iPhoneとMacの連絡先を同期する2つの方法

本記事は、iPhoneからMacへ、Macの連絡先をiPhoneへ同期する方法を2つ紹介します。

ばくてい 最終更新日: 2020年03月25日

他の言語で読む: Français

iOS 13・14に期待しているとき、多くの素晴らしい機能が追加されることも気付いているでしょう。その中で、最も重要な機能の一つは連続性です。Wi-Fi ネットワークにあるとき、Pad 、iPhone、Macで相互に電話通話をかけたり、受けたりすることができます。それは本当に素晴らしいです。

ただし、Macで電話をかけ、受ける前に、必要な準備をしなければなりません。Macの呼び出しに応答するとき誰かと通話するかを知ることができるように、iPhoneからMacに連絡先を同期する必要があります。したがって、この記事でiPhoneとMacの間で連絡先を迅速かつ簡単に同期する方法を2つ紹介します。

iPhoneからMacに連絡先を同期する方法

iPhoneとMacの連絡先を同期する方法

関連記事:iPhoneからiPhoneに連絡先を同期する方法 >

iCloud経由でMacとiPhoneの間で連絡先を同期

iCloudの同期機能を使えば、わざわざUSBケーブルを使わなくても、連絡先をかんたんに同期できます。それではまず、iCloudを利用し、MacとiPhoneの間で連絡先を同期する方法を解説します。

iCloud経由では、iPhoneとMacで両方とも設定しておく必要があります。

1.iPhone側:

①「設定」を開き、Apple IDの管理画面に入り、iCloudに入ります。

iCloudを開く

iCloudを開く

②「連絡先」を「オン」(緑の状態)にします。

iPhoneでicloud連絡先を有効化

iPhoneでicloud連絡先を有効化

2.Mac側:

①一番左上にあるアップルアイコン > 「システム環境設定」の順にクリックします。ここで、同じApple IDを登録します。

「システム環境設定」をクリック

「システム環境設定」をクリック

②iCloudをクリックしてくだい。すると、同じApple IDを登録します。

③iCloudの「連絡先」をチェックをいれ、MacでiCloudの連絡先を有効化にします。

Macでicloud連絡先を有効化

Macでicloud連絡先を有効化

すると、連絡先はiCloudへアップロードされ、MacとiPhoneの間で共有できます。MacやiPhoneで連絡先アプリを開けば、共有された連絡先を確認できます。

iCloudでは、USBケーブルもいりませんので、かなり便利だと思います。ただし、2つの欠点があります。

1.自分好みで連絡先リストを選べません。

2.完全に安全ではありません。なぜなら、iCloud同期イコールバックアップではありません。もしiCloud連絡先がオンになっている状態、MacかiPhoneの一方でコンタクトを削除されたら、同じApple IDを登録したデバイスから、そのデータもなくなります。

上記の悩みに困らせないために、2つ目の方法を紹介します。ご参考ください。

AnyTransでiPhoneとMacで連絡先を同期する方法

必要なツール

iPhoneからMacに連絡先を簡単かつ迅速に同期するには、プロなiPhone転送ツールは必要があります。AnyTransはそうのようなツールです。理由は:

  • iPhoneとコンピュータの間に、写真、ビデオ、音楽、E-ブック、連絡先、メッセージなど、たくさんのiPhoneデータの転送をサポートします。-どんなデータをiPhoneに同期しようと、AnyTransは手軽に実現できます。
  • 分かりやすく直感的なインタフェースがあります。-初心者やベテランにかかわらず、iPhoneとMacの間で連絡先をかんたんに同期できます。
  • 以前のデータを消去せずにiPhoneからコンピュータにデータを転送します。-お気に入るデータのみを転送し、既存なデータを失うことを心配する必要がありません。
  • iPhoneデータを編集・管理する機能を提供します。-お使いのデータをより良く、組織的に管理します。
  • 様々なフォーマットのファイルをエクスポートします。- csv、vcf のような読み取られるフォーマットで連絡先をエクスポートし、他のアプリにインポートします。

AnyTransはiPhoneの全てのモードをサポートしています。では、今すぐダウンロードしてみましょう

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

ステップ1:お使いのMacにAnyTransを起動 > USBケーブルでiPhoneとMacを接続 > ホーム画面の右にある 「その他」をクリックして、データの管理画面に入ります。

「その他」を選択

「その他」を選択

ステップ2:「連絡先」をクリック > 転送したいデータを選択 > 右上にある「Macへ転送」のアイコンをクリックします。すると、転送が始まります。

Macへ転送を選択

Macへ転送を選択

Macの連絡先をiphoneに同期したい場合:「連絡先」項目に入れたら、上の[追加ボタン]をクリックしてください。

すると、Mac上の連絡先ファイルを選択でき、iPhoneに同期できます。

注:このチュートリアルはiPadやiPod touchの場合にも適用します。

関連記事:iCloudからiPhoneの連絡先を復元する方法 >

まとめ

以上がiPhoneとMacの連絡先を同期する2つの方法です。iCloudでは、USBケーブルが使わずので、便利ですが、ただ、自分で同期したい連絡先を選べません。AnyTrans for iOSでは、自分で保存したい連絡先を選べますし、バックアップできます、万が一削除してしまった場合も安心できます。それでは、今からAnyTransをダウンロードして試してみませんか!

この記事に何か問題がございましたら、メールを送信し、またはコメント欄に書くことにより、お気軽にお問い合わせください。

より多くの人を助けることができるように、ソーシャルネットワークサイトでこの記事を共有しましょう。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。