DFUモードとは?iPhoneをDFUモードから解除する方法

DFUモードとはiPhoneなどのiOS端末を強制的に更新する機能です。DFUモードから解除する方法が分からず、困っていますか。今回はDFUモードの解除方法を紹介させていただきます。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年10月29日

iPhoneを使用していると、様々なトラブルが発生します。再起動することで解決するものもあれば、最悪の場合はiOSを強制的に初期化しなければならないこともあります。ここで、DFUモードが役に立ちます。

iPhoneのDFUモードは「Device Firmware Update」の略で、iOSデバイス(iPhone/iPad/iPodなど)を強制的に最新のファームウェアにアップデートする方法です。DFUモードは、Appleの公式トラブルシューティング方法であるリカバリーモードに似ています DFUモードは、Appleの公式トラブルシューティング方法であるリカバリーモードに似ていますが、実際にはリカバリーモードからの復帰に失敗した場合の予備的な解決策として使用されることが多いです。つまり、iPhoneに致命的な問題が発生した場合、DFUモードであればiPhoneを復旧できる可能性があります。

iPhoneをDFUモードから解除する方法

基本的には、iPhoneが勝手にDFUモードに入ることはありませんが、DFUモードに入っても復旧できない場合があります。iTunesを使ってiPhoneを復元しようとすると、デバイスが初期化され、すべてのデータが削除されてしまいますが、データは失いたくありません。大切なデータを失わないために、ここでは、iPhoneを初期化せずにDFUモードを解除する方法をご紹介します。

DFUモードからのiPhoneの削除と復元は、思ったよりも簡単です。iPhoneをコンピュータに接続し、iTunesの実行中にiPhoneを強制再起動するだけです。

iPhoneを強制的に再起動させる方法

これからiPhoneを強制再起動(強制リセット)する方法を紹介します。iPhoneのモデルによって操作手順が異なるので、それぞれ解説しています。

1.iPhone X以降の場合

Step1、iPhone X以降の機種では、iPhoneの側面にある電源ボタンと音量ボタンを同時に長押しすることで、携帯電話を再起動することができます。音量ボタンは、「音量アップボタン」と「音量ダウンボタン」の2種類がありますが、どっちでもいいです。

Step2、長押しするとディスプレイにスライダーが表示され、そのスライダーをスライドさせるとiPhoneの電源が切れます。

Step3、その後、iPhoneの電源ボタンをAppleロゴが表示されるまで長押しする必要があります。

2.iPhone 7/7 Plusの場合

iPhone 7シリーズを強制的に終了させるには、ボリュームアップボタンとボリュームダウンボタンを同時に長押しします。

3.iPhone 6s/6s Plus/SE以前の端末の場合

iPhoneのディスプレイ下にホームボタンが設置されているiPhone 6モデル以前の機種では、ホームボタンと電源ボタンを同時に長押しすると、iPhoneを強制終了できます。

画像付きでiPhoneを強制再起動する方法>>

以上のことでiPhone端末が正常に再起動し、dfuモードを解除することができます。

以上はiPhoneをDFUモードから解除する方法でした。ぜひお試しください。皆さん、いかがですか?最後まで読んでいただいてありがとうございます!

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン