MacのSafariが遅い時に有効な対処方法

要約

MacのSafariが遅いと感じていますか?クリーンアップソフトMacCleanを利用すると、Mac上のSafariの遅い状況を明らかに改善することができます。

リュウラン

2016年05月20日

編集者:

Follow @iMobie_Inc

MacClean - MacのSafariが遅い時の対処法

MacClean - Macの専門的なクリーナー

無料体験をクリックして、MacCleanをダウンロードしてください。このガイドを読み終わったら、MacCleanで遅いSafariをスピードアップさせましょう。

MacのSafariが遅い時に有効な対処方法

Safariは最初の頃はサクサク動いていたのに、最近は遅くなりました。そう思っている方はいらっしゃいますか?

Safariが使えば使うほどジャンクファイルが溜めてきて、長い時間を経つと動作が遅くなったかもしれません。その状況を解決したいなら、Macの専門的なメンテナンスソフトMacCleanをおすすめします.

MacCleanとは

MacCleanはMacユーザ向けの専門的なクリーンアップソフトです。MacはSafariブラウザのジャンクファイルをスキャンして削除することができ、それを通じてSafariの遅い状況を解決することができます。そして、Chrome/Firefox/Operaブラウザが遅い場合にも適用します。

それ以外に、MacCleanはMacからシステムジャンク、悪質なクッキー、不要な言語ファイル、プライバシーファイルなどを消去することができます。Macをクリーンアップしてメンテナンスしたいなら、ぜひお試し下さい。

MacのSafariが遅い時の対処法

ステップ1、MacCleanをダウンロードしてインストールしてください>MacCleanを起動します。

ステップ2、「クリーンアップ」下の「インターネットジャンク」に入って、スキャンします。MacCleanはSafariの動作を遅くさせるジャンクファイルをスキャンします。

ステップ2:MacCleanでインターネットジャンクをスキャンする

ステップ2:MacCleanでインターネットジャンクをスキャンする

ステップ3、スキャンが終わったら、「詳細を確認」に入って、Safariのジャンクを確認してください。

ステップ3:Safariのジャンクを確認する

ステップ3:Safariのジャンクを確認する

ステップ4、各項目のジャンクファイルをプレビューして、不要なジャンクファイルを選択して「戻る」をクリックします。

ステップ4:Safariのジャンクを選択する

ステップ4:Safariのジャンクを選択する

ステップ5、「削除」をクリックして、確認ダイアログが出たら「OK」をクリックしてください。もしほかのブラウザをクリーンアップしたくないなら、ほかのブラウザのチェックを外すことをおすすめします。

ステップ5:Safariのジャンクを削除する

ステップ5:Safariのジャンクを削除する

そうすると、Safariのジャンクの削除を通じてSafariの遅い状況が改善できます。

MacCleanでSafariが遅い時の状況を改善する

MacCleanでSafariが遅い時の状況を改善する

お見逃しなく:Macのアプリを関連ファイルごとアンインストールする方法 >

最後に

以上の方法で、Safariの遅い状況が明らかに改善できます。今すぐMacCleanをダウンロードして、動作の遅いSafariをスピードアップしましょう。もし何か質問等ございましたら、遠慮なくご連絡ください

ご質問を私達に送信して、24時間以内に答えを得ます 質問を聞き
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください