Ist es möglich, verwenden Sie Dritt-Datei-Management-Apps wieder normal auf iOS 9?

iOS 9でサードパーティのファイル管理
アプリを再び正常に使えるのか

米Appleは最近、「WWDC 2015」(Worldwide Developers Conference - 開発者向けに毎年恒例のイベント)を開催しました。そして、会議では次期iPhoneとともに、今秋に正式リリースされる予定の「iOS 9」を発表しました。それでは、iOS 9は、利用者にどのような強力な新機能を持ってきますか?GIZMODOは、乗り換え案内「Transit」、新アシスタント「Proactive」、マルチタスキング、一新されたニュースアプリ、新しいキーボードなどのiOS 9新機能を完全にまとめました

しかし、最も重要で気にすることの一つは、iTunesの代わるツールとしてのPhoneCleanとAnyTransが相変わらず正常に使用できるのか、と多くのユーザーが心配しているかもしれません。

Appleのセキュリティ強化対策

サンドボックスプロフィール

サンドボックスプロフィール

セキュリティを向上させるために、アップルはiOS 8.3以来、巨大な対応策を取った:iOS 8.3のセキュリティ内容についての文書で、サンドボックスプロファイルの制限を明らかに指摘しています。以前書き込みのみが実行可能ディレクトリにブロックされたが、今のAppleは完全にアプリのサンドボックスへのアクセスを禁止します。それゆえに、他のアプリ内部システムファイルへのアクセスに基いているすべてのサードパーティ製のアプリは、全体的に停止します。一方、かつてない災害はさまざまな掲示板で激しく議論されました。残念ながら、iOS 9はいい対策もできてきてくれません。

iPhone/iPadのディスク領域を解放する6つの方法」という記事を参照してください。この記事では、アプリの削除とアンインストールで、アプリの内部キャッシュ、クッキー、一時ファイルをきれいにクリーンアップできると述べました。サードパーティ製のクリーニングソフトウェアを使わない場合に、それはアプリのジャンクファイルを解放するための唯一な方法です。AppleはiTunesの代替手段としてのすべてのサードパーティ製のソフトウェアを禁止しました。しかも、ほかの解決策も提供していません。この悪いユーザーエクスペリエンスの方法をずっと使用しなければなりませんか?

iOS 8.3についてのコメント

iOS 8.3についてのコメント

サンドボックスとは

ほとんどのユーザーは知っていないかもしれませんが、サンドボックスとは一体何でしょうか。

一貫したセキュリティのアップグレードがありますから、iOSがインストールされる時、各アプリはサンドボックスに置きられます。サンドボックスはアプリがファイルへのアクセスや、設定、ネットワークリソース、ハードウェアなどを制限できるセキュリティモデルです。サンドボックスプロセスの一部分として、各アプリは自分のサンドボックスディレクトリ内にインストールされて、例え同じデバイスにあっても他のアプリとデータを共有できません.

この技術的な問題を解決するには、次のいずれかの条件を満たす必要があります:

1.アップルにサンドボックスへのアクセスブロックが解除:アップルはユーザーのデータのセキュリティを第一位に置いていますから、サンドボックスへのアクセスを少しでも自由になると願っても、この原則は変えられないと考えられます。さらに、サンドボックスのブロッキングは永遠に存在すると考えられます。

難しさ:

2.App Store代替のものからアプリダウンロード:脱獄ユーザーにとって、それはとても簡単なことです。しかし、ここで注意すべきなのは、iOS 8.3とiOS 9は脱獄をサポートしていません。狂熱のiTunes代替品ファンはリスクを負って試してみるかもしれませんが、一般のユーザーは安全なApp Storeを利用することをおすすめします。

難しさ:

3.開発者が解決策を見つける:この難しい苦境を乗り越えるには、開発者の大きな課題だと思われます。いつかこの問題が解決できるのもわからないし、この前にどのぐらいの時間がかかるのも予想できません。ユーザーにとって、開発者がこの問題を解決するまでは待つしかできません。

難しさ:

Appleはどんな機能を無効にするか

幸いに、アプリの内部システムだけがブロックされています。従って、ソフトウェアには他の機能が正常に使えます。iOS 8.3がもたらした変化をより良い理解できるように、ここではiOS 8.3と以前のバージョンに機能上の相違点を比較します。

アプリのジャンクファイルをクリーンアップ

ここでは、PhoneCleanを例としてご説明します。クリーンアップソフトは、主にアプリのキャッシュ、クッキー、一時ファイルを削除してスペースを解放することに注目します。アプリを使えば使うほど、デバイスのストレージを消耗するジャンクファイルが続けて作成されます。この問題はPhoneCleanで簡単に解決できますが、iOS 8.3以降にはアプリが他のアプリのシステムファイルをアクセスすることが禁止されます。ですから、アプリ中のジャンクファイルは消さずに多くなってきます。

PhoneClean

クイッククリーン  iOS 8.2&前のバージョン  iOS 8.3以降
Appのキャッシュ
AppのCookie
Appの一時ファイル
Appのクラッシュログ
ダウンロードキャッシュ
写真のキャッシュ
ユーザーのストレージ
iTunes Radioの履歴

アプリの転送

ここでは、AnyTransを例としてご説明します。今AnyTransを使ってアプリを転送するのはできますが、ゲームアプリの点数や他のアプリデータなどを転送することはできなくなりました。それはとても残念なことですね。同時に、アプリの設定やチャット履歴なども同じ状況になってしまいます。

AnyTrans

  iOS 8.2&前のバージョン iOS 8.3以降
アプリ(データを含む)
メディアデータ
個人情報
ファイルシステム
iCloudコンテンツ
バックアップ 
Safari 

AnyTransを使ってiOSデバイスの間でアプリを転送する場合、次のことをご注意ください:

  • 二つのiOSデバイスはiOS 8.3以前のバージョンの場合、アプリ本体もアプリデータも転送できます。
  • 二つのiOSデバイスの中で任意のデバイスがiOS 8.3及びその以降のバージョンの場合、アプリデータだけが転送でき、アプリ本体が転送できません。そして、アプリデータを転送する前に、ターゲットデバイスに対応するアプリをダウンロードしておく必要があります。

アプリのバックアップ&復元

ここでは、PhoneRescueを例としてご説明します。もしiOSデバイスから復元をしたいなら、今はバックアップだけからアプリデータを復元できます。iOS 8.3前の復元は、バックアップから復元とアプリの内部共有ファイルから復元の二つ経路がありますから、今は昔と比べて、復元できるコンテンツが少なくなります。

PhoneRescue

  iOS 8.2&前のバージョン  iOS 8.3以降
個人データ  
メディアデータ
アプリデータ

Appleによるサンドボックスへのアクセスのロックの原因で、弊社のPhoneCleanでいくつか種類のジャンクファイルが削除できなくなりました。この件についてみなさんにご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。弊社は他のストレージを消耗しているジャンクファルを探索して、iPhoneのクリーンアップ機能を改善できるように努力しています。次のPhoneClean 4には、ユーザーのみなさんにもっと多くの有用な機能を提供できれば幸いです。次のバージョンを楽しみにしましょう!もし何か質問や意見などがございましたら、次のコメント欄にお書きください。

ご意見・ご感想をお寄せください