【2022】MP3音楽をアップルミュージックに入れる方法をまとめ!

本記事ではMP3音楽をアップルにミュージックを入れる方法3つを紹介します。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年12月23日

iPhoneユーザーはよくアップルミュージック(apple music)を使用するでしょう。確かに毎月980円だけでアップルミュージックの素晴らしいミュージックを楽しめることができますが、著作権や更新遅れのため、一部の音楽をダウンロードしたり楽しめたりすることができません。その時は、パソコン、CDあるいはほかのデバイスから保存した音楽をiPhoneのアップルミュージックに入れる方法がありますか?パソコンや専門ツールを使うとその問題を解決できます。

ここではパソコンからMP3音楽ファイルをiPhoneに転送する方法3つを紹介します。必要のある方がいればご参考にしてください。AAC/WMAファイルは同じ方法でiPhoneに入れることができますます。

Part1.専門ツールを利用してMP3ファイルをiPhoneに転送する方法

iTunesを使って、間違ってiPhoneのデータが上書きされてしまったと多くのユーザーから報告しました。iTunesは様々なエラーが発生しやすく、誤動作でiPhoneのデータを削除する可能性があるので、初心者にはあまりiTunesをおすすめしません。ここでは、無料で使えるツールAnyTransをおすすめしたいと思います。

専門ツールAnyTransを利用すれば、数クリックするだけで音楽導入&音楽管理&音楽転送ができます。そもそもAnyTransはiPhoneのデータ管理のため開発されたので、ユーザーの様々な問題を解決できるように、iPhoneをバックアップやファイル管理やアプリデータ転送などの多くの機能を備えています。無料で使えるのでAnyTransをダウンロードして試してみましょう。

これからはAnyTransでMP3ファイルをiPhoneに転送する方法を詳しく紹介します。

ステップ1、準備

パソコンでAnyTransをダウンロードして起動します。そして、USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

ステップ2、選択

①AnyTransのホーム画面の中での追加するボタンをクリックしてください。

データをデバイスに追加

データをデバイスに追加

②そして、次に出てきたファイル画面から導入したい音楽を選択して、「開く」のボタンをクリックします。

入れたい曲を選択

入れたい曲を選択

③カテゴリを確認してから次のステップに進んでください。それでMP3ファイルがiPhoneに転送する過程が始まります。

曲をiPhoneに移す

曲をiPhoneに移す

④しばらくすると、iPhoneにMP3ファイルが転送されます。転送後にiPhoneで確認してください。

AnyTransでMP3ファイルをiPhoneに転送する

AnyTransでMP3ファイルをiPhoneに転送する

Part2.iTunesを利用してMP3ファイルをiPhoneアップルミュージックに入れる方法

専門ツールを使わずiTunes経由でMP3ファイルをiPhoneに転送することもできます。そこで、これからはiTunesを使ってiPhoneへMP3ファイルを取り込みする方法を紹介します。

ステップ1、パソコンにiTunesを起動して、iPhoneをパソコンに接続します。

ステップ2、メニューで「ファイル」>「ファイルをライブラリに追加」の順番でクリックします。

ステップ3、iPhoneに転送したいMP3ファイルをiTunesライブラリに追加します。iPhoneの管理画面に入って、「ミュージック」>「音楽を同期」をクリックします。

ステップ4、しばらく経つと、MP3ファイルをiPhoneに転送完了します。

iTunesでiPhoneに音楽を転送できますが、以下の欠点もありますから、ご注意ください:

1.iPhoneに既存の音楽データが上書きして削除されて、iTunesライブラリの音楽データとまったく同じになります。

2.音楽を選択して追加できますが、プレイリスト、アーティスト。アルバムトジャンルだけで選択して同期、必要な曲だけを同期できません。

iTunesの使い方にあまり詳しくない人は、最初の方法①をご参照ください。

Part3. AirDropを利用してMP3ファイルをiPhoneに転送する方法

もしほかのiOSデバイスからダウンロードされていない音楽を転送したい場合は、AirDropを利用するのがお勧めします。パソコンも使わず簡単に音楽を共有できます。これからはiPadを例にしてMP3ファイルをiPhoneに転送する方法を紹介します。

ステップ1、iPhoneとiPadで「設定」>「一般」>「AirDrop」の順にタップします。

ステップ2、「連絡先のみ」/「すべての人」を選択して、「オンにする」をタップします。

ステップ3、iPhoneに「ミュージック」アプリを開き、iPadからiPhoneに共有したい曲を選択し、下の「…」をクリックします。AirDrop ボタンをタップし、コンテンツを共有したいユーザをタップしてください。

ステップ4、そして、iPhoneでは音楽転送の画面が出てきます。「受け入れる」をタップすれば音楽の転送が始まります。しばらく経つと、音楽の転送が完了します。

以上はパソコンを使わずiOSデバイス間で音楽を転送する方法です。でも、ただiOSデバイスの間のみで音楽を共有できます。

まとめ

iOSシステムの設定のため、iPhoneにネットですべての音楽をダウンロードしたり楽しめたりすることができません。アップルミュージックには多くの音楽がありますが、一部の音楽がアップデートされていない場合があります。その時は専門ツールAnyTransを利用すると、音楽を転送できます。iOSデバイス間での音楽転送ならば、AirDropを利用するのがお勧めします。以上で好きな音楽をアップルミュージックに入れる方法をまとめました。お困りの方がいれば、最適な方法を選択して試してください。

この記事がお好きになれば、お友達やご家族にシェアでお願いします。ありがとうございます!

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン