OneDriveにファイルをアップロードする方法

写真やファイルで、パソコンやデバイスのストレージを占有しています。OneDriveに保存して、いつでもどこでもアクセスできて、とても便利です。そこで、ここではOneDriveにファイルをアップロードする方法をご紹介します。

ばくてい 最終更新日: 2020年02月26日

EXCELやWORDなどのファイルやフォルダを作成して、パソコンまたはデバイスに保存していました。ファイルが多ければ多いほど、お使いのパソコンやデバイスのストレージもいっぱいになりますよね。

OneDriveに保存して、パソコンまたはデバイスの容量を解放するだけでなく、どこからでもファイルにアクセスできるようになります。非常に便利でしょう。しかし、OneDrive WebサイトやOneDriveデスクトップアプリ、モバイルアプリでOneDriveにファイルをアップロードする方法は違いますので、よくわかりません。そこで、今回はOneDriveWebサイトやOneDriveデスクトップアプリ、モバイルアプリでOneDriveにファイルをアップロードする方法をいちいち説明します。

OneDriveにファイルをアップロードする方法


1、OneDrive Webサイトでファイルを OneDriveに追加する

Step 1、OneDrive Webサイトにサインインします。

Step 2、上の「アップロード」から「ファイル」を選択します。

Webサイトでファイルを OneDriveに追加する

Webサイトでファイルを OneDriveに追加する

Step 3、アップロードしたいEXCELやWORD、PDFなどのファイルを選び、「開く」をクリックします。

Webサイトでファイルを OneDriveに追加する

Webサイトでファイルを OneDriveに追加する

エクスプローラーから Web サイトにファイルを直接ドラッグすることもできます。


2、OneDriveデスクトップアプリでファイルを OneDriveに保存する

Step 1、パソコン(Windows・Mac)でOneDrivアプリを起動します。また、画像の様なアイコンをクリックします。

デスクトップアプリでファイルを OneDriveに保存する

デスクトップアプリでファイルを OneDriveに保存する

Step 2、パソコン上の他のフォルダーから、OneDriveに直接ドラッグすることもできます。

デスクトップアプリでファイルを OneDriveに保存する

デスクトップアプリでファイルを OneDriveに保存する


3、モバイルアプリでファイルを OneDriveにアップロードする

Android版のOneDriveを例にします。

Step 1、Androidスマホで OneDriveアプリを開きます。

Step 2、ファイルを追加したいフォルダーをタップします。下部に「追加」ボタンをタップして、「アップロード」を選択します。

Step 3、アップロードするファイルをタップします。 それで、フォルダーにファイルがアップロードされます。

1 か月間に OneDrive にアップロードできるファイルの数について、Microsoft による制限が設定されている場合があります。


4、複数のクラウドをスマートに管理できるツール

ここでおすすめしたいのは、複数のクラウドをスマートに管理できるツール – AnyDriveです。このツールはすべてのクラウドファイルをひとまとめに管理することができます。また、AnyDriveは以下の特性があります。

  • ファイルをOneDriveなどのクラウドとコンピュータ間で自由に移動
  • 手間と時間を省き、ファイルを好きなだけ転送
  • クラウド自身内で行うより速い
  • OneDrive、Dropbox、Google Driveなどのアプリもダウンロード必要ない
  • 安全&安心、100%保証

今すぐAnyDriveのアカウントを新規作成して、無料体験しましょう。

複数のクラウドをスマートに管理できるツール

複数のクラウドをスマートに管理できるツール

最後に

以上はOneDriveにファイルをアップロードする方法です。OneDriveを使って、職場または学校のアカウントでサインインした後で、ファイルにアクセスできて、便利になります。また、もしこの記事に共感を持ったら、FacebookやTwitterに共有してくれると嬉しいです。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。