iCloudバックアップについて

iMobie

Follow @iMobie_Inc

iPhoneとAndroidスマホの世界で皆様にお役に立れるソフトを作るような気持ちを引き締めて精一杯頑張ります。

iCloudでバックアップする時に、一体どのようなデータをバックアップしますか?この記事は、iCloudバックアップについていろいろなことをご紹介します。

最終更新日:2020年04月17日

iCloudは、iOSデバイスを自動的にバックアップしたいAppleユーザーに、簡単​​で信頼性の高いバックアップソリューションを提供します。iCloudにサインアップするときには、合計5GBのiCloudストレージを得られます。無料で利用できるiCloudのスペースが有限ですから、あなたにとっては、iCloudでどんなデータをバックアップするつもりですか?

iCloudにバックアップされるデータ

iCloudバックアップされないデータ

iCloud バックアップから復元すると、iTunes Store、App Store、または iBooks Store から、購入済みのコンテンツが自動的にダウンロードされます。

なお、過去に購入した項目が払い戻しを受けている場合、またはもう iTunes Store で販売されていない場合は、その項目をダウンロードできないことがあります。

iCloudの空き容量がなくなった場合の対処法

無料で利用できるiCloudのスペースは5 GBに限られています。このスペースには、データが多すぎるとバックアップできなくなってしまいます。

こんな状況になって、4つの対策でiCloudにお使いのデバイスをバックアップします。

20GB 100円(税込)/月

200GB 400円(税込)/月

500GB 600円(税込)/月

1TB 2400円(税込)/月

最後に

iCloudバックアップについての基本的な情報は以上です。この記事がお役にたちましたら、シェアをお願いします。

メールでのお問い合わせ
AnyTrans for iOS
無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 13, 12, 11, 10, 9, 8, 7, 6, 5