異なるiCloud IDの間で連絡先を移行できる方法

異なるiCloud IDの間で、連絡先情報を移行できますか?このガイドは、それを実現できる簡単な方法を一つご紹介します。

ばくてい 最終更新日: 2020年08月20日

機種変更して新しいiPhoneやiPadを入手したら、iCloud IDも新しく作成したい場合があるでしょう。しかし、大事な連絡先だけを引き継ぎたくて、新しいiCloudにも連絡先を保存したいならどうすればよいですか?

普通の場合、iCloud IDの間ではデータを移行することができません。そして、手元に古いiOSデバイスがないなら、古いデバイスから新しいiCloud IDに電話帳を同期する事もできないでしょう。ほかに何か解決方法はありませんか?ここでは、この問題を解決するために、異なるiCloud IDの間で連絡先を移行できるツールを一つご紹介します。

必要なツール – AnyTrans

異なるiCloudの間で連絡先を移行したいなら、iCloudデータ管理ツール – AnyTransを使えば簡単です。このツールは、以下の特性を持っています:

  • 複数iCloudアカウントの間で電話帳を自由にできる
  • 必要な連絡先だけが移行され、ほかのデータが影響されない
  • すべての連絡先を移行するか、一部だけを移行するか、希望通りに操作できる
  • 連絡先だけでなく、iCloudに保存されている写真、カレンダー、メモなどのデータも移行できる

AnyTransで異なるiCloudアカウントの間で連絡先を移行する

ステップ1、AnyTransをダウンロードしてインストールします > パソコンで AnyTransを立ち上げます。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

ステップ2、「iCloud管理」機能に入って、Apple IDとパスワードを入力してサインインします。

iCloudにログイン

iCloudにログイン

ステップ3、サインインしたら、アイコンをクリックして、「アカウントを追加」をクリックします > もう一つのApple IDをサインインしてください。

複数のアカウントを登録

複数のアカウントを登録

ステップ4、移行させたい連絡先のあるiCloudアカウントの管理画面に戻って、「連絡先」に入ります。

iCloudに同期したメモを選択

iCloudに同期した連絡先を選択

ステップ5、移行したい連絡先を選択して、右上の「転送」ボタンまたは「その他」から「転送」をクリックしてください。すると、連絡先がもう一つのiCloudアカウントに移行されます。

「他のiCloudに転送」ボタンをクリック

「他のiCloudに転送」ボタンをクリック

最後に

以上は異なるiCloud IDの間で連絡先を移行する方法です。AnyTransの「iCloudデータ管理」/「動画ダウンロード」機能は完全無料で、それ以外の機能も無料試用ができます。今すぐAnyTransをダウンロードして試しませんか。この記事を気に入っていただけたら、FacebookやTwitter、Google+でシェアをお願いします。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。