iPodサポートサービスがインストールされていない時の対処方法

本記事では、この問題を解決し、iPodサポートサービスがインストールされていない時の対処方法を紹介しています。この記事を参考にして、同じ問題が発生する場合はぜひ以下の方法を試してみてください。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年12月21日

コンピュータがiPodを認識しない場合は、コンピュータにiPod サポートサービスがインストールされていないことが原因です。では、うまく出来るようにするにはどうすればいいでしょうか?本文では、iPodサポートサービスがインストールされていない時の対処方法について説明します。

方法1、Apple Mobile Device Serviceを再起動する

パソコンのiTunesでiPodが認識されない場合、状況に応じてAMDSの再起動が必要になります。以下の手順で AMDS を再起動してください。

Step1.サービス機能を起動します。 Windows + Rを押して、「ファイル名を指定して実行」ウィンドウに「services.msc」と入力し、サービス機能を起動します。

Step 2.リストにApple Mobile Device Serviceを見つけ出し、クリックします。

Apple Mobile Device Serviceを再起動する

Apple Mobile Device Serviceを再起動する

ステップ3、「プロパティ」を選択します。 [全般]タブの[スタートアップの種類]を[自動]に設定します。 Apple Mobile Device Servicesを停止するには、「停止」をクリックします。

Apple Mobile Device Serviceを再起動する

Apple Mobile Device Serviceを再起動する

Step4、「開始」をクリックして、Apple Mobile Device Servicesを再度起動します。次に、コンピューターを再起動します。

方法2、iPodサポートサービスをダウンロードしてインストールする

Apple Mobile Device SupportまたはApple Mobile Device Servicesがインストールされていない、または正しくインストールされていないために、iPhone、iPad、iPodがコンピュータに接続できないというユーザーがいます。Apple Mobile Device SupportまたはApple Mobile Device Servicesがインストールされていない、または正しくインストールされていないために、お使いのiPhone、iPad、iPodがコンピュータに接続できない場合があります。そのため、状況に応じて「Apple Mobile Device Support」や「Apple Mobile Device Services」をそれぞれ再インストールしたいと考えています。

Step1、iPodをコンピューターに接続し、「デバイスマネージャー」を起動します。[ポータブルデバイス]でiPhoneを見つけ、iPhoneを右クリックして「ドライバを更新」を選択して、iPodサポートサービスを更新する。

iPodサポートサービスをダウンロードしてインストールする

iPodサポートサービスをダウンロードしてインストールする

Step2、[コンピュータをブラウズしてドライバーソフトウェアを検索する]を選択し、以下の場所からドライバーを選択します。

32ビットユーザーの場合はC: Program Files Common Files Apple Mobile Device Support Drivers

64ビットユーザーの場合はC: Program Files(x86) Common Files Apple Mobile Device Support Drivers

Step3、画面の指示に従って、ドライバーをコンピューターにインストールしてください。デバイスマネージャーがドライバーのインストールを完了したら、コンピューターを再起動してください。

方法3、専用ツールでiTunesを修復してみる

iPodサポートがコンピュータにインストールされていない場合、コンピュータ、特にiTunesがデバイスを認識する際に問題が発生する可能性があります。

その場合に、iOSデバイス向け専用のシステム修復ソフト – AnyFixを利用して修復してみてください。

AnyFixはiPhone/iPad/iPod touch/Apple TV向け専用のシステム修復ソフトで、iTunesの修復機能も搭載されています。このソフトを利用すると、iTunesが起動できない、iOSデバイスを認識しない、復元できないなど200+の問題を修復できます。

それでは、今すぐAnyFixをダウンロードしてiTunes問題を修復しましょう!

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Step 1.AnyFixを起動 > 「iTunes修復」をクリックします。

AnyFixでiTunesエラーを修復する(iTunes/iOSエラーを修復)

AnyFixでiTunesエラーを修復する(iTunes/iOSエラーを修復)

Step 2.iTunesエラーの種類によって、修復モードを選択します。それで、「今すぐ修復」ボタンをクリックします。

AnyFixでiTunesエラーを修復する(iTunes/iOSエラーを修復)

AnyFixでiTunesエラーを修復する(iTunes/iOSエラーを修復)

Step 3.iTunesエラーを分析いしていますので、少々お待ち下さい。

分析が終わったら、iTunesのエラー・バグ・不具合が一覧表示されます。黄色の感嘆符が表示された場合、iTunesのコンポーネントが壊れたです。壊れたコンポーネントを修復するには、「今すぐ修復」ボタンをクリックします。

AnyFixでiTunesエラーを修復する(iTunes/iOSエラーを修復)

AnyFixでiTunesエラーを修復する(iTunes/iOSエラーを修復)

Step 4.壊れたコンポーネントの数によって、少し時間がかかります。しばらくお待ちください。

修復が完了したら、次のページが表示されます。iTunesを再度起動して、問題を解決したか確認ください。

AnyFixでiTunesエラーを修復する(iTunes/iOSエラーを修復)

AnyFixでiTunesエラーを修復する(iTunes/iOSエラーを修復)

まとめ

以上はiPodサポートサービスがインストールされていない時の対処方法でした。3つの方法をまとめて紹介しますから、自分の必要によって適当な方法を選択して利用してみてください。

そして、AnyFixはワンストップソリューションとして、様々なiOS、iPadOS、tvOS、iTunesの問題解決に役立ちますから、今すぐダウンロードして体験しましょう!

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン