不要なデータを削除してiCloudストレージを整理する方法

5GBだけの無料ストレージが足りない場合に、どうすればよいのでしょうか?このガイドは不要なデータを削除して容量不足の問題を解消する方法をご紹介します。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年07月28日

iCloudの無料ストレージスペースは5 GBに限られているので、いつの間にか容量が不足になるかもしれません。

重要なデータをバックアップしようと、容量不足でバックアップが出来ない警告が出たらどうしますか?特に、いくつかのデバイスを持っているユーザーにとっては、より多くの容量を購入するのに大金を費やします。

もしあなたはiCloudストレージスペースを解放する簡単な方法を探していれば、以下のガイドをお読みください。

方法1: iCloudのバックアップデータを削除

古いバックアップデータが不要になって削除したいなら、お使いのiOSデバイスで以下の手順に従って操作してください:

Step 1: お使いのiPhoneで「設定」>「名前」>「iCloud」>「ストレージを管理」の順でタップ します。

iCloudストレージ管理に入る

iCloudストレージ管理に入る

Step 2: 「バックアップ項目」で不要なバックアップに入り > 「バックアップを削除」をクリックしていらないバックアップデータを削除します。

バックアップを削除

バックアップを削除

注: もしバックアップ全体を削除したくないなら、不要なアプリデータを個別に削除することもできます。

方法2:iCloudの書類およびデータを削除

iCloudの「書類およびデータ」には対応するアプリのデータが保存されて、各デバイスの間で同期します。もしいらないデータがあれば、次の操作で削除してiCloudストレージを整理してください:

Step 1: お使いのiPhoneで「設定」>「名前」>「iCloud」>「ストレージを管理」の順でタップ します。

Step 2: 「書類およびデータ」項目で対応するアプリをタップ > 「書類とデータを削除」をタップして削除します。

iCloudの書類およびデータを削除

iCloudの書類およびデータを削除

方法3:iCloudに同期した写真を削除

iCloud写真を有効にすれば、iCloudへ写真を自動的にアップロードして安全に保存できますが、長く使うと、大量の写真がiCloudの空き容量を消費します。そのため、ここで、iCloudに同期した写真を削除する方法をご紹介します。

Step 1: お使いのiPhoneで「設定」>「名前」>「iCloud」>「ストレージを管理」の順でタップ します。

Step 2: 「写真」項目で「iCloudフォトライブラリー」をタップ > 「無効化して削除」をタップ > 「写真とビデオを削除」をタップして写真を消します。

iCloudに同期した写真を削除

iCloudに同期した写真を削除

注: 無効化した後、30日間以内であれば写真とビデオを再ダウンロードできます。

iCloudの無料ストレージは5GBだけですから、サイズが大きなファイルをバックアップしたい場合、iCloudバックアップよりiTunesバックアップを利用するほうがいいと思います。

方法4:AnyTransでiCloudデータを一括に管理

上記の方法でお使いのiOSデバイスでiCloudに不要なデータを削除できますが、削除するデータの詳しい情報を確認することが不可能です。特に、iCloudバックアップのデータをチェックして削除したい場合には、どうすればよいのでしょうか?

実は、iPhone/iPad/iPod向け専用のデータ管理ソフト-AnyTrans を利用すると、iCloudに同期したデータ、また、バックアップされたデータを一括に転送・削除・管理できます。

なぜこのソフトをおすすめしますか、以下の理由があります:

  • iCloudに同期した写真、ビデオ、メモ、カレンダーなどのデータを確認・削除・PCへ転送できる
  • データを一括に削除するか、選択して削除するか、自由に選択できる
  • すべてのデータを一括に管理でき、iCloudストレージを簡単に整理できる
  • 使いやすい操作で、初心者やパソコンに苦手な方も使える

それでは、さっそくAnyTransの無料体験版をダウンロードして、iCloudのストレージを整理して容量不足を解消しましょう。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Apple認定開発者によって開発されたツール – AnyTransにウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアなどの有害なものは一切含まれていません。

AnyTransをダウンロードしてインストールしたら、以下の操作手順を参考にしてください。

Step 1:AnyTrans を起動 > 左側で「iCloud管理」をクリック > 「iCloudにログイン」をクリック > Apple IDとパスワードを入力してサインインします。

iCloudにサインイン

iCloudにサインイン

同期したデータ管理:右上のデータ種類をクリックしてカテゴリで整理する画面に入ります。ここで、「写真」を例とします。

iCloudに同期した写真を選択

iCloudに同期した写真を選択

すると、iCloudに同期した写真を管理できます。ダブルクリックして写真をプレビューでき、「削除」ボタンをクリックして削除でき、「ダウンロード」ボタンをクリックしてパソコンに転送できます。

削除したい写真を選択して「削除」ボタンをクリック

削除したい写真を選択して「削除」ボタンをクリック

パソコンでiCloudストレージスペースを解放

Macの場合:「アップルメニュー」>「システム環境設定」 > 「iCloud」 > 「管理」をクリックして左側のバックアップを選択して、iOSデバイスのバックアップを削除します。

Windowsの場合:iCloudコントロールパネルを開く > 「管理」をクリックして左側のバックアップを選択して、iOSデバイスのバックアップを削除します。

最後に

以上はiCloud容量不足を解消するため不要なデータを削除してストレージを整理する方法です。いかがでしたか?

そしてここで紹介していたツール-AnyTransの無料試用版は3日間で一日に30項目の転送ができます。また、製品を注文した場合も60日間の返金保証があるので万が一でも安心できます。今すぐAnyTrans の無料試用版をダウンロードして試しましょう。

もしこの文章はお役に立ちましたら、お友達と共有しましょう。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン