iPhone 6/6s (Plus)のボイスメモをパソコンに転送するには

iPhone 6/6s (Plus)で録音したボイスメモをパソコンへ転送したいですか?次のガイドは、iTunesを使わずにiPhone 6/6s (Plus)からボイスメモの録音ファイルを簡単にPCに取り出す方法をご紹介します。

ばくてい 最終更新日: 2020年09月10日
iPhone 6/6s (Plus)のボイスメモをパソコンに転送する

iPhone 6/6s (Plus)のボイスメモをパソコンに転送する

よくiPhone 6/6s (Plus)のボイスメモアプリを使って、会議や講義の時録音しますか?

録音したファイルがiPhone 6/6s (Plus)にも聴けますが、大事な録音ファイルなら、やはりパソコンに転送して保存したら安心です。ここでは、iPhone 6/6 Plus/6s/6s Plusのボイスメモファイルをパソコンに転送できる簡単な方法を一つご紹介します。この方法にはiTunesをいらず、必要なのはAnyTransという転送ソフトです。

なぜAnyTransを使うのか

iTunesでiPhoneのボイスメモをiTunesに同期できますが、もしパソコンのほかのフォルダに転送したり、一部のボイスメモだけをエクスポートしたかったりなら、AnyTransのほうがおすすめします。AnyTransはiTunesと比べると、以下のメリットがあります:

  • パソコンの指定のフォルダにボイスメモを転送することができる
  • 必要な着信音だけを転送し、ほかのデータが同期や上書きされることはない
  • 転送する前にボイスメモをプレビューでき、ボイスメモのファイル名/日付/時間/サイズを確認できる
  • 高速な転送ソフトを持つ、1分で100個以上のボイスメモファイルをパソコンに転送できる(録音ファイルのサイズによって異る)
  • 使い方はとても簡単で、iPhone初心者や機械に苦手な方も手軽に利用できる

次はAnyTransでiPhone 6/6s (Plus)からパソコンにボイスメモを転送する方法を具体的にご説明します。

AnyTransでiPhone 6/6s (Plus)のボイスメモをパソコンに転送するステップ

まずはAnyTransをダウンロードしてインストールしてください。次は以下のステップに従って操作を進めてください:

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

ステップ1、AnyTransを起動して、USBケーブルでお使いのiPhone 6/6s (Plus)をパソコンに接続します。

ステップ2、「その他」をクリックします。

「その他」を選択

「その他」を選択

ステップ3、右のメニュー欄から「ボイスメモ」をクリックします。iPhone 6/6s (Plus)のボイスメモファイルが全てリストされます。パソコンに入れたいボイスメモを選択して、右上の「PCへ」ボタンをクリックしてください。

iPhoneのボイスメモをPCに転送

iPhoneのボイスメモをPCに転送

iPhone 6/6s (Plus)のボイスメモがパソコンに転送されます。

しばらくすると、iPhone 6/6s (Plus)の着信音がパソコンに転送されました!

AnyTransはiPhone 6/6s (Plus)からボイスメモをパソコンに転送するだけでなく、ほかのiPhone/iPad/iPodやiTunesライブラリに転送することも簡単にできます。詳しいのはこちらの記事をご参考ください:iPhoneのボイスメモをiTunes/iOSデバイスへ転送する方法 >

最後に

以上はAnyTransでiPhone 6/6s (Plus)からパソコンにボイスメモを転送する方法です。そして、その方法はほかのモデルのiPhoneおよびiPad/iPodにも適用します。必要があれば、AnyTransをダウンロードして使ってみましょうか。何か質問等ございましたら、遠慮なくメールでご連絡ください。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。