Androidスマートフォンの充電が遅い原因と対処法をご紹介

Androidスマートフォンの充電が遅いことに悩んでいる方は必見です。充電が遅い理由とその対処法を詳しく解説します。この文章の内容を押さとけば、悩みは直ちに解消!

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年11月23日

10時間も充電したのに、10%しか増えなかった!

充電が遅すぎて、スマホが全然使えもんにならない!
……

皆さんは上記の経験がありませんか。

ちなみに筆者はよくこのようなことを経験しました。

ここで、私はAndroidスマートフォンを持っている方に「なぜ今手持ちのスマホの充電が遅いか」、「スマホの充電が遅くなった時にどうすればいいのか」について詳しく解釈します。最後に誰にでも役に立つ、スマートフォンのバッテリーの寿命を延長する方法についてご紹介します。ぜひ最後まで読んでください!

1.Androidスマートフォンの充電が遅い原因Top6

まずAndroidスマートフォンの充電が遅い原因Top6を説明します。

➀充電用のケーブルの劣化

ケーブルは使えば、使うほど性能が落ちます。ケーブルを床に落としたり、折り曲げたり、また室温が大幅に変化する場所に保管することも劣化に繋がります。このため、Androidスマートフォンの充電が遅いと感じたら、まずケーブルを新しい物に交換してみましょう。

Androidスマートフォンの充電が遅い原因と対処法

Androidスマートフォンの充電が遅い原因と対処法

②Androidスマートフォンの充電ポートの問題

スマートフォンの充電ポートに不具合があるときも充電の速度が遅くなります。ここでまず確認することは充電ポートに異物が入っているかどうかということです。異物が入っていると、接触不良が発生しているので、充電の速度が遅くなります。既に異物確認しても充電が遅い場合、スマートフォンのポートの劣化が原因かもしれません。

③Androidスマートフォンのバッテリーが、完全放電の状態

バッテリーが完全放電の状態になっている時に充電ができなくなります。完全放電の状態の特徴は充電時のスマートフォンが異常に熱いです。

④Androidスマートフォンのバッテリーの寿命が近づいています

スマートフォンバッテリーはリチウムイオン電池です。電池自体は小さいですが、容量が大きいのが特徴となります。しかし、劣化しやすいという特徴もあり、バッテリーの寿命が近づくと、充電が遅くなります。バッテリーは約1年で劣化し始め、2年経つ頃にはそろそろ寿命を迎えるというわけです。

⑤バッテリーを消耗するアプリが実行されている

バッテリーを消耗するアプリが実行されていることも充電が遅くなる一つ重要な原因です。バッテリーを消耗するアプリを知りたいならどうすればいいのか、Androidの場合は「設定」から「バッテリー」に行き、バッテリーの消費量を示すメニューから確認してください。

⑥Androidスマートフォン自体が問題が出ている

Androidスマートフォン自体が何か問題が出る、例えば、システムエラーが発生する場合は、充電機能にも影響を及ぼすので、充電が遅くなります。

2.Androidスマホの充電が遅くなった場合の対処法

これからAndroidスマホの充電が遅くなった時、具体的にどうすればいいのかについて解説したいと思います。

➀ケーブルを確認しましょう

ケーブルに傷が付いているかどうかを確認してください。傷があった場合は新しいケーブルを買い替えることを推奨します。著しい傷がなくても、折り曲げることや室温が大幅に変化する場所に保管することなどの原因でケーブル内部の損害が起きているかもしれません。そのため、とりあえず新しいケーブルを変えることをおすすめします。ケーブルはコンビニやネットで簡単に入手できます。

②Androidスマートフォンのポートを確認しましょう

スマートフォンのポートの中に異物があるかどうか、確認してください。異物による接触不良をいち早く排除しましょう。ポート自体の劣化による充電が遅くなることもありますので、ご注意してください。

③Androidスマートフォン充電時の状態を確認しましょう

充電時にスマートフォンが熱いかどうか、触ってみてください。熱いと感じたら、放電の状態になっている可能性があります。この場合直ちに充電をやめて、APPの稼働も止めてください。通常温度に戻ったら、また充電を試してみてください。それでもだめな場合は、修理に出す必要があります。

Androidツールで充電問題を解決しよう

Androidスマートフォン自体が何か問題が出る場合は、専門家—DroidKitをお勧めします。充電が遅い、タッチスクリーンが機能しない、電話が黒くなる、などのAndroidシステムエラーにあったら、DroidKitを利用して解決できます!

充電が遅い問題を解除するには、DroidKitは以下の優れた点があります:

最も高い成功率:DroidKitは、Androidのバージョンや機種ごとにカスタマイズしたソリューションを提供し、業界で最も高い成功率を保証します。

100%安全100%安全かつ安定、ウイルスやマルウェアに感染する恐れもありません。

とても簡単:技術的な知識やルートは一切必要ありません。

現在、「システム不具合を修復」機能はSamsungデバイスのみをサポートし、今後他のブランドにもサポートする予定です。では、Samsungデバイスを例に、DroidKitで充電が遅い悩みを解決しましょう!

Step 1、DroidKitをパソコンにダウンロードしてインストールします。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Step 2、DroidKitを起動し、「システム不具合を修復」を選択します。そして、お使いのデバイスをパソコンに接続してください。

「システム不具合を修復」を選択

「システム不具合を修復」を選択

Step 3、デバイスが検出されたら、「開始」ボタンをクリックしてください。

「開始」ボタンをクリック

「開始」ボタンをクリック

Step 4、デバイスでコードを探して入力してください。その後、「ファームウェアダウンロード」ボタンをクリックしてください。

デバイスのPDAコードを探す

デバイスのPDAコードを探す

Step 5、以下の手順に従って、デバイスをダウンロードモードにしてください。また、「次へ」ボタンをクリックしてください。

「次へ」をクリック

「次へ」をクリック

Step 6、ファームウェアをダウンロードして確認した後、自動的にAndroidシステムの修復を開始します。しばらくすると、完了です!

修復プロセスを待つ

修復プロセスを待つ

⑤スマートフォンのバッテリーを交換しましょう

スマートフォンのバッテリーの寿命は限られています。通常であれば、バッテリーはおよそ300回程度の充電で劣化が始まり、500回程度充電すると50%~70%まで性能が落ちてしまいます。1日に1度充電すると考え、約1年で劣化が始まり、2年経つ頃には寿命を迎えます。よって、定期的にバッテリーの交換は良い選択かもしれません。

⑥バッテリーを消耗するアプリを確認しましょう

Androidのスマートフォンの「設定」から「バッテリー」に行き、バッテリーの消費量を示すメニューを確認してください。アプリの機能を制限すれば、消耗量をコントロールすることができます。

3.スマートフォンのバッテリーの豆知識

バッテリーの性能はスマートフォンの充電方法によって大きく変わります。ここで、皆さんにバッテリーの寿命を伸ばす豆知識を紹介したいと思います。

➀充電はバッテリーの残量をゼロにしてから

新しいスマートフォンは約1年でバッテリーの劣化が始まり、2年経つ頃には寿命を迎えます。バッテリーの寿命は充電回数に関わっているので、バッテリーの残量をゼロにしてから充電することで充電回数が減り、バッテリーの寿命は伸びます。

②毎晩充電しているとバッテリーの寿命が縮みます

寝る前から朝までスマートフォンを充電する習慣はありませんか。バッテリーにとってはいいことではありません。毎晩充電することを控えましょう。

③充電中にスマートフォンをフル稼働しないでください

充電中にYouTubeを見たり、ゲームをしたり、SNSをいじったりする人は少なくないと思います。このような行為もバッテリーに悪い影響を与えますので、控えましょう!

最後に

Androidスマートフォンの充電が遅い原因と対処法についての紹介はここで終わりとなります。今回紹介した内容を押さえとけば、充電が遅い問題は解決できると思います。また、バッテリーは消耗品ですが、日々の扱いによってバッテリーの寿命は大きく変わりますので、心がけて使用することがが大事です。もし、定番方法でも充電が遅い問題を解決できない、あるいは、スマホもよく他の問題が起きる場合、システムエラーが発生している可能性が高いと考えます。こういう場合、ぜひDroidKitをダウンロードして試してください!

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン