iCloud容量不足の時ストレージを解放する方法

要約

iCloudでバックアップする時容量不足でバックアップが出来ない警告が出たことがよくありますよね。この時はどうしますか?この文章はiCloudストレージスペースを解放する攻略を紹介します。

青山ゆきみ

2015年04月30日

by

Follow @iMobie_Inc

PhoneRescue – 個人データ復旧ツール

PhoneRescue – 個人データ復旧ツール

iMobieのPhoneRescueは、お使いのデバイスに復旧したいデータをすべて選択的に復旧することができます。より多機能を楽しむように、今すぐダウンロードしてください。

iCloudの無料ストレージスペースは5 GBに限られているので、いつの間にか容量が不足になるかもしれません。重要なデータをバックアップしようと、容量不足でバックアップが出来ない警告が出たらどうしますか?特に、いくつかのデバイスを持っているユーザーにとっては、より多くの容量を購入するのに大金を費やします。もしあなたはiCloudストレージスペースを解放する簡単な方法を探していれば、以下のガイドをお読みください。

iOS デバイスでiCloudストレージスペースを解放

iCloudストレージスペースを解放しようと、不要なバックアップを削除するか、必要なしのバックアップオプションをオフにするか、または個人データを整理するか、どちらでもiCloudストレージ不足の改善に有効です。具体的な手順は以下のようにご参考ください。

不要なバックアップを削除:「設定」 > 「iCloud」 > 「容量」 > 「ストレージを管理」 > に入って、バックアップと書類およびデータが表示されます。使用可能の容量もボトムラインに示されます。不要なバックアップや書類とデータを削除して、iCloudストレージの容量が解放されます。

ストレージを管理

ストレージを管理

必要なしのバックアップオプションをオフに:「設定」 > 「iCloud」に入って、必要に応じてのデータオン/オフを設定してください。

iCloudの項目をオン/オフに

iCloudの項目をオン/オフに

個人データを整理:「設定」 > 「iCloud」 > 「容量」 > 「ストレージを管理」に入って、「書類およびデータ」が表示されます。不要な書類とデータを選択して削除します。

iCloudの無料ストレージは5GBだけですから、サイズが大きなファイルをバックアップしたい場合、iCloudバックアップよりiTunesバックアップを利用したほうがいいと思います。それに、より多くのデータをバックアップしようと、制限なしのiOSデバイスファイル転送ソフト―AnyTransをご利用ください。もしiOSデバイス上のデータがなくなったら、iMobieのPhoneRescueを使ってiOSデバイスのデータを取り戻すことができます。

パソコンでiCloudストレージスペースを解放

Macでは:「アップルメニュー」>「システム環境設定」 > 「iCloud」 > 「管理」をクリックして左側のバックアップを選択して、iOSデバイスのバックアップを削除します。

Windowsでは:iCloudコントロールパネルを開く > 「管理」をクリックして左側のバックアップを選択して、iOSデバイスのバックアップを削除します。

もしこの文章はお役に立ちましたら、お友達と共有しましょう。

ご質問を私達に送信して、24時間以内に答えを得ます 質問を聞き
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください