iTunes経由でPCの動画をiPhoneに転送する方法

ばくてい

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

iTunes経由でパソコンの動画をiPhoneに転送する方法を紹介しますので、参考にしてください。その以外、iTunesを使わずに転送する方法も提供いたします。

最終更新日:2019年07月29日

「ビデオカメラで撮影した動画をiPhoneで見たい」と思ったことがある方は多いと思います。あまり知られていませんが、パソコンを利用してiTunesにインポートした動画は、簡単にiPhoneに転送(同期)することが可能です。今回は、iTunesに動画を保存する方法を紹介した後、保存した動画をiPhoneに転送する方法について、詳しく解説していきます。

iTunesに動画を追加する方法

まず、iTunesに動画を登録する方法が分からない方のために、動画の追加方法について紹介していきます。MacやWindowsなどパソコンにiTunesアプリをインストールする必要があるので、 まだ、ダウンロードしていない場合は、こちらをクリックしてアプリをインストールしてください。

1. パソコン内に動画を取り込む

iTunesに動画を追加するためには、まず、パソコン内に動画ファイルを保存する必要があります。DVDやビデオカメラで撮影した動画をパソコン内にインポートしましょう。

2.パソコン内の動画をiTunesに追加する

パソコン内に動画をインポートしたら、iTunesアプリを起動します。アプリを起動したら、画面左上の「ファイル」を開き、「ファイルをライブラリに追加」をクリックしましょう。動画を選択する画面が表示されるので、追加したい動画ファイルを選択し、「開く」をクリックすると、動画ファイルの追加が完了です。

この方法以外にも、パソコン内の動画ファイルをiTunesの画面にドラッグ&ドロップすることで、動画の追加を行うことができます。また、動画ファイルの形式によっては、iTunesに追加できないことがあるので注意してください。

①画面左上の「ファイル」を開きます。

①画面左上の「ファイル」を開きます。

②「ファイルをライブラリに追加」を選択します。

②「ファイルをライブラリに追加」を選択します。

③動画を選択し、「開く」を選択します。

③動画を選択し、「開く」を選択します。

3.追加された動画を確認する

iTunesに動画の登録が完了したら、画面左上の項目を「ムービー」に変更しましょう。左部の欄から、「ホームビデオ」を選択すると、動画ファイルが追加されていることが確認できます。

①「ホームビデオ」を選択して、動画を確認できます。

①「ホームビデオ」を選択して、動画を確認できます。

iTunesで動画をiPhoneに転送する方法

それでは、iTunesに保存している動画をiPhoneに転送する方法について解説していきます。ここでは、パソコン内から追加した動画ファイルを扱っていますが、もちろん、iPhone Storeで購入したムービーも転送することが可能です。

まずは、パソコンでiTunesアプリを起動しましょう。アプリを起動したら、USBケーブルでパソコンとiPhoneを接続します。そうすると、画面左上に「iPhone」アイコンが表示されるので、クリックして、左部の設定欄から「ムービー」を開きましょう。

「ムービー」を開くと、「ムービーを同期」という項目があるので、チェックを入れて、同期したい動画にチェックを入れましょう。同期の準備ができたら、「適用」をクリックすると、同期が開始されます。

同期が完了したら、「iPhone」アイコン横の「取り出し」アイコンをクリックして、iPhoneとパソコンの接続を解除しましょう。これで、iPhoneの「ビデオ」アプリで動画を再生することが可能になります。

①画面左上の「iPhone」アイコンをクリックします。

①画面左上の「iPhone」アイコンをクリックします。

②設定から「ムービー」を開きます。

②設定から「ムービー」を開きます。

③「ムービーを同期」にチェックを入れて、同期したい動画にチェックを入れます。

③「ムービーを同期」にチェックを入れて、同期したい動画にチェックを入れます。

④転送する動画にチェックを入れたら、「適用」を選択します。

④転送する動画にチェックを入れたら、「適用」を選択します。

⑤同期が完了したら、「取り出し」アイコンをクリックします。

⑤同期が完了したら、「取り出し」アイコンをクリックします。

おすすめ:iTunesを使わずに動画を直接PCからiPhoneに転送する方法

iTunesを利用してパソコンの動画をiPhoneに転送するのは定番の方法ですが、接続できない、既存のデータが上書きされた、エラーのせいでデータが破損された、などのような問題もありますので、ここで、直接パソコンからiPhoneに動画を転送する方法をおすすめします。

その前に、まず、必要なソフト – AnyTrans for iOSをご紹介します。AnyTrans for iOSはiPhone/iPad/iPod向け専用のデータ管理・転送ソフトで、利用すれば、直接データをパソコンとデバイスの間で転送できます。しかも、このソフトは以下のようなメリットがあります:

権威コメント:

“AnyTrans4 – 手の痒いところまで届くiPhone管理ツール!AnyTransなら大事な音楽データやアプリのデータをエクスポートする事が出来ます。”

“転送は比較的速いです。大容量の動画の転送もでき、好きな映画などをiOSデバイスで楽しみたい場合などに便利です。”

“「AnyTrans」という名前のアプリで、Mac版とWindows版があります。出来ることはiTunesと被る部分もありますが、より細かなところまで手が届くのが特徴です。”

しかも、このソフトは無料試用版と有料版が用意されています。使い方もシンプルで分かりやすく、まずは無料試用版をダウンロードして体験してみると良いかと思います。

今すぐ無料おためしウイルス検査済み

今すぐ無料おためしウイルス検査済み

AnyTrans for iOSをダウンロードしてから、次の利用手順に従って操作してください。

Step 1: AnyTrans for iOSを起動してお使いのiPhoneをパソコンと接続します。

- もしお使いのiPhoneがAnyTrans for iOSで認識されない不具合が出たら、こちらの対策をご参考ください:AnyTrans for iOSでお使いのiPhoneが認識されない時に何をすべきか?>

- AnyTrans for iOSのダウンロード・インストール・起動・設定などに不明な点がありましたら、AnyTrans for iOSの使い方をご参考ください。

Step 2: メインインターフェイスでボタンをクリックしてカテゴリで管理する画面に入り > 「ビデオ」をクリックして対応するフォルダーに入ります。

「ビデオ」をクリック

「ビデオ」をクリック

Step 3: 右上の「追加」ボタンをクリック > パソコン内の動画を選択 > 「開く」をクリックして動画をパソコンからiPhoneに転送します。

パソコンの動画を追加

パソコンの動画を追加

すると、iTunesを使わずにパソコンの動画をiPhoneに転送できます。

まとめ

今回は、iTunes経由でパソコンの動画をiPhoneに転送する方法について、詳しく紹介してきました。iPhoneに動画を同期することで、いつでも手軽に動画を再生することが可能になるので、非常に便利です。iPhoneの「ビデオ」アプリであれば、通信容量を消費することもなく、視聴することができます。外出時にも、気兼ねなく再生することができるので、是非とも今回紹介した方法を試してみてください。

メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

今すぐ無料おためし世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!