iPhoneスクリーン タイムの「制限を無視」を非表示する方法【2022年】

この記事では、iPhoneスクリーン タイムの「制限を無視」を非表示する方法と解除方法3つを紹介いたします。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2022年04月14日

1.iPhoneのスクリーンタイムとは?

まず、スクリーンタイムとは?iPhoneの使用時間を把握したり、使用時間を制限したり、成人向けサイトを制限したりする機能です。このスクリーンタイム機能はiOS12以降から搭載されています。親としては、子どもにスマホを持たせるさまざまな不安があると考えられるため、スクリーンタイム機能がよく使われています。また、今のコロナ禍での在宅で、大人も夢中になってついつい想定外の時間を過ごしてしまうことが多いでしょう。つまり、スクリーンタイムは、スマホ利用時間をコントロールすることに役立つ機能です。

この記事では、スクリーンタイムという機能の設定、非表示する方法と解除方法3つを紹介いたします。

2.iPhoneでスマホに時間制限をかける方法

iPhoneでスマホに時間制限をかけたい場合に、よく使われているのは「スクリーンタイム」です。スクリーンタイム機能のメリットは、単に休止時間を制限するだけでなく、特定のアプリ、通信・通話、コンテンツとプライバシーなどに対して時間制限を設定することができます。今回は、特定のアプリにスクリーンタイムの設定方法を説明したいと思います。

<設定手順>

設定=>スクリーンタイム=>App使用時間の制限=>制限を追加

スクリーンタイム設定手順

スクリーンタイム設定手順

「制限を追加」をタップすると、スマホのApp項目が表示されます。そして、制限をかけたい項目を選択し、制限時間を設定することができます。これで、設定完了となります。

制限を追加

制限を追加 写真元:スマホロイド.com

でも、これまでの設定は完全にApp使用時間を制限したと言えません。なぜなら、制限時間を満たしても、スマホ利用者が簡単に延長する可能性があります。例えば、制限時間を満たした対象アプリを引き続き利用したい場合は、「制限を無視」をタップすることだけで制限を解除できます。では、簡単に制限時間を延長することを防ぐ方法がありますでしょうか?次は「制限を無視」を非表示する方法を説明したいと思います。

3.スクリーンタイム「制限を無視」を非表示する方法

上述のように、使用制限を設定していても、簡単に「制限を無視」から延長ができてしまいます。ゆえに、「制限を無視」を非表示にしたいと思う人がすく少ないです。実は、「スクリーンタイム・パスコード」を設定すると、「制限を無視」が非表示になります。それを代わりに「時間延長の許可を求める」が表示されます。それでは、一緒に設定してみましょう。
まずは、スクリーンタイムの設定画面に戻りましょう。そして、「スクリーンタイム・パスコードを使用」をタップして、パスコードを設定することができます。

スクリーンタイム・パスコードを使用

スクリーンタイム・パスコードを使用

これで、一旦制限時間が満たした対象アプリの使用時間を延長したい場合には、このパスコードが必要となります。親として、スクリーンタイム・パスコードの使用は、子どもが勝手に制限時間を延長することを防げますね。

4.スクリーンタイム・パスコードを忘れてしまった場合

もし設定したスクリーンタイムのパスコードを忘れたら、どうすればいいのか。以下の3つの対処法で解決してみましょう。

対処法1:Apple IDでスクリーンタイムパスコードをリセット(iOS 13.4以降が必要)

実は、iPhone本体で「スクリーンタイム・パスコード」を変更する際に、「パスコードをお忘れですか」という提示が表示されます。しかし、この方法はパスコード設定した際のApple IDやパスワードを覚える必要があります。以下は手順となります。

スクリーンタイムの設定画面で「スクリーンタイム・パスコードを変更」をタップします。そして、「スクリーンタイム・パスコードを変更」をタップします。次は、「パスワードをお忘れですか」が表示されます。それを押すとパスコード復旧画面に進めます。最後に、パスコード設定した際のApple IDとパスワードを入力してください。これで新しいスクリーンタイムのパスコードを入力することがでます。

スクリーンタイムのパスコードを入力する

スクリーンタイムのパスコードを入力する  写真元:https://prtimes.jp

対処法2:iTunesでiPhoneを初期化

iOS 13.4以前のiPhoneでは、スクリーンタイムパスコードのリセットには対応していません。そこで、端末を初期化する方法があります。

<初期化手順>

まず、iPhoneをケーブルでPCと接続してiTunesを立ち上げます。iPhoneに「PCを信頼するか」という提示が出ることがありますが、その際は「信頼する」を押します。正常に接続されると、iTunesの画面左側にiPhoneマークが出てきます。そのボタンを押すと、接続したiPhoneの概要・設定が見れます。続いて「iPhoneを復元」を押すと初期化が可能です。これで、お使いのiPhoneが工場出荷時の設定に戻して、スクリーンタイムパスコードも削除されます。
※バックアップを忘れないでください。
初期化する前には必ずiPhoneのバックアップを行えましょう。大切なデータが紛失されないように、定期的ににバックアップを行いた方が安全です。

対処法3:オススメ!AnyUnlockで一気に解除

スクリーンタイムはかなり役に立つ機能ですが、よくパスコードを忘れるとか、何かの原因で解除することができなくなったことがあります。このような時、AnyUnlockを試してください。これはiOSデバイスのスクリーンタイムを解除するために特に設定したプログラムです。たった何分間をかかって、簡単にデータを失わずスクリーンタイムを解除します。

AnyUnlockの特徴:

  • 完全 – iPhone画面ロック、Apple ID、MDMロック、iTunesバックアップパスワード、スクリーンタイムパスコードなどの解除に対応
  • 快適 – 専門知識が不要で、3ステップだけでパスコードを簡単に解除
  • 信頼 – 最先端の技術 + 24/7/365技術サポート = 業界最高の成功率

それでは早速、iOSデバイスのスクリーンタイムのパスコードを簡単に解除する動画チュートリアルをチェックしましょう!

<スクリーンタイムを解除する手順>

Step 1: AnyUnlockを起動して、iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続します。

無料体験ウイルス検査済み

無料体験ウイルス検査済み

「スクリーンタイムのパスコードを解除」をクリック

「スクリーンタイムのパスコードを解除」をクリック

Step 2: 「スクリーンタイムのパスコードを解除」項目に入って「今すぐ解除」をクリックします。

iPhoneスクリーンタイムパスコードがわからない時の解除方法

Step 3: iOS 12以降のデバイスなら、デバイスを暗号化してバックアップする必要がありますので、「OK」をクリックしてパスワードを設定してください。

iPhoneスクリーンタイムパスコードがわからない時の解除方法

iPhoneスクリーンタイムパスコードがわからない時の解除方法

Step 4: バックアップと解析のプロセスを待って、成功したら、iPhoneのスクリーンタイムのパスコードを削除できます。

結論

本記事ではスクリーンタイムの設定方法やスクリーンタイム・パスコードを忘れた時の解除する方法を紹介しました。もちろん高速かつ安全な方法はiPhoneパスワード解除マスターAnyUnlockを一番お勧めします。お使いのiPhoneの状況に応じて上記の対応策をお試してください。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン