機内モードの状態で「iPhoneを探す」機能は使えるの?

本記事では、iPhoneが機内モードに切り替えたら、「iPhoneを探す」機能を使えるかどうかとのことについてご紹介します。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年08月02日

日常生活において、スマホは欠けない必要品の一つに違いはありません。スマホを利用し、友達と連絡したり、仕事場で資料を探したりすることは非常に便利です。それに、スマホには個人情報やクレジットカードなど大事なプライバシーもあります。そのため、そんなに重要なツールが紛失されたら、さぞ慌ててどうしようもないでしょう。

しかし、iPhoneの場合、「iPhoneを探す」機能が搭載され、スマホが無くなってもご心配する必要がありません。この機能を使えば、デバイスの大まかな場所が分かれる他、盗難されて悪用を防ぐ為に遠方からロックすることもできます。

とはいえ、iPhoneが機内モードの状態になったらオフラインの場合だと、「iPhoneを探す」機能はまだ使えるのでしょうか。本記事では、これについて皆様に解説していこうと思ってもります。

1.「iPhoneを探す」機能の使い方

まずは、オンラインの場合、「iPhoneを探す」機能の使い方を皆様に紹介いたします。具体的な手順は下記で書いております。ご参考ください。

① ご自身のApple IDで、iCloudにサインインすることをよくご確認ください。

② ホーム画面より、「設定」を開いて一番上の「ユーザー名」をタップします。

写真元:time-space.kddi.com

写真元:time-space.kddi.com

③ それで、「iCloud」を選択し、「iPhoneを探す」をタップしてオンに設定してください。

写真元:time-space.kddi.com

写真元:time-space.kddi.com

 

「iPhoneを探す」機能はGPS情報がなければ使えないですので、位置情報もオンに設定してください。設定の方法も下記で記録しております。

① ホーム画面より「設定」を開き、「プライバシー」を選んで、「位置情報サービス」をタップします。

写真元:time-space.kddi.com

写真元:time-space.kddi.com

②それで、「システムサービス」に入り、「iPhoneを探す」をオンにします

写真元:time-space.kddi.com

写真元:time-space.kddi.com

これで、「iPhoneを探す」機能が使えることになります。これから、iPhoneを失ったとしたら、どうやって「iPhoneを探す」機能を利用し、スマホを探すのかの件について具体的な手順を解説したします。

① ホーム画面より「iPhoneを探す」をタップしてから、探したいiPhoneのApple IDおよびパスワードを入力します。

写真元:time-space.kddi.com

写真元:time-space.kddi.com

② それで、サインインしているiPhoneが画面の下に表示され、当該するものを選択したら、現在地が明らかにします。「アクション」をタップすると、「サウンドを再生」、「紛失モード」、「iPhoneを消去」することができます。

写真元:time-space.kddi.com

写真元:time-space.kddi.com

以上が「iPhoneを探す」機能の使い方ですが、機内モードとのオフラインの場合になったら、この機能はまだ使えますか。

2.機内モードでiPhoneを追跡できますか

ほとんどの場合、答えは「いいえ」です。これは、デバイスを追跡するための「位置情報サービス」には通常、ネットワーク接続が必要なためです。したがって、機内モードでオフラインのときにiPhoneを追跡するのは非常に困難です。ただし、iPhoneのBluetoothがオンになっている場合は、機内モードであってもデバイスを追跡できる可能性があります。

iPhoneは、iOS14以降で「Find My Network」機能が搭載しされています。Bluetoothを使用し、オフラインの場合でも電話を追跡できます。紛失したiPhoneの近くにiPhoneがある場合、デバイスはBluetoothを介して電話を検出し、iPhoneのおおよその位置をiCloudに送信します。

3.パスワードを忘れたら、AnyUnlockで「iPhoneを探す」をオフにする

「iPhoneを探す」機能は確かに便利ですが、他人に自分の居場所を暴露する恐れもあります。では、どうやって「iPhoneを探す」機能をオフにしますか。通常として、この機能をオフにする時、必ずApple IDのパスワードを入力しなければなりません。

従って、パスワードを忘れてしまう場合、専門なアプリAnyUnlock – アクティベーションロック解除を試してみてください。AnyUnlock – アクティベーションロック解除を利用すると、数クリックでパスワード不要でApple IDを削除できます。いくつかの注意点があるので、下記に列挙いたします。ご参考ください。

① 「iPhoneを探す」がオフの場合、全ての端末からApple IDを削除でき、データ紛失もありません。

② 「iPhoneを探す」がオンの場合

iOS10.2~iOS11.4のデバイスで、Apple IDを削除でき、データをなくす恐れもありません。iOS 10.2以前のデバイスで、Apple IDを削除できますが、データは消去されます。iOS12.0以降のデバイスで、Apple IDを削除できません。

③ Apple IDを解除後、端末のコンテンツと設定を消去したり、iTunesを使って復元したりしないでください。消去や復元すると、再起動後にデバイスをアクティブ化するには元のAppleIDが必要のため、AnyUnlock経由でApple IDを再度削除することができません。

「iPhoneを探す」をオフにする手順

1.パソコンにAnyUnlock – アクティベーションロック解除をダウンロードしてインストールします。

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

2.USB経由でiPhoneをパソコンに接続して「「iPhoneを探す」をオフにする」機能を選択、「開始」をクリックします。

「iPhoneを探す」をオフにできないときの対策

「iPhoneを探す」をオフにできないときの対策

3. 脱獄する前に、iPhoneの情報を確認してください。「脱獄開始」をクリックします。

「iPhoneを探す」をオフにできないときの対策

「iPhoneを探す」をオフにできないときの対策

4.「iPhoneを探す」を無効にするには、DFUモードにする必要があります。次の手順をご参考にしてください。

「iPhoneを探す」をオフにできないときの対策

「iPhoneを探す」をオフにできないときの対策

5. 脱獄が終わったら、次の画面が表示されます。注意点を確認して、「今すぐオフにする」ボタンをクリックしてください。

「iPhoneを探す」をオフにできないときの対策

「iPhoneを探す」をオフにできないときの対策

6.「iPhoneを探す」をオフにしています、少々お待ち下さい。

「iPhoneを探す」をオフにできないときの対策

「iPhoneを探す」をオフにできないときの対策

7.「iPhoneを探す」をオフにするプロセスが終わったら、次の手順でiPhoneで「探す」の状態を確認してください。そして、「次へ」ボタンをクリックします。

「iPhoneを探す」をオフにできないときの対策

「iPhoneを探す」をオフにできないときの対策

8.Apple IDを削除中、少々お待ち下さい。

「iPhoneを探す」をオフにできないときの対策

「iPhoneを探す」をオフにできないときの対策

9.前のApple IDを削除したら、「iPhoneを探す」機能もオフにしました。

「iPhoneを探す」をオフにできないときの対策

「iPhoneを探す」をオフにできないときの対策

免責事項: AnyUnlock – アクティベーションロック解除は、iPhone/iPad/iPod touchユーザーがアクティベーションロックを回避し、自分のデバイスで「探す」をオフにできるように設計されています。個人での使用に限られます。AnyUnlock – アクティベーションロック解除を商業目的または違法な目的で悪用することは禁じられています。

まとめ

以上が「iPhoneを探す」の使い方および機内モード状態の利用方法を皆様に紹介いたしました。この機能があってこそ、スマホを紛失してしまっても、解決方法があるので安心させます。しかし、他人に追跡される恐れもあります。パスワードなしの場合、AnyUnlock – アクティベーションロック解除アプリを使って「iPhoneを探す」をオフにしてください。安全リスクを最低限に抑えてください。是非今回ご紹介した内容を皆様に参考していただければと思っております。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン