4つの方法でiCloudの容量不足を解消する


4つの方法でiCloudの容量不足を解消する




iCloudのストレージ容量がいっぱいになって、iPhone/iPad/iPod touchのバックアップをしようとしてもできないんですか?この記事はiCloudの容量不足を解消する4つの対処方法を提供しています。ご参考にどうぞ。

iCloudの容量が足りない

iCloudの容量が足りない

iPhone/iPad/iPod touchユーザーは、iCloudをよく利用しますよね。パソコンやUSBケーブルの必要がなくて便利です。そして、iCloudにサインアップするだけで、5GB分のストレージを無料でご利用いただけます。

しかし、便利だからこそ、気づいたらiCloudのストレージ容量がいっぱいになってしまって、「Not Enough Storage」という警告も出ました。そこで、当ページのガイドはiCloudを利用しながら、iCloudの空き容量不足を解消する4つの方法を紹介します。どうぞ続けてご覧ください。

- iCloud にサインアップすると、メール、バックアップ、iCloud フォトライブラリ (ベータ版)、iCloud Drive 用に 5 GB 分のストレージを無料で利用できるようになります。購入した音楽、映画、App、ブック、テレビ番組、および共有アルバムは、この無料ストレージ分には加算されません。

- iCloudの容量を占める主な要素は、iOSデバイスのバックアップデータなので、本記事の方法4をぜひ利用することをおすすめします。

方法1:iCloudストレージをアップグレード&購入する

iCloud のストレージ容量が足りなくなった場合は、より大きい容量を使えるプランにアップグレードすることができます。お使いのiPhone、iPad、iPod touch、MacまたはWindowsパソコンからiCloudストレージを合計20GB、200GB、500GB、または1TBまで増やすことができます。アップグレード後、月額料金がかかります。

iCloudのストレージプラン

iCloudのストレージプラン

操作方法:

1)iOS

1.iOS 8 をお使いの場合は、「設定」 > 「iCloud」 > 「容量」の順に選択します。それより前のバージョンの iOS をお使いの場合は、「設定」 > 「iCloud」 > 「ストレージとバックアップ」の順に選択します。

2.「ストレージプランを変更」をタップします。

3.「ダウングレードオプション」をタップして、Apple ID のパスワードを入力します。

4.現在のストレージプランが終了したら利用する別のプランを選択します。

5.「完了」をタップします。

2)OS X

1.Apple メニュー >「システム環境設定」を選択して、「iCloud」をクリックします。

2.右下の「管理」をクリックします。

3.右上の「ストレージプランを変更」をクリックします。

4.「ダウングレードオプション」をクリックします。

5.Apple ID のパスワードを入力して、「管理」をクリックします。

6.現在のストレージプランが終了したら利用する別のプランを選択します。

7.「完了」をクリックします。

3)Windows

1.Windows 用 iCloud 4.0 または iCloud コントロールパネルを開きます。

  • Windows 8.1 では、スタート画面に移動し、左下にある下向きの矢印  をクリックした後、iCloud アプリケーションをクリックします。
  • Windows 8 では、スタート画面に移動し、iCloud タイルをクリックします。
  • Windows 7 および Vista では、「スタート」>「すべてのプログラム」>「iCloud」>「iCloud」と選択します。

2.Windows 用 iCloud 4.0 をお使いの場合は「保存容量」をクリックします。それより古バージョンの iCloud コントロールパネルをお使いの場合は「管理」をクリックします。

