Androidスマホのタッチパネルが反応しない場合の対処法

Androidスマホのタッチパネルが反応しない?反応が鈍い?このようなことでお悩みの皆様、ここ必見!!!7つの対処法であなたの悩みを解消します!

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年08月18日

皆様!こんにちは

早速ですが、Androidスマホのタッチパネルの感度が鈍いと感じた時ないでしょうか?

近々、ゲームやっていたら、タッチパネルの反応が悪くて、ここぞという時に絶望感を味わったり、早く限定商品の予約をしようとしたら、タッチパネルが反応しないから、他人より一歩遅れるなど,,,

皆様の悲しみ、私は見逃せません。

そんな皆様のために、下記記事で対処法をご紹介します。

1、なぜAndroidスマホのタッチパネルが反応しないのか。

皆様はAndroidスマホのタッチパネルがどのように反応するかご存知でしょうか。

簡単に説明しますと、人間が発する微たる電流にAndroidスマホのタッチパネルは反応して、操作を実行してくれるのです。Androidスマホのタッチパネルはこちらの構造が主流となっています。

そのため、Androidスマホのタッチパネルが反応しないということは、何かしらの理由で人間が発する電流を感知できていない、またはタッチパネル自体に不具合が生じていることになります。
反応しない原因は多岐にわたるため、下記対処法を試してみましょう!

2、Androidスマホのタッチパネルが反応しない場合の対処法。

2−1、手を一度洗ってみましょう

こちらは冬によく発生するケースになります。

冬場の乾燥時期になると、指先の湿度が変化し、正確にタッチパネルが感知できなくなります。このような場合、手を一度洗うことで解消します。ただし、皆様も御存知の通り、手が濡れたままだと逆に反応しづらくなるので、ご注意を!

2−2、タッチパネルが指以外の物に反応しないようにする

2つの指でタッチパネルを操作する時、必ず同時進行は避けましょう!

同時に操作すると、Androidスマホのタッチパネルが二箇所の電流を感知するため、誤操作を招きやすくなります。

また指のみならず、静電気を吸収するものであれば、タッチパネルは反応してしまうので、他のものが阻害していないか確認しましょう。

2−3、タッチパネルの画面を一度拭いてみましょう

一日生活すると、人体から発する皮脂や手でいろんな物を触ったあとの汚れがそのままAndroidスマホのタッチパネルに付着します。

汚れとしてそのままタッチパネルに残ると、指先の電流の感知を妨げてしまい、反応しなくなります。

そのため定期的に、ティシューやスマホクリーナーでAndroidスマホのタッチパネルを拭いてあげましょう。

2−4、液晶保護シートを交換する

スマホ購入時は、新しくきれいな液晶保護シートが貼られているのですが、Androidスマホを使っているうちに、保護シートに傷がついたり、タッチパネルとの間に空気が入ったりして、Androidスマホのタッチパネルの電流感知を鈍くさせます。

このような場合、液晶保護シートの交換を推奨します。

2−5、バックグラウンドで待機中のアプリを終了しましょう

こちらもよくあるケースですが、バックグラウンドによくアプリを待機させたままにしていませんか。複数のゲームアプリを待機のままにすると、CPUなどに重い負荷をかけたままの状態になるので、Androidスマホのタッチパネルの操作処理が鈍くなり、時々反応が遅れたり、全く反応しなくなったりします。

そのため、今使わないアプリはバックグラウンドから終了しましょう。

手順は下記のようになります。

①アプリ切り替えボタンを押しましょう。

Androidスマホのタッチパネルが反応しない場合の対処法

Androidスマホのタッチパネルが反応しない場合の対処法

②使わないアプリを終了しましょう。

Androidスマホのタッチパネルが反応しない場合の対処法

Androidスマホのタッチパネルが反応しない場合の対処法

③または、消去ボタンや【❌】ボタンで稼働中のアプリをすべて終了しましょう。

Androidスマホのタッチパネルが反応しない場合の対処法

Androidスマホのタッチパネルが反応しない場合の対処法

2−6、Androidスマホのタッチパネルが完全に反応しなくなったら、強制再起動しましょう

反応が鈍いというより、もう完全に制御不能となった場合、強制再起動を行いましょう。

こちらはAndroidスマホが複数の操作により、処理が追いつかず、Androidスマホ自体がフリーズ状態になったケースです。この場合、待つだけじゃなかなか解消しませんので、強制再起動しましよう。
強制再起動の手順は下記になります。

