今すぐAnyUnlockをダウンロードしてiOSデバイスから様々なパスワードを解除しよう

無料体験 購入する

AnyUnlockの使用方法

AnyUnlockオンラインガイドへようこそ!ここでは、Apple IDとiCloudアカウントの削除、画面ロックの解除、スクリーンタイムパスコードの解除、iOSデバイスに保存されているパスワードの管理、iTunesバックアップ暗号化の解除、およびiTunesバックアップパスワードの復元についての詳細なチュートリアルを用意されています。このガイドを読んだ後、またご質問がございましたら、弊社のサポートチームまでお気軽にお問い合わせください。7/24の顧客サポートが保証されます。

無料体験*ウイルス検査済み Windows/Mac対応 購入する*生涯無料アップグレード権付

開始

AnyUnlockをよりよく活用するため、次のガイドを参照して、このソフトの基本的な使い方、設定方法および登録方法を学びましょう。

無料体験版と有料版の違い

主な機能 無料体験版 有料版
Apple IDを削除
画面ロックを解除
スクリーンタイムのパスコードをスキャン
スクリーンタイムのパスコードを解除
iOSデバイスに保存されているパスワードを検出
iOSデバイスに保存されているパスワードを復元
iTunesバックアップのパスワードを解除
iTunesバックアップのパスワードをスキャン
iTunesバックアップのパスワードを復元

機能と制限

iMobieはいつも顧客満足度を最優先し、お客様にご満足いただける商品を提供できるよう努めて参ります。そのため、AnyUnlockを購入する前に次の制限条件を読むことをおすすめします。

機能 iOSバージョン 制限
Apple IDを削除 iOS 12以降 「iPhoneを探す」がオンの場合、Apple IDを削除することができません。
「iPhoneを探す」がオフの場合、Apple IDを削除できますが、データの紛失が可能ですから、よく考えてください。
iOS 10.2~iOS 11.4 「iPhoneを探す」がオンの場合、データの紛失がないでApple IDを削除できますが、手動ですべての設定をリセットする必要があります。
「iPhoneを探す」がオンの場合、データの紛失がないでApple IDを削除できます。
iOS 10.2 以前 「iPhoneを探す」がオンの場合、Apple IDを削除できますが、手動ですべての設定をリセットする必要があり、データを失う可能性もあります。
「iPhoneを探す」がオフの場合、Apple ID削除できますが、データを失う可能性もあります。
iOSデバイスの画面ロックを解除 iOS 7以降 画面ロックを解除すると、デバイス上のすべてのデータが消去されます。
「iPhoneを探す」がオンの場合、画面ロックを解除した後、iCloudアカウントとパスワードを入力してデバイスを設定する必要があります。
画面ロックを解除すると、iOSシステムはデバイスがサポートできる最新のバージョンにアップデートします。
スクリーンタイムのパスコードを解除 iOS 13以降 スクリーンタイムのパスコードを解除できますが、「iPhoneを探す」をオフにする必要があります。
iOS 13以前 スクリーンタイムのパスコードを解除できますが、「iPhoneを探す」をオフにする必要はありません。
iTunesバックアップのパスワードを解除 iOS 11以降 「iPhoneを探す」をオフにする必要があります。Apple IDやその他の設定は消去されず、データが失われることもありません。
iOS 11以前 「iPhoneを探す」をオフにする必要があります。しかし、Apple IDやその他の設定は消去され、データが失われる可能性があります。

基本的な使い方

コンピューターでAnyUnlockを起動すると、次のようなメインインターフェイスが表示されます。 必要に応じて機能を選択してください。

設定方法

AnyUnlockを十分に活用するため、ご利用の前に、AnyUnlockの設定方法をご覧ください。AnyUnlockは現在対応している言語は、英語、日本語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、アラビア語となります。初めてAnyUnlockを起動する時、メニューバーから必要な言語を選択/変更することができます。

認証方法

AnyUnlockを認証したら、制限なしですべての機能を楽しめます。すでにご購入いただいた場合、AnyUnlockのホーム画面で右上の ボタンをクリックしてメールアドレスと認証コード(オーダーID)を入力してください。間違えないように認証コードをコピー&ペーストしてください。 また、認証する際に、インターネット接続をご確認ください。

メールアドレスと認証コード(オーダーID)を成功に認証すると、「認証成功」というインタフェースが表示されます。