iTunesで「iPhoneのドライバがインストールされていません」が出た時の対策

ばくてい

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

パソコンでiTunesを使って、、iPhoneとの同期が出来なくなりました。繋げた際、「iPhone用のドライバがインストールされていません」というメッセージが出て、どうしたら良いでしょうか?この記事を読んだら、問題を解決するかもしれません。

最終更新日:2020年11月19日

iTunesの同期が出来ません。「このiPhoneに必要なドライバーがインストールされていません。Windows Updateの設定を確認しで下さい」って出てきます。パソコンに疎いのでなんのことかさっぱりなんです。

Yahoo 知恵袋 から

パソコンでiTunesを使って、iPhoneと同期することはよくありますね。しかし、お使いのWindowsまたはMacパソコンをアップデートした後、iTunesとiPhoneの同期ができなくなっています。「iPhone用のドライバがインストールされていません」というメッセージが表示されています。どうしますか?またはパソコン初心者にとって、ドライバとは何だろうと思いますよね。また、どうやって、ドライバーをインストールしますか?このガイドはiTunesとiPhoneを接続する時、「ドライバがインストールされていません」が出た場合の対策をご紹介します。

♦ドライバーをインストールさせることで、iPhoneをWindows 10が察知して使用できるシステムです。

iTunesで「iPhoneのドライバがインストールされていません」が出た時の対策

対策1.iTunesを最新バージョンにアップデートする

iTunesを開く > 「ヘルプ」 > 「更新プログラム」をクリックします。もしiTunesのバージョンが最新ではない、「新しい」バージョンのiTunesを利用できます。今すぐダウンロードしますか?」というメッセージが表示されます。「iTunesをダウンロード」をクリックしてください。

「iPhoneのドライバがインストールされていません」が出た時の対策 - iTunesをアップデート

「iPhoneのドライバがインストールされていません」が出た時の対策 – iTunesをアップデート

対策2.パソコンでiPhoneのドライバーがインストールされているかチェック

USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続する時、自動的に察知してドライバーをインストールするのが一般的です。「iPhoneのドライバがインストールされていません」が表示されたら、一度抜いてから、してみるのもいいでしょう。

対策3.ドライバを更新

Step 1.iPhoneのロックを解除し、ホーム画面を表示します > iPhoneをPCに再接続します。

Step 2.「スタート」ボタンをクリックしたまま押し続け (または右クリックして)、「デバイス マネージャー」を選択します。

Step 3.「ポータブル デバイス」セクションを探します。

Step 4.接続したiPhoneを探し、そのデバイス名を右クリックして、「ドライバの更新」を選択します。

Step 5.「ドライバー ソフトウェアの最新版を自動検索します」を選択します。

「iPhoneのドライバがインストールされていません」が出た時の対策 - ドライバを更新

「iPhoneのドライバがインストールされていません」が出た時の対策 – ドライバを更新

対策4.Apple Mobile Device USB Driver(ドライバ)を再インストール

Apple Mobile Device USB Driver(ドライバ)がインストールされていないと、iPhoneとWindowsを繋ぐことはできません。

以下の手順にそって、Apple Mobile Device USB Driver を再インストールしてください:

Step 1.iPhoneをコンピュータから取り外します。iTunes が開いたら、閉じます。

Step 2.iPhoneのロックを解除し、ホーム画面を表示します。また、USBケーブルでiPhoneをPCに接続します。

Step 3.キーボードの「Windows + R」キーを押して、「ファイル名を指定して実行」コマンドをアクセスします。

Step 4.「ファイル名を指定して実行」ウインドウに以下の通りに入力します > 「OK」をクリックします。

%ProgramFiles%\Common Files\Apple\Mobile Device Support\Drivers

「iPhoneのドライバがインストールされていません」が出た時の対策 - ドライバを再インストール

「iPhoneのドライバがインストールされていません」が出た時の対策 – ドライバを再インストール

Step 5.「usbaapl64.inf」ファイルまたは「usbaapl.inf」ファイルを右クリックして「インストール」を選択します。必ず、拡張子が「.inf」のファイルをインストールしてください。

「iPhoneのドライバがインストールされていません」が出た時の対策 - ドライバを再インストール

「iPhoneのドライバがインストールされていません」が出た時の対策 – ドライバを再インストール

Step 6.コンピュータからiPhoneを取り外して、コンピュータを再起動します。

Step 7.お使いのiPhoneをコンピュータに再び接続して、iTunesを開きます。

対策5.Apple Mobile Device USB Driver(ドライバ)を再起動

Step 1.iTunesをときます。またiPhoneが接続されている場合は、接続を外します。

Step 2.コンピュータのキーボードで「Windows + R」キーを同時に押して、「ファイル名を指定して実行」コマンドに開きます。

Step 3.「services.msc」と入力して「OK」をクリックします。

Step 4.「Apple Mobile Device Service」を右クリックして、ショートカットメニューの「プロパティ」をクリックします。

「iPhoneのドライバがインストールされていません」が出た時の対策 - ドライバを再起動

「iPhoneのドライバがインストールされていません」が出た時の対策 – ドライバを再起動

Step 5.「スタートアップの種類」ポップアップメニューを「自動」に設定します。

「iPhoneのドライバがインストールされていません」が出た時の対策 - ドライバを再起動

「iPhoneのドライバがインストールされていません」が出た時の対策 – ドライバを再起動

Step 6.「停止」をクリックしてサービスを停止します > サービスが停止したら、「開始」をクリックしてサービスを開始します > 「OK」をクリックします。

Step 7.コンピュータを再起動します > iTunes を起動してiPhoneを接続します。

対策 6. 1クリックでiTunesがiPhoneに接続できない問題を修復

もし上記の方法を使っても解決できない、または、より簡単な操作手順で修復したいなら、この対策6を参考にしてください。

1クリックでiTunesがiPhoneに接続できない問題を修復したいなら、iOSデバイス向け専用の修復ソフト – AnyFixダウンロードする必要があります。AnyFixはiOS修復&iTunes修復ツールとして、130種類以上のiOS、iPadOS、tvOSのシステム問題や200種類以上のiTunesエラーを安全に修復できます。

AnyFixを使えば、「iTunes同期が遅い」、「iPhoneがiTunesに表示されない」、「iTunesバックアップが終わらない」、「iTunesエラー」などのiTunesエラーをカンタンに修復できます。

それでは、さっそくAnyFixでiTunesエラーの修復手順を一緒にみてみましょう。

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

1. AnyFixを起動 > 右の「iTunes修復」機能をクリックします。「iTunesがiPhoneに接続できない」問題を解決するために、iPhoneをパソコンに接続する必要があります。

「iTunes修復」機能をクリック

「iTunes修復」機能をクリック

2. 「iTunes同期/CBDエラー」を選択 > 「今すぐ修復」ボタンをクリックします。

「iTunes同期/CBDエラー」を選択

「iTunes同期/CBDエラー」を選択

3. 次の画面でAnyFixで修復できる問題の種類を確認し、「今すぐ修復」ボタンをクリックします。

「今すぐ修復」ボタンをクリック

「今すぐ修復」ボタンをクリック

4. 完了するまで、少し時間がかかりますので、少々お待ち下さい。数十秒にわたって、修復が完了しました。それでiTunesを起動して、もう一度iPhoneと同期しましょう。

修復完了

修復完了

対策 7. AnyTrans APPを利用して、Wi-FiでiTunes(PC)とiPhoneを同期する

もし以上の方法を利用して、また問題を解決できないなら、 AnyTrans APPを利用して、PCとiデバイス間でデータを同期してみてください。AnyTrans APP – AnyTrans – 転送&共有はiTunesを利用しなくても、Wi-FiだけでデバイスとPC・スマホ間でデータを同期できます。そして、このアプリを利用したら、PCとデバイス間でデータを移す際、次のようなこともできます:

それでは、さっそく、このアプリを利用して、「iPhone用のドライバがインストールされていません」問題を解決してみましょう。

Step 1. iPhoneのApp Storeから「AnyTrans – 転送&共有」アプリをダウンロードします。

Step 2. コンピュータのブラウザを開いて、anytrans.ioにアクセス > ページにあるQRコードが表示 > AnyTrans – 転送&共有アプリを開く > アプリで「Web版に接続」をタップ > QRコードをスキャンしてください。

QRコードをスキャン

QRコードをスキャン

Step 3. 「アップロード」をクリックして、パソコンからiPhoneにデータを同期します。次の画面でデータを選択して、「ダウンロード」ボタンをクリックしたら、iPhoneのデータをPCに同期することもできます。

パソコンからiPhoneにデータを同期

パソコンからiPhoneにデータを同期

最後に

以上はiTunesとiPhoneを接続する時、「iPhone用のドライバがインストールされていません」というメッセージが表示された時の対策です。いかがでしょうか?iTunesとiPhoneを接続する時、ドライバが必要です。今すぐこの問題を解決しましょう。

もしこの記事がお役に立てれば「いいね」、「共有」をお願いします。

メールでのお問い合わせ
AnyTrans 無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 14,13,12,11,10,9,8,7,6,5