iOSアップデートに失敗した時の対策

ちょうすい

Follow @iMobie_Inc

iPhone愛好家として、質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

次の文章は、iOSアップデートが失敗した原因と対策をご説明します。

最終更新日:2018年11月26日

iOSアップデートを順調にしたいですか?普通の場合は問題なくアップデートできますが、時々アップデートできない場合もあります。その場合はどうしたらいいでしょうか。

次の文章で、iOSデバイスのアップデートが失敗した時の原因や対策などをご説明します。

iOSアップデートに失敗した原因と対策

1.サーバーの負担が重すぎる。新しいiOSがリリースされたばかりの時、いつも多くのユーザーがアップデートに殺到しますから、サーバーの負担が重くなってアップデートができなくなる可能性は高いです。

対策:しばらく時間を経ったらアップデートすることをおすすめします。

2.アップデートのフォームウェアをダウンロードする時間が長すぎる。iTunesでアップデートしても、iCloudでアップデートしても、まずはフォームウェアをダウンロードしなければなりません。しかし、その必要なフォームウェアがなかなかダウンロードできないこともよくあります。

iOSアップデートに失敗した時の対策

iOSアップデートに失敗した時の対策

対策:ほかの速くて安定なネット環境に変更する。

一度デバイスを機内モードに設定してWi-Fiとの接続をオフにしたら、再びWi-Fiに接続して再ダウンロードする。

3. iOSデバイスの容量が足りない。もしWi-Fiを使ってアップデートしたら、フォームウェアのサイズ以上の空き容量が必要ですから、iOSデバイス上のデータ容量が多くてフォームウェアをダウンロードできないこともあります。

iTunesでアップデートなら空き容量の要求はないので、どうしても空き容量が足りないならiTunesでアップデートしてください。

最後に

以上はiOSアップデートに失敗した原因と対策です。ほかのいろいろな原因もありますから、もっと詳しい情報はこちらのアップデートによる一般的な不具合と解決策のガイドをご参考ください。

もし何か質問等ございましたら、遠慮なくご連絡ください。

ホーム AnyTrans ® for iOS iOSアップデートに失敗した時の対策
メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

無料体験世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!