写真をMacからiPadに移行する方法「四つの方法」

どうやってMacからiPadに写真を移行しますか?本記事では、Macを中心に、この問題を明らかにしようと思っております。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年12月14日

写真をどうやってMacからiPadに移行するか、さぞ初めてiPadを使う方にとって困ります。そのため、本記事では、写真をMacからiPadに移行する方法を四つまとめて皆様にいちいち解説していきます。

始める前

Macは年月が経つにつれて遅くなる傾向があり、容量が不足になります。Macを常に高速な状態を保つために、重複ファイル、悪質cookieなど不要なファイルを定期的に削除する必要があります。最近リリースされたMacCleanというソフトは1-クリックでMacを全面クリーンアップできます。また、ウイルス対応&メンテナンスなど便利な機能もあります。MacCleanをダウンロードして、お使いのMacのパフォーマンスを最適化しましょう!


1.iTunesを使ってMacからiPadへ写真を移行する

この方法ではいくつかのデメリットがあります。例えば、iPadに既存の写真が上書きされます。同期できるデータ種類が限られ、ミュージック、PDF、ムービーなどだけです。

では、上記のデメリットをよく注意した上で、具体的な操作手順を下記でございます。ご参考ください。

1.USBケーブルでiPadをMacに接続します。そして、MacでiTunesを起動し、「iPad」ボタンをクリックします。

2.左側の「設定」から「写真」を選んで、「写真の同期」欄にチェックを入れ、選択したい写真を選んでから、右下の「適用」ボタンをクリックします。

3.そこで、Macの写真がiPadに同期されます。

2.iCloudを使ってMacからiPadへ写真を移行する

iCloudを使って、MacからiPadへ写真などの転送するステップが簡単です。この方法のデメリットはiCloudの容量は5GBだけ無料で使えます。写真などのしめ容量が大きいですので、iCloudの空き容量が足りない時、お金を払わなければなりません。では、具体的な操作手順を下記でございます。

1.Macでインターネットブラウザを開き、WebバージョンのiCloudにアクセスし、ご自分のApple IDおよびパスワードを入力してください。

2.「写真」を選んで、iPadへ転送したい写真をMacからアップロードします。

3.iPadのホーム画面より「設定」を開き、「iCloud」に入って「写真」をタップします。そして、「iCloudフォトライブラリ」のスイッチをオンにします。

4.そうすると、先ほど、Macからアップロードした写真がiPadに同期されます。

3.AirDropを使ってMacからiPadへ写真を移行する

AirDropの機能がすごく便利で、ここでは、AirDropを活用し、MacからiPadへ写真を転送する方法を解説します。

1.MacでFinderを起動し、「AirDrop」のボタンをクリックし、「全ての人」を選択します。

2.そして、MacのAirDropがiPadに認識されるまで、少々お待ちください。認識したら、iPadへ移行したい写真をドラッグしてドロップします。

3.そうすると、iPadの画面に写真を共有するかどうかのメッセージが出てきますので、「受け入れる」ボタンをタップします。ここまで、MacからiPadへ写真を移行するステップが終わりです。

4.AnyTransを利用してMacからiPadへ写真を移行する

MacからiPadへ写真を移行するには、専門のiOSコンテンツ転送ツール – AnyTransを強くおすすめします。Macから各機種のiPad/iPod/iPhoneに写真を移せるだけでなく、AnyTransは次のようなメリットも持っております:

1.Mac上の必要な写真だけをiPadなどに転送できます。

2.iTunesと違い、iPadに既存のデータを上書きされないです。

3.高速な転送速度で、1000枚の写真なら5分くらいで転送できます。

4.写真だけでなく、音楽や動画、着信音、電子書籍などのデータもMacからiPadへ転送可能です。

AnyTransは有料版と無料体験版の二種類が用意されております。まずは無料体験版をダウンロードして使ってみると良いかと思っております。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

では、具体的な操作手順を下記で記録します。ご参考ください。

1.AnyTransを起動し、USBケーブルでiPadをMacに接続します。ホーム画面で真ん中のプラスボタンをクリックします。

データをiPadに追加

データをiPadに追加

2.MacでiPadに転送したい写真を複数選択し、「開く」ボタンをクリックします。

送りたい写真を選択

送りたい写真を選択

3.次には、受信先のアプリを選択してください。「次へ」ボタンをクリックします。

受信先のアプリを選択

受信先のアプリを選択

4.しばらくすると、Macの写真がiPhoneに転送されました。それで、お使いのiPadでMacからの写真を確認しましょう。

転送完了

転送完了

まとめ

以上がMacから写真をiPadに移行する場合の四つの解決方法です。iTunes、iCloud、AirDropはぞれぞれのデメリットとメリットがあります。比較的には、シンプルで高品質なiOSコンテンツ転送ツールAnyTransが強くオススメです。是非ダウンロードして使ってみてください。

Macから写真をiPadに移行する場合は、是非今回ご紹介した内容をご参考にしていただければと思います。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン