iPhoneをiOS 12にアップデートしたら確認しておくべき4つのポイント

iPhoneをiOS 12にアップデートしたら確認しておくべき4つのポイント

[最終更新日2018年09月18日]

iOS 12にアップデートしたら、いろいろな新機能や変更点を楽しむことができます。また、一新された設定や通知、写真やカメラアプリ、メッセージなどをすぐに設定すべきでしょう。そして、正式版と違って、iOS 12は様々な不具合が発生する可能性は高いです。iPhone/iPad/iPod touchをiOS 12にアップデートしたら、確認しておくべきことをよく了解してから、アップグレードしたほうがいいと思います。

アップデートしてから、何か起こるか分からなくて、アップデートするかどうか迷っています。そのため、本文はアップデート後にすぐにチェックすべきiOS 12の設定や不具合などをまとめてご紹介します。

1.iOS 12にアップデートしたらすぐに設定するべき6つ 2.iPhoneをiOS 12にアップデートした後不具合が起こる 3.iPhoneをiOS 12にアップデートしたらデータが消える 4.iOS 12にアップデートしたらiPhoneを使い慣れないので、ダウングレードしたい

一.iOS 12にアップデートしたらすぐに設定するべき6つ

iOS 12にアップデートしたら、デザインが大きく変わったので、設定を見直すようにしましょう。

1、スクリーンタイムの使用方法

iOS 12の新機能「スクリーンタイム」は、各々アプリやWebサイトに費やしている時間や頻度について、詳細な情報とツールを提供することで管理できます。スクリーンタイムを使うには、お持ちのiPhoneやiPadに最新のiOS 12をインストールする必要はあります。

「設定」 > 「スクリーンタイム」 > スクリーンタイム画面が表示され、ユーザが各アプリケーションに費やした合計時間、アプリケーションの各カテゴリの使用状況、通知の受信件数、iPhoneやiPadを手にとる頻度についての情報を詳しく知ることができます。

スクリーンタイムの使用方法 1

スクリーンタイムの使用方法 1

また、特定のアプリを使用できる時間を指定し、時間制限が近づくと通知が表示されるように設定することができます。

「設定」 > 「スクリーンタイム」 > 「Appの制限」 > 「常に許可」の細かな設定を行うことも可能です。

スクリーンタイムの使用方法 2

スクリーンタイムの使用方法 2

Screen Timeでは、子どもがiOSデバイスを使用するのを禁止する時間帯を設定することもできます。お子さんが何に時間を費やしているのかを把握したり、アプリケーションの使用を管理したり、制限を設けたりできます。

「設定」 > 「スクリーンタイム」 > 「Downtime」の順にタップ > 時間帯を設定します。

スクリーンタイムの使用方法 3

スクリーンタイムの使用方法 3

2、Password AutoFillでパスワードの自動入力可能になる

2018年秋に正式リリースされたiOS 12でパスワードの自動入力Password AutoFillが提供されています。アプリを起動することなく直接パスワードの自動入力が可能になっています。

Password AutoFill 写真元:twitter.com

Password AutoFill 写真元:twitter.com

3、ローカル通知をグループ化する

作業の中断を減らすため、iOS 12には、グループ通知機能が追加されています。通知を完全にオフにすることも、直接通知センターに送るようにすることも、瞬時に設定できます。

「設定」 > 「通知」 > 「ロック画面」「通知センター」および「バナー」への通知の到着方法を細かく設定することができます。また、画面の下で「通知のグループ化」が自動に設置します。

ローカル通知をグループ化する

ローカル通知をグループ化する

4、厳格なUSBアクセサリ制限

USBブロック機能はiOS11.3やiOS11.4でもありますが、iOS 12でUSB制限モードがより強化されています。USB制限モードとは、1時間以上お使いのiOS端末がアンロックされなかった場合、USB経由でPCからデータにアクセスできなくなる機能です。

「設定」 > 「Touch IDやパスコード」 > 「USB Accessories」をオン/オフに設定することができます。

USBアクセサリ制限 写真元japanese.engadget.com

USBアクセサリ制限 写真元japanese.engadget.com

5、Siri ショートカットの利用方法

他社製アプリケーションをSiri ショートカットに入れて、必要な時に便利なショートカットを提案できるようになります。Siri ショートカットはiOSデバイス上でアプリをすばやく起動させることができます。

「設定」 > 「Siriと検索」 > 推奨ショートカットリストのアプリの横にある「+」ボタンをタップ > ビッグレッドのレコードボタンをタップ > トリガーフレーズを記録 > 録音が終わったら赤いストップボタンを押す > 「編集」 > 「完了」をタップします。

Siri ショートカットの利用方法

Siri ショートカットの利用方法

6、おやすみモードの設定

以前は設定アプリを開いて「設定」 > 「おやすみモード」のページで「時間指定」を設定できます。iOS 12では、「設定」アプリを起動しなくても、コントロールセンターだけでおやすみモードが有効になることができます。また、iOS 12新機能 - 「ベッドタイムモード」を有効化すると、iPhoneのロックを解除するまで時刻、日付、そして天気情報以外の通知や情報を表示しなく、夜間に届く通知の音を消しておけます。それに、1時間後、1日の終わり、特定の場所から出発する時、ミーティングが終わった時におやすみモードが自動的にオフになるように、カレンダー上で設定できます。

おやすみモードの設定

おやすみモードの設定

二、iPhoneをiOS 12にアップデートした後不具合が起こる

毎回最新のiOSバージョンアップにアップデート中/後、何かしらの不具合・バグ・エラーが起きる危険性が高いです。例えば、iOS 12にアップデートしたら、iPhoneが起動しない、アプリが落ちる、電源が入らない、「App Storeに接続できません」などの不具合は続々報告されています。その時、どうすれば良いのでしょうか?次の記事を参考したら、お役に立つかもしれません:【随時更新】iOS 12アップデートによる不具合と対処法まとめ>

三、iPhoneをiOS 12にアップデートしたらデータが消える

iOS 12にアップデート中/後、お使いのiPhone/iPad/iPod touchがフリーズしたり、クラッシュしたり、リンゴループになったり、失敗したりする時、iOSデバイス上のデータが消えてしまった場合はよくあります。大切なデータなので、消えたら大変に困っています。そのため、iOS 12にアップデートした後に消えたデータを復元する方法をご紹介します。

アップデートするとき、不具合・中断・失敗が起こって、データを失う可能性があります。iOS 12にアップデートする際、データの紛失を避けるために、事前にiPhone/iPad/iPad touchのデータをバックアップしておく必要があります。

方法1:iTunesバックアップから復元

事前でiTunesを使って、お使いのiPhone/iPad/iPod touchをバックアップしたら、iTunesバックアップから消えたデータを復元することができます:

Step 1、USBケーブルでお使いのiOSデバイスをパソコンに接続 > iTunesを起動 > 左上にiPhoneのマークをクリックし、iOSデバイスの管理画面に入ってください。

Step 2、「概要」に入り、「バックアップを復元」をクリックします。

iTunesバックアップから復元

iTunesバックアップから復元

Step 3、バックアップデータの日時と名前から必要ばバックアップを選択し、「復元」をクリックします。iOSデバイスのデータがiTunesから復元されます。

*暗号化されたバックアップのパスワードが忘れたら、こちらの記事をご参考ください。

方法2:iCloudバックアップから復元

iCloudでバックアップしたことがあるなら、iCloudバックアップからデータを復元することができます:

Step1.iPhone/iPad/iPod touchで「設定」 > 「一般」> 「リセット」 > 「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップし、iOSデバイスを初期化します。

Step2.初期化されたiOSデバイスを起動し、画面の指示に従って設定します。

Step3.「iPhoneを設定」という画面で、「iCloudバックアップから復元」を選択します。

iCloudバックアップから復元

iCloudバックアップから復元

Step4.必要なバックアップを選択して復元します。iPhoneのデータがiCloudから復元されました。

復元が失敗する可能性がありますので、初期化する前に、iPhoneをほかのツールでバックアップしてください。

方法3:iOS向けのデータ復元ソフトPhoneRescue for iOSで復元

PhoneRescue for iOSはiOS向けの優れたデータ復元業者です。iPhone/iPad/iPod touchから紛失した写真やビデオ、連絡先、メッセージ、アプリ及びアプリデータ、カレンダー、音楽及びより多くのデータを復旧でき、iPhoneやコンピュータに復元できます。

注目ポイント

それでは、今すぐPhoneRescue for iOSをダウンロードして、消えたデータを復元してみましょう。

PhoneRescue for iOSは、有料版と無料体験版の2つが用意されています。なので、興味を持たれた方は、まずは「体験をしてみる」という意味で無料体験版をダウンロードして使ってみると良いかと思います。

Step 1、PhoneRescue for iOSをダウンロード&インストール > USBケーブルでiPhoneをコンピュータに繋がります。

今すぐ無料おためしウイルス検査済み

ダウンロードする際に、ブラウザやパソコンの仕様により警告が表示されることがあります。有害なものが入ってることではありません。どうかご安心してご利用ください。

Step 2、復元モードを選択します。ここでiOSデバイスからリカバリーを例にします。

iPhoneをiOS 12にアップデートしたら確認しておくべき4つのポイント

iPhoneをiOS 12にアップデートしたら確認しておくべき4つのポイント

Step 3、復元したいデータの種類を選択 > PhoneRescue for iOSは復活可能のデータをスキャンしてから表示します。

iPhoneをiOS 12にアップデートしたら確認しておくべき4つのポイント

iPhoneをiOS 12にアップデートしたら確認しておくべき4つのポイント

Step 4、復旧したいデータを選び、iOSデバイス本体またはパソコンに復元します。

iPhoneをiOS 12にアップデートしたら確認しておくべき4つのポイント

iPhoneをiOS 12にアップデートしたら確認しておくべき4つのポイント

四、iOS 12にアップデートしたらiPhoneを使い慣れないので、ダウングレードしたい

iOS 12にアップデートしたら、前のiOSバージョンと違って、大きくかわりました。使い慣れないこともあります。例えば、Face Timeで複数の人たちと通話会いたいですが、方法がわかりません。iOS 12のARKit 2を使って、友達を共有するには、どうすればいいでしょうか?それに、iOS 12にアップグレードにしたら、様々な不具合が生じたり、お気に入りのアプリも使えなくなったりなどのせいで、アップデートすることを後悔して、安定性と信頼性のある前バージョンに戻したい方がいるかもしれません。その時、iOS 10/11にダウングレードすることをおすすめします。

最後に

以上はiPhoneをiOS 12にアップデートしたら知っておきたい4つのポイントです。特に、最新のバージョンにアップグレードしたら、すぐに設定するべき項目はたくさんあります。今すぐチェックしましょう。また、iOS 12の新機能について、こちらの記事をご参考ください。 また、もしこの文章が気に入っていただけたら、FacebookやTwitter、はてブにシェアしてくれると嬉しいです。

iOS 12ユーザーに読まれている記事:

ご意見・ご感想をお寄せください