Macのストレージから「その他」を削除する方法

要約

Macのストレージに大容量を占めている「その他」で困っていますか?そして、「その他」とは何ですか?この記事は、Macのストレージの「その他」と「その他」の削除方法についてご案内します。

ちょうせい

2016年11月22日

by

Follow @iMobie_Inc

MacClean – Macのハードディスクから「その他」を削除するソフト

MacClean – Macでその他を削除

Macのハードディスク容量を大きく占めている「その他」を削除する前に、優れたMac用クリーニングソフト-MacCleanをダウンロードしてください。

「MacBook Airを使用しています。ストレージを見たところ、「その他」が100GB前後の場所を取っています。どんな物がその他に入るのでしょうか?消去する方法はありますか?」

- Yahoo!知恵袋

Macでストレージ使用状況を確認すると、黄色い「その他」の領域が大きいと表示されていますか?Macのストレージにある「その他」は以下のような項目があります:

1. 「システム」フォルダやキャッシュなど、OS Xのフォルダに入っている項目

2. 書類、連絡先、カレンダーデータなどの個人情報

3. Appのプラグインまたは機能拡張

4. Spotlightで認識できないファイルタイプやメディアファイルに分類できないメデイア

以上のように、その他に重要なデータも含まれています。手動で削除の作業を行うと、面倒な操作手順だけでなく、誤って大切なデータを削除する可能性も高いです。Macの「その他」を安全かつ効果的に削除するために、専門のデータクリーニングソフトが必要です。

MacClean-その他を安全かつ簡単にクリーンアップ

MacCleanは、Macの「その他」を安全かつ効果的に削除するクリーンアップするだけでなく、下記のような注目点もあります:

1.簡単 - 操作しやすいMacCleanは、シンプルでフレンドリーなインターフェイスを持っているので、数クリックですべてのクリーニング作業を行えます。

2.全面 - MacCleanは、ネットジャンク、ユーザージャンク、システムジャンク、及びアプリジャンクファイルを徹底的に検出&クリアします。

3.安全 - MacCleanはスキャンされた明確なリストで、ジャンクファイルを選択的に削除することができます。

Macの「その他」を削除する方法

ステップ1: MacCleanをMacにダウンロード&インストール > MacCleanを起動します。

ステップ2: 左サイドバーから「システムジャンク」をクリック > 「スキャン」ボタンをクリック > スキャンされたデータを確認&選択 > 「削除」をクリックします。

ステップ3: 左サイドバーから「インターネットジャンク」をクリック > 「スキャン」ボタンをクリック > スキャンされたデータを確認&選択 > 「削除」をクリックします。

ステップ4: 左サイドバーから「悪質なCookie」をクリック > 「スキャン」ボタンをクリック > スキャンされたデータを確認&選択 > 「削除」をクリックします。

ステップ5: 左サイドバーから「プライバシー保護」をクリック > 「スキャン」ボタンをクリック > スキャンされたデータを確認&選択 > 「削除」をクリックします。

ステップ6: 左サイドバーから「セキュリティ問題」をクリック > 「スキャン」ボタンをクリック > スキャンされたデータを確認&選択 > 「削除」をクリックします。

ステップ7: 必要に応じて、「ユーティリティ」欄の「クリーンアップツール」と「最適化ツール」機能を利用することもオススメです。

Macの「その他」を削除する方法

Macの「その他」を削除する方法

項目をクリックすると、スキャンされたジャンクファイルをプレビュー&選択できます。

おすすめ記事:Macが遅い時の対処法7つ

これで、複雑な操作やデータの紛失せずに、Macの「その他」に不要なファイルを削除してストレージを増やします。実に安全で使いやすいツールです。今からやってみましょう>

ご質問を私達に送信して、24時間以内に答えを得ます 質問を聞き

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください