があります:

では、今すぐAnyTransをダウンロード&インストールして試しましょう。

AnyTransでiPhoneとiPadの間でファイルを転送する

AnyTransはiPhoneとiPadの間で双方向同期できます。ここで、iPhoneからiPadに転送するのを例にします。

ステップ1:USBケーブルでiPhoneとiPadをパソコンに接続します > AnyTransを起動します > 右のアイコンをクリックして、以下の画面に入ります > ドロップダウンメニューから「iPhone」を選択します > 「デバイスへ」をクリックします。

iPhoneとiPadの間でファイルを転送する ステップ1

iPhoneとiPadの間でファイルを転送する ステップ1

ステップ2:対象デバイスを確認してください > 画面右にあるボタンをクリックしてください。

iPhoneとiPadの間でファイルを転送する ステップ2

iPhoneとiPadの間でファイルを転送する ステップ2

ステップ3:移行したいデータを任意に選択します > ボタンをクリックして、転送が始まります。

iPhoneとiPadの間でファイルを転送する ステップ3

iPhoneとiPadの間でファイルを転送する ステップ3

ご注意:

もし、iPhoneの一部ファイルだけを転送したいなら、AnyTransでカテゴリから管理画面に入って、転送したいデータだけを選択します。

カテゴリから管理画面

カテゴリから管理画面

お見逃しなく: 直接にiPhoneからiPadに写真を転送する方法

1、この方法はiPhoneとiPadだけでなく、iPodにも適用できます。

2. 古いiPhoneから新しいiPhoneにデータを転送する場合、もっと多くのファイルを移動したいなら、「デバイスをマージ」と「デバイスをクローン」というモードを試してください。

最後に

本記事から見ると、AnyTransは本当に使いやすいでしょう。機能も多くて、操作も簡単です。では、早速AnyTransをダウンロードして、無料体験しましょう。このガイドがお役に立てれば、FacebookやTwitterにシェアをお願いします。

メールでのお問い合わせ
AnyTrans 無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 14,13,12,11,10,9,8,7,6,5