Apple Watchの容量確認とストレージを解放する方法

この記事は、Apple Watchの容量を確認する方法とデータを削除して空き容量を増やす方法を解説します。

ばくてい 最終更新日: 2020年12月08日

Apple WatchをWatch OSにアップデートの時、「容量不足でアップデートできない」ということはよくありますよね。こういう場合、Apple Watchにあるプログラムやデータを削除して、空き容量を増やす必要があります。

この記事は、Apple Watchの容量を確認&ストレージを解放のため、データを削除する方法を解説します。

Part1、Apple Watchの容量を確認する方法

Apple Watchの容量を確認して、各アプリがどのぐらいの容量に占めているかを確認してから、データの整理なんだかのヒントになれます。

では、具体的な確認方法を解説します。

Step1、iPhoneでWatchアプリを開きます。

Step2、「一般」に入り、画面を下にスクロールし、「使用状況」というオプションに入ります。

Step3、ここで、各アプリのストレージを使用状況を確認できます。

それを基準に、自分はどのアプリやどのデータを制限を設けるほうがいいのかを判断できますね。

次はApple Watchのアプリやデータを削除して、ストレージ容量を解放する方法を紹介します。

Part2、Apple Watchの容量を増やすには?

①Apple Watchの曲を削除する

1.iPhoneの「Watch」アプリに入ります。

「Watch」Appにアクセス

「Watch」Appにアクセス

 

 

2.「ミュージック」に入り、削除したい曲を押して、左へスワイプします。

すると、「削除」ボタンは表示されます。

「削除」ボタンを押すと、曲はApple Watchから削除されます。

Apple Watchの曲を削除する方法

Apple Watchの曲を削除する方法

②Apple Watchの「写真」が占める容量を制限する

「Watch」アプリで「写真」項目に入ります。

「写真」に入る

「写真」に入る

ここで、「選択された写真アプバル」からApple Watchに同期する「アルバム」を自分で決めることができます。

Watchに同期するアルバムを変更

Watchに同期するアルバムを変更

そして、下の「写真の容量」で、Watchに同期する写真の上限も制限できます。

③Apple Watchのアプリを削除・アンインストールする

方法は2つあります。「iPhoneから削除する方法」と「Apple Watchから削除する方法」です。

では、まずApple Watchからアプリを削除する方法を解説します。

Apple Watchで側面のボタンを押して、Appが並ぶ画面に戻ります。

Watchをアプリ並ぶ画面にする

Watchをアプリ並ぶ画面にする

次に画面を長押しします。すると、アプリはブルブル揺らしますので、削除できるアプリのところに「✖」が表示されます。

その「✖」をタップすると、アプリを削除することができます。

Watchからアプリを削除する方法

Watchからアプリを削除する方法

次はiPhoneからApple Watchのアプリを削除する方法を解説します。

iPhoneで「Watch」アプリを開きます。

ホーム画面で「Apple Watch上にインストール済み」というオプションがあります。そこで削除したいAppをタップして、次の画面で「AppをApple Watchで表示」オプションをオフにしてください。

iPhoneからApple Watchのアプリを削除する

iPhoneからApple Watchのアプリを削除する

まとめ

以上がApple Watchの容量を確認する方法と容量不足の時、データを削除して空き容量を増やす方法でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。この記事がお役にたちましたら、「いいね!」ボタンを押してまたはお友達にシェアしましょう~

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。