2歩でiPhoneをストレージ化にできる

要約

iPhoneにファイルを保存することをしたいですか?AnyTransを使うと、iPhoneをストレージ化にすることができます。

リュウラン

2015年01月16日

編集者:

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans - iPhoneにデータを入れて保存できる

AnyTrans – iPhoneを全面的に管理する

AnyTransをダウンロードしてください。この文章を読み終わったら、必要な時iPhoneをストレージ化にしてデータを入れることができます。

iPhoneはデフォルトではファイルストレージとしては使えません。つまり、USBメモリとしてデータを保存するなどができません。しかし、時々USBメモリが持っていない場合、パソコンにあるファイルをポータブルストレージに保存して持ち歩く必要はあります。その時はどうしたらいいでしょうか。AnyTransを使うと、iPhoneを簡単にポータブルストレージに転換して、ファイルやデータなどを保存することができます。

AnyTransとは

AnyTransはiPhone/iPad/iPodのコンテンツの専門的な管理ソフトです。iOSデバイスの間、デバイスとパソコンの間で写真、音楽、ビデオ、連絡先などのデータを転送することだけではなく、iPhone/iPad/iPodのストレージにアクセスしてファイルを保存することもできます。

次はAnyTransを使って、iPhoneをストレージ化にする方法を見ましょう。

お見逃しなく:iPhoneの間で音楽を転送する方法>

iPhoneをストレージ化にする方法

まずはAnyTransを起動します。USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。

ステップ1、「ファイルシステム」>「ストレージ」に入ります。

iPhoneをストレージ化にする方法 ステップ1

iPhoneをストレージ化にする方法 ステップ1

ステップ2、右上の追加のアイコンをクリックします。入れたいファイルあるいはフォルダを選択して、iPhoneのストレージに入れます。

iPhoneをストレージ化にする方法 ステップ2

iPhoneをストレージ化にする方法 ステップ2

注:

- ストレージの管理画面に、新しいファルダの作成、名前の編集、データの削除、パソコン/他のiOSデバイスへ転送することなどもできます。

- ファイルをiPhoneから取り出す時、AnyTransも必要です。

お見逃しなく:iPhone 6のデータをバックアップする方法>

以上の簡単な2歩で、iPhoneにファイルを入れることができました。今すぐAnyTransをダウンロードして、必要な時iPhoneをポータブルストレージとして使いましょうか。もしこの文章はお役に立てるなら、お友達と共有しましょう。何か質問等ございましたら、気楽にご連絡ください。

ご質問を私達に送信して、24時間以内に答えを得ます 質問を聞き
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください