iPhoneとiPadを同期する方法2つ

ようれいけん

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの不具合をまとめて解決します。少しでも皆さんにお役に立てれば嬉しいです。

最終更新日:2017年11月02日

iPhoneとiPadの間で写真、連絡先、ビデオ、アプリなどのデータを自由にシェアしたいですが、その方法に困っていますか?本記事はiPhoneとiPadの間でiPhoneとiPadを同期する簡単な方法を詳しくご紹介します。

AnyTrans – iPhoneとiPadのデータを簡単に同期する

AnyTransはiPhoneとiPadの間で写真、メモ、連絡先、カレンダーなどのデータを簡単に同期することができます。さて、今すぐAnyTransをダウンロードして試しましょう。

現在、iPhoneとiPadを同時に持っている人が多くいますよね。なので、iPhoneとiPadの間でデータを同期する時があるでしょう?普通はiCloudで同期できますが、異なるiCloud IDで複数のiPhoneとiPadを管理するのは不便なんでしょう。そして、iCloudは音楽・ビデオなどの一部のデータが移行できません。この時、どうすれば良いのでしょうか?ここでは、iPhoneとiPadの間でデータを自由に同期できるソフト – AnyTransをおススメします。

なぜAnyTransをおススメするのか

AnyTransはiOSデバイスからパソコンへ、またはその逆、さらにiOSデバイスから別のiOSデバイスへと、自由に音楽や写真などの情報を同期できます。AnyTransを使って、iPhoneとiPadを同期する時、次の特性があります:

さて、早速AnyTransをダウンロードして試しましょう。

iPhoneとiPadを同期する方法

方法1:

Step 1、USBケーブルでiPhoneとiPhoneを同時にパソコンに接続します > AnyTransを開きます > 設備選択画面にiPhoneを選択します > アイコンをクリックして、お使いのデバイスコンテンツの管理画面に入ります。

iPhoneとiPadを同期する方法 1

iPhoneとiPadを同期する方法 1

Step 2、「デバイスへ」をクリックします。

iPhoneとiPadを同期する方法 1

iPhoneとiPadを同期する方法 1

Step 3、コンテンツを転送したい対象デバイスを確認してください。また、アイコンをクリックします。

iPhoneとiPadを同期する方法 1

iPhoneとiPadを同期する方法 1

Step 4、同期したいデータのカテゴリをチェックして、「次へ」ボタンをクリックします。

iPhoneとiPadを同期する方法 1

iPhoneとiPadを同期する方法 1

方法2:

Step 1、USBケーブルでiPhoneとiPhoneを同時にパソコンに接続します > AnyTransを開きます > マウスでスクロールして、「カテゴリから管理する」画面に入ります。iPhoneからiPadに同期したいデータの種類を選択します。ここで音楽を例にします。

iPhoneとiPadを同期する方法 2

iPhoneとiPadを同期する方法 2

Step 2、時間と手間を節約するために、iPadに同期したいだけを選択します > 「デバイスへ」アイコンをクリックします。

iPhoneとiPadを同期する方法 2

iPhoneとiPadを同期する方法 2

注:右上のアイコンをクリックすると、リスト表示に切り替えることができます。

AnyTransは「iOSへ引っ越し」機能を使うと、AnroidのデータもiOSデバイスに移行することができます。しかも、この機能は無料で使えます。

おすすめ記事:簡単な方法でAndroidからiPadにデータを移行する

最後に

こうすれば、iPhoneとiPadの間でデータを同期することができます。また、AnyTransを購入する前に無料トライアルの利用が可能です。製品を注文しても、60日間の返金保証も対応しております。ご安心ください。では、今すぐAnyTransをダウンロードして試しましょう。この記事が参考になりましたら、TwitterやFacebookでシェアをお願いします。

ホーム AnyTrans iPhoneとiPadを同期する方法2つ
メールでのお問い合わせ
AnyTrans

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

無料体験 世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!