上書きされない!iPodからiPhoneにデータを移行する方法

要約

iPod/iPod touchからiPhoneに必要なデータだけを転送したいですか?次のガイドを読んでください。

ちょうらんげつ

2017年07月05日

ちょうらんげつ

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans – iPodとiPhone間でデータを自由に転送する

AnyTrans – 上書きされない!iPodのデータ移行

iPhoneとiPod間でデータを転送したいですか?AnyTransをダウンロードしてください。これで、iPod/iPod touchからiPhoneに必要なデータだけを移行できます。そして、データの紛失&上書きなども一切ないです。

iPodは形とデザインがいいし、多くの人がお手に入れます。でも、このデバイスは電話ができないので、使用しているうちに、iPhoneを購入/機種変更している方が多いです。その場合、一番困っているのはデータの移行でしょう。

iTunes、iCloudで移行できますが、すべてのデータを移行しなければならないし、既存しているデータも上書きされるし、失敗する可能性もあるし、非常に不便です。なので、ここでiPodとiPhoneを両方ともお持ち方にiPod/iPod touchからiPhoneにデータを転送する簡単な方法を1つご紹介します。その前に、おすすめしたいものはあります。

おすすめしたいiOSデバイスデータ転送ツール

ここで、紹介したいのはAnyTransというiOSデバイス専用のデータ転送ツールです。このツールはApple認定開発者で作られ、安全性を100%保証できます。そして、データを転送する時、以下のメリットがあります:

  • 効果を保証 - iPod/iPod touchからiPhoneにデータを簡単に移行できる
  • 移行できるデータが多い - 写真、音楽、メモ、アプリ、連絡先、カレンダーなど殆どのデータの移行を支持する
  • 移行スピードが速い - 1分間で800枚ぐらいの写真を転送できる
  • 安全性も保証 - 対象デバイス上のデータの上書き、損失、損壊など一切ない
  • 簡単 - シンプルUIで使いやすく、初心者にも簡単に利用できる

それでは、さっそく、AnyTransをPCにダウンロードしてiPod/iPod touchからiPhoneにデータを移して試しましょう!

iPodからiPhoneにデータを転送する方法

Step1: AnyTransをインストール&起動 > iPhoneとiPod/iPod touchをUSBケーブルでパソコンに接続 > ドロップダウンリストから「iPod/iPod touch」を選択&クリック > 「デバイスへ」ボタンをクリックします。

iPod/iPod touchからiPhoneにデータを移す

iPod/iPod touchからiPhoneにデータを移す

Step2: 対象デバイスを確認しながら「次へ」ボタンをクリックします。

Step3: iPhoneに移行したいデータを選択 > 「次へ」ボタンをクリックします。

iPod/iPod touchからiPhoneにデータを移す

iPod/iPod touchからiPhoneにデータを移す

すると、iPodからiPhoneにデータを移しました。

AnyTransでアプリを移行する際、以下の点にご注意ください:

iOS端末の両方ともiOS 8.3以前のバージョンの場合、アプリ本体もアプリのデータも転送できます。2つのiOS端末の中で任意の端末がiOS 8.3およびその以降のバージョンの場合、アプリデータだけが転送でき、アプリ本体が転送できません。そして、アプリデータの転送前に、ターゲット端末に対応するアプリをダウンロードしておく必要があります。

おすすめ記事:iPadとiPhoneの間でデータを転送する方法 >

最後に

以上はiPodからiPhoneにデータを転送する方法です。データを上書きされずにiPodからiPhoneにデータを移行したいなら、AnyTransをダウンロードしてお試しください。そして、AnyTransは以下のサービスも提供しております:

  • 購入前、7日無料試用
  • 購入後、60日間の返金保証
  • 永久無料7/24サポート
  • 終生無料アップグレード

また、もしこの文章を気に入っていただけたら、TwitterやFacebookでシェアをお願いします。

メールでのお問い合わせは、24時間以内に返信いたします。 メールでのお問い合わせ
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください