Windows 10/7でiTunesを起動しない時の対処法

Windows 10/7には何かしらの原因で、iTunesも起動できなくなっています。Appleユーザーにとって、iOSデバイスに必要なiTunesが起動しないなら、不便になっています。そこで、今回はiTunesが起動しない時の対処法をご紹介します。

ばくてい 最終更新日: 2020年08月13日

誰でも簡単にiOS端末のデータ管理を行える「AnyTrans®

AnyTransは iTunesの代替ソフトとしてiTunesで出来ることはほぼ全てでき、iTunesで出来ないこともAnyTransなら出来ちゃいます。iPhoneと iTunesの間、iPhoneと他のiOSデバイスの間でデータも自由に転送することができます。

パソコンをWindows 10/7 64bit・32bitにアップデートした後、iTunesを起動して、デバイスデータ管理を行っていたいですが、「適用できるアプリライセンスが見つかりません」またはほかのエラーで今までは普通に起動できていたiTunesは、突然起動しなくなることがありますか。これなぜでしょうか?いろいろな調べても、iTunesが立ち上がりません。この場合、どうしたら良いのでしょうか?それで、今回はWindows 10/7  64bit・32bitでiTunesを起動しない時の対処法について、詳しくご紹介します。

Part 1:【Windows 10/7の場合】iTunesを起動しない時の5つの対処法

方法 1、管理者として実行する

iTunesをインストールしたアカウントと現在ログインしているアカウントが異なる場合など、iTunesを起動する際、ある原因で起動権限が足りなく、起動に失敗することもあります。その場合は以下の手順で管理者として実行してください。

iTunesを起動 > iTunesアイコンの上で右クリックして「管理者として実行」を選択してみてください。

「管理者として実行」をクリック

「管理者として実行」をクリック

方法 2、セーフモードでiTunesを起動する

iTunesをセーフモードで起動することは定番のトラブルシューティング方法です。Windows 10 64bit・32bitでiTunesを起動しない場合、この方法を試してほしいです。

iTunesを起動する時、「Shift」+「Ctrl」を同時に押し続けば、iTunesをセーフモードで起動できます。

セーフモードでiTunesを起動する

セーフモードでiTunesを起動する

方法 3、Windowsを再起動する

Windows 10・Windows 7などのパソコンで何かしらの原因で不具合が起きていた場合、再起動でトラブルが解決できるケースが多いです。

まず「C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup」フォルダを開き、削除します。また、Windows10を再起動します。

Windows10を再起動する

Windows 10を再起動する

「C:\ProgramData」は隠しフォルダなので、見つかりません。まず、隠しファイルを表示する必要はあります。

「スタート」から「エクスプローラー」を選択します >エクスプローラーウィンドウが表示されたら、表示タブを選択して開きます > 「ファイル名拡張子」と「隠しファイル」にチェックを入れます。

方法 4、iTunesソフトウェアを修復する

アップルは、iTunesには何かしらの不具合で、設定データやアプリケーションファイルの破損を防ぐため、修復機能が用意されています。なので、Windows 10 64bit・32bitでiTunesを起動しない時、以下の手順に従ってiTunesの修復機能を使って問題を解決してください。

Step 1、「スタート」から「コントロール パネル」を選択します > 「プログラムのアンインストール」をクリックします。

iTunesソフトウェアを修復する

iTunesソフトウェアを修復する

Step 2、iTunesの上で右クリックして、「修復」をクリックします。

iTunesソフトウェアを修復する

iTunesソフトウェアを修復する

方法 5、iTunesを更新・再インストールする

いままでの対策を試してから、問題はまだ解決できないなら、iTunesを更新・再インストールしてみてください。

Part 2:【Windows/Mac両方向け】AnyFixを利用して数クリックでiTunesの問題を修復

AnyFixはiOSデバイス向け専用のシステム修復ソフトで、iTunesの問題を修復することも支持しています。このソフトを利用すると、数クリックでiTunesをダウンロード、インストール、更新できない、iTunesはiPhoneを認識しい、バックアップや復元、同期の途中にエラーが出るなど、200種類以上のiTunesエラーを修復できます。

しかも、WindowsとMac両方に対応していますから、今すぐダウンロードしてiTunesを起動できない問題を修復しましょう!

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Step 1.AnyFixを起動 > 「iTunes修復」をクリックします。

AnyFixでiTunesエラーを修復する(iTunes/iOSエラーを修復)

AnyFixでiTunesエラーを修復する(iTunes/iOSエラーを修復)

Step 2.iTunesエラーの種類によって、修復モードを選択します。それで、「今すぐ修復」ボタンをクリックします。

AnyFixでiTunesエラーを修復する(iTunes/iOSエラーを修復)

AnyFixでiTunesエラーを修復する(iTunes/iOSエラーを修復)

Step 3.iTunesエラーを分析いしていますので、少々お待ち下さい。

分析が終わったら、iTunesのエラー・バグ・不具合が一覧表示されます。黄色の感嘆符が表示された場合、iTunesのコンポーネントが壊れたです。壊れたコンポーネントを修復するには、「今すぐ修復」ボタンをクリックします。

AnyFixでiTunesエラーを修復する(iTunes/iOSエラーを修復)

AnyFixでiTunesエラーを修復する(iTunes/iOSエラーを修復)

Step 4.壊れたコンポーネントの数によって、少し時間がかかります。しばらくお待ちください。

修復が完了したら、次のページが表示されます。iTunesを再度起動して、問題を解決したか確認ください。

AnyFixでiTunesエラーを修復する(iTunes/iOSエラーを修復)

AnyFixでiTunesエラーを修復する(iTunes/iOSエラーを修復)

最後に

もし、Windows 10・7でiTunesが起動しないなら、以上の方法をご参考してください。iTunesがインストールできない時、WindowsパソコンでiTunesがインストールできない時の対処法をご読んでみましょう。また、どうしても問題を解決できなくてiTunesを利用できない場合、AnyTransという代替ソフトをダウンロードしてデータを同期・バックアップすることがおすすめです。

この文章が気に入っていただけたら、FacebookやTwitter、Google+に共有してくれると嬉しいです。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。