iPadの機能制限/スクリーンタイムのパスコードを解除する方法

iPadのスクリーンタイムのパスコードを解除したいが、忘れてしまいましたので困っていますか?この記事はiPadの機能制限/スクリーンタイムのパスコードを解除する方法をご紹介します。

ばくてい 最終更新日: 2020年06月01日

スクリーンタイムを使えば、iOSデバイスでどのように時間を費やしているのかリアルタイムでまとめた確認・管理することができます。

iOS 12の新機能として追加されましたが、設定して利用したい場合に、「スクリーンタイム・パスコード」の入力を求められます。しかし、そのパスコードが忘れてしまいましたので非常に困っている方もいるんでしょう。

そのため、今回はiPhoneの機能制限・スクリーンタイムのパスコードを忘れた場合の対処法をご紹介します。

Part 1:スクリーンタイムのパスコードとは

iPhone/iPad/iPod touchをiOS 12にアップデートしてから、機能制限もスクリーンタイムにアップデートしました。

そのため、実は、スクリーンタイムのパスコードは前の機能制限パスコードで、忘れていないなら直接入力して試してください。

Part 2:iPadOS 13以降でiPadのスクリーンタイムパスコードを解除する方法

方法1、 Apple ID とパスワードが必要!iPad本体でパスコードを変更する方法

設定したiPadの機能制限パスコードを忘れた場合に、パスコードをリセットして解除するのは定番方法ですが、最新のiPadOSにアップデートしたら、リセットする必要がないです。

もし、お使いのデバイスをiPadOS 13.4以降にアップデートしてから、次の手順に従ってパスコードを直接変更してください。

Step 1: 「設定」>「スクリーンタイム」の順にタップして「スクリーンタイム・パスコードを変更」を選択 > もう一度「スクリーンタイム・パスコードを変更」をタップします。

iPhone・iPad本体で忘れたスクリーンタイム・パスコードを変更する方法

iPhone・iPad本体で忘れたスクリーンタイム・パスコードを変更する方法

Step 2: 「パスコードをお忘れですか?」をタップ > スクリーンタイム・パスコードの設定時に使った Apple ID とパスワード* を入力します。

「パスコードをお忘れですか?」をタップ

「パスコードをお忘れですか?」をタップ

Step 3: 新しいパスコードを入力して確認のためにもう一度入力します。

iPhone・iPad本体で忘れたスクリーンタイム・パスコードを変更する方法

iPhone・iPad本体で忘れたスクリーンタイム・パスコードを変更する方法

すると、忘れたiPadの機能制限パスコードを変更することができます。

しかし、上記の方法でスクリーンタイム・パスコードの設定時に使った Apple ID とパスワードが必要なので、忘れたら、次の方法を参考にしてください。

方法2、AnyUnlockでiPadからスクリーンタイムのパスコードを解除する方法

iPadの機能制限/スクリーンタイムのパスコードを忘れた場合に、リカバリーモード/iTunesで強制初期化して解除できますが、データもなくなります。そのため、ここで、iOSデバイス向け専用のパスコード解除ソフト – AnyUnlockをおすすめします。

しかも、このソフトは以下のようなメリットがあります。

  • フォトライブラリとメディアファイルは保留される
  • 安全かつ迅速、時間や手間を節約する
  • 操作簡単で、初心者でも使える

それでは、今すぐAnyUnlock – iPhoneパスワード解除をダウンロードしてiPadの機能制限/スクリーンタイムのパスコードを解除しましょう!

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Step 1: AnyUnlockを起動 > iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続します。

Step 2: 右上で「スクリーンタイムのパスコードを解除」をクリックします。

「スクリーンタイムのパスコードを解除」をクリック

「スクリーンタイムのパスコードを解除」をクリック

Step 3: 「今すぐ解除」をクリックしてください。

Step 4: iOS 12以降のデバイスなら、デバイスを暗号化してバックアップする必要がありますので、「OK」をクリックしてください。

Step 5: パスワードを2回入力してお使いのデバイスを暗号化してバックアップします。

Step 6: バックアップと解析のプロセスを待って、成功したら、iPad上のスクリーンタイムのパスコードを削除できます。

すると、iPadで機能制限/スクリーンタイムパスコードを再設定することができます。

  1. ロック解除後、デバイスのシステムは最新バージョンにアップデートされます。
  2. 「iPhoneを探す」がオンの場合、ロック解除後にはiCloudアカウントを登録してデバイスを設定する必要があります。
  3. デバイスのバッテリー残量が十分にあるか確認してください。

Part 3:iPadOS 13以前でiPadの機能制限/スクリーンタイムパスコードを取り戻す方法

iPadOS 13以前のバージョンなら、iOSデバイス向け専用のパスコード解除ソフト – AnyUnlockを利用する場合に、スクリーンタイム・パスコードを解除ではなく、取り戻して展示されることができます。しかも、すべてのデータの紛失もないので、おすすめします。

それでは、今すぐAnyUnlock – iPhoneパスワード解除をダウンロードしてiPadの機能制限/スクリーンタイムパスコードを取り戻してみてください。

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Step 1: AnyUnlockを起動 > iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続します。

Step 2: 右上で「スクリーンタイムのパスコードを解除」をクリックします。

「スクリーンタイムのパスコードを解除」をクリック

「スクリーンタイムのパスコードを解除」をクリック

Step 3: 「今すぐ解除」をクリックしてください。

「今すぐ解除」をクリック

「今すぐ解除」をクリック

Step 4: iOS 12以降のデバイスなら、デバイスを暗号化してバックアップする必要がありますので、「OK」をクリックしてください。

デバイスを暗号化してバックアップ

デバイスを暗号化してバックアップ

Step 5: 画面の指示に従って操作してから、バックアップと解析のプロセスを待ってください。

iPhoneスクリーンタイムパスコードがわからない時の解除方法

iPhoneスクリーンタイムパスコードがわからない時の解除方法

Step 6: 成功したら、iPadに設定されたスクリーンタイムのパスコードが展示されて、変更することができます。

iPhoneスクリーンタイムパスコードがわからない時の解除方法

iPhoneスクリーンタイムパスコードがわからない時の解除方法

まとめ

以上はiPadの機能制限/スクリーンタイムのパスコードを忘れた時の解除法です。どうでしょうか?自分の必要によって適当な方法を選択して利用してください。

もしお使いのiPadはiPadOS 13以前であれば、AnyUnlockをダウンロードして利用するのをおすすめします。

最後まで読んでありがとうございます。この記事がお役に立てればシェアしてくれると嬉しいです。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。