3.「ストレージプランを変更」をクリックします。

4.「ダウングレードオプション」をクリックします。

5.Apple ID のパスワードを入力して、「管理」をクリックします。

6.現在のストレージプランが終了したら利用する別のプランを選択します。

7.「完了」をクリックします。

参照元URL:https://support.apple.com/ja-jp/HT201318

方法2:iCloudのバックアップ&書類とデータサイズを減らす

iCloudのバックアップ&書類とデータ

iCloudのバックアップ&書類とデータ

iCloudの容量を増やしたいが、お金をかかりたくないんですか?iCloudへのバックアップするサイズ、「メール」「書類とデータ」の使用サイズを減らしましょう。

1)iCloudへバックアップするサイズを減らす 

iCloudのストレージを普通に使っていると問題ないが、撮影した写真や動画をiCloudにバックアップしているとすぐ5GBを超えると思います。そのため、写真などサイズの大きいファイル、必要のないファイルをiCloudにバックアップしないことをおすすめします。

2)「メール」「書類とデータ」の使用サイズを減らす  

長期間の使用でメールや書類などのデータも、だんだんiCloudに多く溜まっています。そんなとき、定期的にiCloudにある「書類とデータ」を確認して削除することもおすすめします。

方法3:iCloudにあるバックアップデータを削除する

iCloudの空き容量が足りない場合、iCloudに保存してあるバックアップデータが不要かどうかを確認してから削除しましょう。

操作方法:

1)iOSデバイスでバックアップを削除する

1.iOSデバイスの「設定」 > 「iCloud」 > 「容量」 > 「ストレージを管理」の順にタップします。

2.バックアップが不要なデバイスの名前をタップし、「バックアップを削除」をタップします。

2)Macでバックアップを削除する

1.アップルメニューから 「システム環境設定」を選択し、「iCloud」をクリックしてから「管理」をクリックします。

2.左側の「バックアップ」をクリックし、バックアップが不要な右側の iOS デバイスを選択し、「削除」をクリックします。

iCloudのバックアップ&書類とデータ

iCloudのバックアップ&書類とデータ

3)Windowsでバックアップを削除する

1.Windows用iCloudをダウンロードして開きます。

2.「保存容量」をクリックします。

3.表示された項目から「バックアップ」を選択します。

4.「削除」をクリックして不要なバックアップが消去されます。

方法4:iCloudではなく、パソコン/iTunesにバックアップする

iCloudを使う方法は手軽だが、時には厄介なことになります。なぜですか?iCloudへバックアップをしていると容量不足になりやすいです。「iCloudストレージに十分な空き領域がないため、このiPhoneのバックアップは作成できません」というエラーが画面に表示されて困ります。

この問題に悩まないように、iPhone/iPadのコンテンツをパソコン/iTunesへバックアップしましょう。ご存知の通り、iTunesはiOSデバイスを一括でバックアップし、コンテンツを選択的にバックアップすることはできません。iOSコンテンツを選択的にバックアップしたいなら、iPhone/iPad/iPod専用のデータバックアップ&転送&管理ツール - AnyTransをおすすめします。

AnyTransはあらゆるデータだけでなく、複数のデータをプレビューしてバックアップすることもできます。iCloud/iTunesのバックアップと比べて、このツールははるかに迅速で、データを選択的にバックアップできます。購入/非購入の音楽、ムービーなどほとんどのファイルもサポートしています。今すぐAnyTransをダウンロード >

操作方法:

ステップ1: iOS端末をMac&PCパソコンに接続 > AnyTransを立ち上げます。

ホーム画面で特定の項目を選択

ホーム画面で特定の項目を選択

ステップ2: AnyTransのホーム画面で、各種の項目(オーディオ、写真やビデオなど)を選択して対応の管理画面に入る > 目的なファイルを選択 > 右上のパソコン/iTunes/デバイスアイコンをクリックします。

目的なファイルを選択してバックアップ

目的なファイルを選択してバックアップ

おすすめ記事:iPhone 5/5s/6/6sのデータをバックアップする3つの方法


方法1は、iCloudストレージを購入して追加します。方法2~方法4は、iCloudストレージの使用量を減らします。


以上の4つの方法で、iCloudの空き容量を増やすことができます。本記事について、何かご質問がございましたら、遠慮なくご連絡ください。また、このガイドがお役に立てれば、お友達と共有することを忘れないでください。

関連記事:

ご意見・ご感想をお寄せください