「Googleサーバーとの通信中に問題が発生しました」とエラー表示される原因と対処方法

今回の記事は「Googleサーバーとの通信中に問題が発生しました」と表示された原因と対処方法を詳しく説明します。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年09月09日

AndroidスマホでGoogleアカウントに登録すると、メールやさまざまなアプリをGoogleアカウントにリンクさせます。ただ、Googleアカウントを携帯電話に追加する際に、「Googleサーバーとの通信中に問題が発生しました」とエラーが出て、アカウントにログインできない状態になってしまいました。Google Playストアもエラーで起動できないなどの問題に悩んでいる方が、この文章を参考として解説通りに試してください。

では、これからは「Googleサーバーとの通信中に問題が発生しました」と表示される原因・対処方法を詳しく説明します。

エラー表示の原因

原因一:システムエラーが発生している

原因二:インターネットの接続不良

原因三:Androidスマホのキャッシュがいっぱい溜まっている

原因四:2段階認証プロセスがGoogleアカウントのサインインを妨害している

対処方法

方法一:システムエラーを修復する

「Googleサーバーとの通信中に問題が発生しました」と表示されたら、システムエラーが起きる可能性が高いです。でも、システム知識を持ってない私達には、どのように解決できますか?

DroidKitというソフトがあるのでご安心ください。DroidKitは専門的なAndroidデバイス向けのソリューション提供しているソフトで、お使いのスマホからさまざまな不具合から救い出すという理念に基づいてサービスを提供しています。

システムエラーを修復するには、DroidKitはこちらのメリットがあります:

対応全面:フリーズした画面や充電できないなど、すべてのAndroidシステム問題をカバーしています。

成功率が高い:Androidのバージョンや機種ごとにカスタマイズしたソリューションを提供し、業界で最も高い成功率を保証します。

100%安全:100%安全かつ安定、ウイルスやマルウェアに感染する恐れもありません。

使いやすい:特別な知識が不要で、直感的な操作画面で、初心者でもすぐにわかります。

では、以下のDroidKitのシステムエラー修復手順に従って、お使いのスマホの不具合を解決しましょう!

1、パソコンでDroidKitをダウンロードして起動します。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

2、起動したら、ホームで「システム不具合を修復」を選択します。そして、「開始」ボタンをクリックします。

「システム不具合を修復」を選択

「システム不具合を修復」を選択

「開始」ボタンをクリック

「開始」ボタンをクリック

3、お使いのデバイスのPDAコードを確認して入力します。次には、ファームウェアのダウンロードプロセスを進めます。ダウンロードプロセスが終わったら、「今すぐ修復」をクリックします。

デバイスのPDAコードを探す

デバイスのPDAコードを探す

「今すぐ修復」をクリック

「今すぐ修復」をクリック

4、案内によってデバイスをダウンロードモードにしてください。そして、「次へ」をクリックします。すると、システムエラーの修復が完了します。

「次へ」をクリック

「次へ」をクリック

修復プロセスを待つ

修復プロセスを待つ

方法二:安定なネット環境に接続する

「Googleサーバーとの通信中に問題が発生しました」という通信エラーが表示されたので、安定なネット環境が不可欠です。できるだけ自宅Wi-Fiなどより安定性が高いインターネットに接続してください。

スマホは機内モードに設定したか、インターネットを開けたか、自宅に設置したモデムやルーターのPOWERランプが点灯しているかを確認しておきましょう。確認できたら再度にエラーが発生したタブの再読み込みを試してください。

方法三:Androidスマホのキャッシュを削除する

Androidスマホのキャッシュがいっぱいに溜まった時は、スマホの動作が遅かったりし、Chromeなどのアプリがうまく開けなくなったり、通信エラーが表示されたりするなど不具合が発生したことがあります。なので、一応Androidスマホのキャッシュをクリアしてください。

古いバージョン(Android 4.2 から Android 7 のバージョンまで)のAndroidスマホはキャッシュの一括削除する機能があります。

まず、「設定」から入り、「ストレージとメモリー」を展開します。そして、「内部共有ストレージ」をタップします。

写真元:nj-clucker.com

写真元:nj-clucker.com

次に、下記した画面のように、一覧の中に「キャッシュデータ」 があるので、それをタップすれば提示画面が表示されてきます。続いて「OK」を選択すれば、キャッシュが一括削除できます。

写真元: nj-clucker.com

写真元: nj-clucker.com

完了になったら、データの容量が更新されます。

最新バージョンのAndroidスマホは一括削除の機能がなくなり、その代わりに個別のアプリから削除できます。ブラウザとSNS系アプリのキャッシュが常に溜まっているので、それに関連するアプリをクリアすれば結構です。

まず、Androidスマホの設定画面から「ストレージ」を展開し、「その他のアプリ」をタップします。

写真元: nj-clucker.com

写真元: nj-clucker.com

例えば、OneDriveの場合は対象アプリを選択して、「キャッシュを削除」をタップします。

写真元: nj-clucker.com 

写真元: nj-clucker.com

最後に、改めてGoogleアカウントに登録する、またはエラー表示されたタブの再読み込みを行ってください。

方法四:2段階認証を無効にし、キャッシュをクリアする

2段階認証は、他のユーザーがアカウントに登録できないようにする優れた機能です。また、他のデバイスやアプリによるアカウントの使用を停止することでも知られています。そのため、アカウントに登録する際に、または接続している時に問題が発生する可能性があります。一応、Googleの二段階認証を無効にしましょう。

まず、Googleアカウントに登録して、「ログインとセキュリティ」をクリックします。

写真元: pc-karuma.net 

写真元: pc-karuma.net

そして、画面を下へスライドし、「2段階認証プロセス」を展開します。

写真元: pc-karuma.net

写真元: pc-karuma.net

次に、本人確認なため、パスワードを入力して、「次へ」をクリックします。

写真元: pc-karuma.net 

写真元: pc-karuma.net

2段階認証プロセスが有効になっていますので、「オフにする」をクリックします。

写真元: pc-karuma.net

写真元: pc-karuma.net

この時は、「2段階認証プロセスを無効にしますか?」というポップアップが表示されてきます。続いて「オフにする」をクリックすれば無効になります。

写真元: pc-karuma.net

写真元: pc-karuma.net

確認してみれば、「2段階認証プロセス」のところで、オフになっている状態です。

写真元: pc-karuma.net

写真元: pc-karuma.net

最後に、前述したキャッシュのクリア方法を参考して、Chromeまたは使用しているGoogle関連アプリのキャッシュを削除してください。そして、改めてGoogleアカウントを追加してみてください。問題なくアカウントにサインできるはずです。

まとめ

Googleサーバーとの通信に問題があった場合、Androidスマホの不具合か、使用しているブラウザの問題か、ネットワークの接続環境に問題があるかなどの原因が考えられます。それに対応して一個ずつクリアすれば解決できるはずです。通信エラーが表示された場合は、上記したChromeなどGoogleサービスアプリを最新バージョンまで更新する、またはスマホを再起動するなどの方法を試してみてください。もし、システムエラーで不具合が出て来たら、ぜひDroidKitをダウンロードして試してください!

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン