2022年|中古iPhoneのアク ティベーション ロックを強制解除する6つの方法

新しく買った中古iPhoneにはアクティベーションロックがある時にどうすればいいでしょうか。この記事は中古iPhoneのアクティベーションロックを強制的に解除する対策6つをご紹介します。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2022年09月20日

一般に、新しいiPhoneを起動する際には、画面ロック、指紋入力のような機能設定を行います。その同時に、「iPhoneを探す」機能をオンにするかもしれません。しかし、iPhoneを転売する際には、ほとんどの人が「iPhoneを探す」機能をオフになっているかどうかを確認しません。そんな場合に、デバイスをリセットして、iPhoneを再起動すると、アクティベーションロックが起動されます。中古iPhoneの買い手である自分はApple IDやパスワードを知らないが、どうすればいいのでしょうか?

今回は中古iPhoneのアクティベーションロックを解除する対策の6つとその注意点をご紹介します。是非最後までご覧ください。

操作前の注意事項

アクティベーション ロックは、iOS 15 以前のデバイスでのみ解除できます。
なぜなら、アクティベーションロックを解除するためにジェイルブレイク(脱獄)が必要だからです。現在、脱獄に対応しているのはiOS15以下のシステムバージョンのみです。ハッカーチームは最近、iOS15 をジェイルブレイクできるツールを開発したと主張していますが、具体的なリリース日はまだ公開していません。
アクティベーションロックを解除するのは複雑なので、パソコンが必要です。事前にご準備ください。

対策1:アク ティベーション ロックを強制的に解除する(Appleとパスワードが必要ない

アクティベーションロックを解除するツールは様々ありますが、フィッシング詐欺か、安全性や信頼性や秘匿性を保証できるか事前調べておくほうが最善です。ここでは一定の評価を得ているAnyUnlock を紹介しますパスワードやApple IDも、専門的なコンピューター知識も必要ありません。非常に簡単な操作でロックを解くことができるため、AnyUnlockが100,000以上の使用者の信頼を得ています。それ以外に、60日以内に返金ができます。

このツールを活用して、iPhone/iPadのアクティベーションロックを簡単に解除しましょう。

AnyUnlock についてもっと詳しく▷

無料体験ウイルス検査済み

無料体験ウイルス検査済み

ステップ1.コンピューターでAnyUnlockを開いて、「アクティベーションロックをバイパス」を選択します。USBケーブルでiPhoneをコンピューターに接続して、「開始」をクリックします。

「スタート」ボタンをクリック

「スタート」ボタンをクリック

ステップ2.「脱獄開始」をクリックして、脱獄ツールをダウンロードします。

「脱獄開始」をクリック

「脱獄開始」をクリック

ステップ3.iPhoneのモデルを選択して、DFUモードに入ります。成功に入ると、脱獄プロセスが開始できます。

DFUモードにする

DFUモードにする

ステップ4.画面に表示されているiPhoneの情報を確認して、「今すぐ」ボタンをクリックします。クリックしたら少し待って、解除が成功になります。

成功画面が出た

成功画面が出た

ほら、とても簡単でしょう。操作した後、iPhoneをリセットしたり、設定からiCloudにログインしたりしないでください。そうでなければ、再びロックされる可能性があります。

AnyUnlock についてもっと詳しく▷

試してもいいので、是非体験してみてください。

無料体験ウイルス検査済み

無料体験ウイルス検査済み

対策2:iPhone/iPadのホームページに入れる場合(Appleとパスワードが必要

1、「設定」を開き、一番上に自分の名前箇所をタップします。

2、「探す」画面になったら、続けて「iPhoneを探す」と書かれる箇所をタップします。

3、画面にある「iPhoneを探す」のスイッチがオンになっていますが、ここがオフになるようスライドさせます。

4、Apple IDとパスワードの入力画面が表示されるので、それぞれ入力します。これでアクティベーションロックは解除されます。

写真元:time-space.kddi.com

写真元:time-space.kddi.com

対策3:「iPhoneを探す」アプリを利用する(Appleとパスワードが必要

「iPhoneを探す」アプリを開き、Apple IDとパスワードを入力してサインインします。
「デバイス(iPad等)を消去」を選択し、「アカウントから削除」をクリックすれば、iPhone//iPadのアクティベーションロックを解除きます。

写真元:time-space.kddi.com

写真元:time-space.kddi.com

対策4:元の持ち主に連絡

アクティベーションロックのApple IDとパスワードは元の持ち主が設定したものなので、もし元の持ち主を知っていれば、彼に連絡するのがとても便利な方法です。中古サイトで購入すれば、サイトのカスタマーサービスに連絡してもいいです。

対策5:Appleのアフターサービスを利用

証明できる書類があれば、AppleのOfficial iPad Unlocking Serviceの助けを求めることができます。そんな場合に、iPhoneのシリアル番号、MEID、IMEI が記載されている書類が必要です。しかし、この方法で、審査の時間が長くて、価格が高くて、注文に間違いがあったらまだ払い戻しができません。ちょっど不便な方法ですね。

対策6:Official iPhone Unlocking Serviceを利用

iPhone/iPadデバイスのIMEI番号が必須です。
iPhone/iPadデバイスのIMEI番号とは、15桁数学の国際通信設備識別コードのことです。いわゆるデバイスの唯一な身分証明書です。そのナンバーの組合中に機種型、生産地情報など含まれます。IMEI番号はキーバッドで「*#06#」を入力してから表示されます。

Official iPad Unlocking Serviceとはアップル社からリリースされる有料公式サービスサイトです。そのサイトを開いて、内容提示通りに従って、iPadデバイスのIMEI番号を入力します。サービス価格が27.99ドル(円為替:3729円)です。
仮にIMEIを間違えて依頼した場合、費用の返金などできませんので、あらかじめご了承ください。

まとめに:

ここまで、中古iPhoneのアクティベーションロックを解除する6つの方法をご紹介しました。私にとって、元の持ち主に連絡するのはちょっど面倒で、Appleのアフターサービスを利用するのは遅いと思います。やっぱり「AnyUnlock-アクティベーションロック解除」を利用する方法が一番便利なのですね。では、AnyUnlockを利用して、中古iPhoneのアクティベーションロックを解除してみてください。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン