Androidのスマホ充電が遅くなった原因と対策まとめ

この記事は、スマホの充電速度が遅い時の原因と対策について解説します。

ばくてい 最終更新日: 2021年03月31日

みなさん、Androidのスマホが古くなると、いきなり充電の速度は遅くなった、という体験はあるのでしょうか。特に朝の忙しいときや外にいるとき、バッテリーが急に切れてしまい、すぐに満タンにしたいですよね。そこで、なぜ充電速度が遅くなりますか。今日はAndroidスマホの充電が遅い原因と対処法を紹介したいと思います。

スマホの充電が遅くなる原因は主に以下の8つがあります。1つずつ紹介してみたいと思います。

Part 1. Androidのスマホ充電が遅くなった原因

1、充電器の出力が不足
2、スマホの充電口やケーブルが接触不良
3、スマホ電池の電量が完全になくなっている状態
4、充電ケーブルが故障している
5、携帯のOSが最新にアップデートしない
6、スマホにバッテリーの消耗が速いアプリを入れた
7、スマホのバッテリーの寿命が近づいている
8、Androidスマホが不具合発生

Part2 対策

携帯の充電スピードが急に落とすと、本当に困りますね。どういう風に対応すればいいですか。それぞれの原因に対する対処法をまとめました。ぜひ試してみてください。

1、急速充電に対応したACアダプタタイプの充電器とケーブルを使う

給電元の出力電流の数値が高いほど、短時間に充電を完了できます。パソコンからUSBポートでスマホを充電するのが、コンセントに直接差し込むACアダプタタイプより遅いのがその原因です。

それに、アダプタの出力電圧も充電時間に影響を与えます。例えば、ファーウェーのアダプタタイプ充電器は5.0A出力と2.0Aなどの仕様があり、5.0Aのほうがはるかに速いです。

携帯の充電スピードが遅くなったら、急速充電に対応したACアダプタタイプの充電器とケーブルを使うのはいいでしょう。

2、充電口とケーブルが接触状況を確認

充電口にほこりと汚れがたまったり、水が入ってしまったりすると、正常に充電できないかもしれません。

充電口、ケーブルの接続部も汚れを常にとってください。

3、バッテリーの完全放電をできるだけ避ける

バッテリーが完全放電されてしまうと、ケーブルと接続してもスマホが反応がなく、充電マークも表示しません。その場合に、しばらくお待ちください。数分後に、スマホの画面に充電ランプが点灯するはずです。いつもより充電スピードが遅くなりますが、満タンまで充電を続けてください。次回から正常化になるはずです。

完全放電はバッテリーにダメージを与えますので、できるだけ避けてください。

4、 充電ケーブルの故障を確認

充電ケーブルが断線、劣化、故障しているかもしれません。スマホはほぼ毎日充電する必要がありますので、ケーブルが知らないうちに古くなったり、壊れたりすることもあり得ます。

ケーブルの問題で充電のスピードに影響を与えます。新しい充電ケーブルを買い替えましょう。

5、AndroidスマホのOSが最新にアップデートする

AndroidなどでOSをアップデートした場合に、電量を数分で急に消費してしまう、充電が遅くなってしまうことがあります。

まず、OSが最新にアップデートしていないかを確認してください。以下のステップで確認してみましょう。

*機種によって若干の差異があります。(この記事では、HUAWEIを使って例にします。)

①「設定」の「システムと更新」をタップします。

②「ソフトウェア更新」をタップします。

ソフトウェアバージョンの確認

ソフトウェアバージョンの確認

③そこで、スマホのOSを最新バージョンにアップデートすることができます。

6、携帯にバッテリーの消耗が速いアプリをシャットダウンする

かーナビ、宅配関連のアプリは常に位置情報を発信しています。また、不具合発生のアプリも頻繁にデータ交換を行うため、スマホが急に熱くなったり、バッテリー消耗が早くなってしまいます。

以下のステップで、こういうアプリを見つけられます。

①「設定」の「バッテリー」をタップします。

②ここで電池消耗量の高いアプリを確認できます。

バッテリー消費の高いアプリを確認

バッテリー消費の高いアプリを確認

充電の際、電池消耗量の高いアプリをシャットダウンすれば、充電スピードは速くなるはずです。また、普段でも頻繁に起動しないことを心にかけましょう。

7、新バッテリー交換、寿命延長の設定をする

通常の場合、Androidスマホを2年以上使うと、バッテリーの寿命は近づくといえます。スマホバッテリーは充放電500回の後に、もう使えなくなると言われています。ケーブルも充電口もソフトも問題がないのに、充電のスピードは依然として遅ければ、バッテリーの寿命は近づいている可能性が高いです。

その場合、携帯ショップか、専門業者に頼んで、バッテリー交換をしましょう。

そして、自分の側からも充電の設定を行って、バッテリーの寿命を少し延長することができます。

例えば:Xperia8で「いたわり充電」を有効にすると、充電量が90%で止まり、バッテリーへの負担を軽減します。

【手順】

①設定 > 「バッテリー」の順にタップします。

②次に、「いたわり充電」をタップします。

③そこで、「いたわり充電」をオン(有効)にしてください。

いたわり充電をオンにする 引用元:sony

いたわり充電をオンにする 引用元:sony

8、「再起動」は意外に効果ある

スマホ自体に不具合が発生し、充電が遅くなっている可能性も考えられます。

浸水、落下などによる激しい破損は修理業者に出すしかないですが、何やらのソフト面の不具合は自分で簡単に解決するかもしれません。スマホを再起動してみると、意外に効果があるかもしれません。

電源ボタンを5秒以上押し、Androidスマホ「再起動」してみましょう。

Part3 まとめ

以上はAndroidのスマホ充電が急に遅くなった8つの原因とその解決策を挙げました。

充電のスピードが遅くなる原因は複数ありますので、ケーブル、充電口などのハード面や、電力消耗の激しいアプリなどのソフト面から、いろいろと考えてみましょう。

この記事がお役にたちましたら、お友達に共有いただければ幸いです。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。