①Androidスマホの起動ボタンを数秒長押しすると、スマホの電源を強制終了させます。
②完全にAndroidスマホの電源が切れたあと、1分ほど待ってから、再度起動ボタンを長押しし、スマホを起動しましょう。

こちらの操作で、大半はもとの通りなります。

2−7、専用ソフトでAndroidのシステム不具合を修復しましょう

もし上記の方法を使ってもAndroidスマホのタッチパネルが反応しない問題も解決できないなら、専用のシステム不具合修復ソフト – DroidKitを利用してみてください。(現時点でシステム不具合の修復機能はSamsungデバイスのみ対応していますから、ご注意ください。)

DroidKitはスマホをさまざまな状況から問題を解決して、スマホを救い出す専門ソフトです。もしAndroidスマホのタッチパネルが反応しない問題にあったら、このソフトを利用してシステム不具合を修復してみてください。それでは、今すぐDroidKitをダウンロードしてみてください。

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

これからは具体的なやり方を紹介します。

1.お使いのパソコンでDrodKitを開き、ホーム画面で「システム不具合を修復」を選択します。

「システム不具合を修復」を選択

「システム不具合を修復」を選択

2.デバイスをパソコンと接続して「開始」ボタンをクリックします。

「開始」ボタンをクリック

「開始」ボタンをクリック

3. 画面の指示に従ってデバイスをリカバリーモードに設定してから「次へ」をクリックします。すると、デバイスのPDAコードを探すして入力し、「ファームウェアダウンロード」をクリックします。

デバイスのPDAコードを探す

デバイスのPDAコードを探す

4.ファームウェアダウンロードが完了したら、次の画面で「今すぐ修復」をクリックします。

「今すぐ修復」をクリック

「今すぐ修復」をクリック

5. 画面の指示に従って、デバイスをダウンロードモードに設定してから、「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリック

「次へ」をクリック

6. すると、デバイスを修復し始まりますので、修復プロセスを少々お待ちください。

修復プロセスを待つ

修復プロセスを待つ

2−8、上記すべての方法に当てはまらない場合、修理または新規購入を考えましょう

上記6点の対処法はAndroidスマホに不具合や機能に障害がないことが前提の場合です。

Androidスマホのタッチパネル自体が故障していたりしたら、上記対処法では対応不能になりますので、修理または新規機種を購入することを推奨いたします。

また、長年使ったAndroidスマホだと、機能的に追いついて行けない場合、タッチパネル
の反応が鈍くなったり、反応しなくなるので、こちらの場合も同じく新規機種を購入することを推奨します。

3、注意点(やってはいけないこと)

3−1、Androidスマホのタッチパネルを強く叩いたりすること

タッチパネルが反応しなくなると、気持ち的にイライラしますよね、、

特に急いでいるときに、反応しなくなると、自分もそうなんですが、パチパチとタッチパネルを叩きたくなる気持ちになります。

ただし、この行為は絶対になさってはなりません!!!

なぜなら、Androidスマホのタッチパネル自体が故障になる恐れがあるからです。必ずこのような行為はやめましょう!

3−2、Androidスマホのタッチパネルを水で濡らしたタオルなどで拭くこと

上記対処法で、タッチパネルに付着している汚れを拭くとありましたが、濡らしたタオルで拭くのは極力避けましょう。防水機能付きのスマホ機種もありますが、防水ではないものも多いです。一応電子機器なので、注意しましょう。

4、まとめ

対処法のご紹介はここまでになります。

Androidスマホのタッチパネルが反応しない原因は多岐にわたり、対処法は一概とは言えませんが、上記のような対処法で大半は解決可能です。

ぜひ皆様もご活用ください!

様の問題解決につながったら幸いです!

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン