Apple IDが使用停止された場合の対処法

要約

Apple IDは使用が停止された場合、どうしたらブロックを解除できますか?次のガイドは、アップルIDが停止された時の解決方法をご紹介します。

リュウラン

2017年02月15日

編集者:

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans - iCloudから写真/連絡先/通話履歴などのデータをPCに取り出す

AnyTrans – iCloudからデータをダウンロードする

iCloudにバックアップ・同期したデータをPCにダウンロードしたいですか?AnyTransを使えば、iCloud中のデータを簡単に閲覧・ダウンロードすることができます。

Apple IDが使用停止された場合の対処法

Apple IDが使用停止された場合の対処法

iPhoneのデータをバックアップ・同期したい場合や、iTunes Store・App Storeからコンテンツを購入したい場合、Apple IDを作成してログインする必要はあります。しかし、パスワードやセキュリティ質問を忘れて、何回も間違えて入力した時もあるでしょう。その時、Apple IDが凍結され、正常に利用できなくなることが多いです。そして、以下のいずれかのメッセージも表示されます:

  • 「この Apple ID は、セキュリティの問題により使用が停止されています」
  • 「お使いのアカウントがセキュリティ上の理由で無効になっているため、サインインできません」
  • 「この Apple ID はセキュリティ上の理由からロックされています」

万が一その状況に遭遇したら、どうすれば正常状態に戻すことができますか?この時、パスワードをリセットする必要はあります。次はApple IDのパスワードをリセットして、Apple IDを使用停止から解除する方法をご説明します。

Apple IDが停止された時の対処法

ステップ1、Apple IDの管理ページに入って、「Apple ID またはパスワードをお忘れですか?」をクリックしてください。

ステップ1 Apple IDの管理ページに入る

ステップ1 Apple IDの管理ページに入る

ステップ2、Apple ID を入力して、「続ける」をクリックします。

ステップ2 Apple ID を入力する

ステップ2 Apple ID を入力する

ステップ3、「パスワードをリセット」を選択して、「続ける」をクリックします。

ステップ3 「パスワードをリセット」を選択する

ステップ3 「パスワードをリセット」を選択する

ステップ4、パスワードのリセット方法を選択して、「続ける」をクリックします。

ステップ4 パスワードのリセット方法を選択する

ステップ4 パスワードのリセット方法を選択する

次はページの指示によってApple IDのパスワードを変更してください。パスワードをリセットしたら、Apple IDと新しいパスワードでサインインし直してください。するとアップルIDが使用停止の状態から正常に使えるようになります。

お見逃しなく:iCloudバックアップデータをダウンロードする方法 >

最後に

以上は以上はApple IDが使用停止される場合の解決方法です。もしこの記事が少しでもお役にたったら、Twitter、Facebook、はてブにシェアしてくれると嬉しいです。

メールでのお問い合わせは、24時間以内に返信いたします。 メールでのお問い合わせ
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください