最新版のiPad OSにアップデートできない場合の対処法

最終更新日:2019年08月26日

お使いのiPadに最新版のiPad OSをインストールして体験したいが、エラーが発生したり、検証中に止まった進めなかったり、ダウンロード中に止ったりしてアップデートできないこともよく発生します。その場合に、どうすれば解決できますか?今回の記事では、iPad OSをアップデートできない原因と対処法と5つまとめて紹介しますから、同じ問題にあった方は、ぜひ参考にしてください。

1.iPad OS 13の対応機種を確認

まず、お使いのiPadはiPad OS 13にアップデートできるかどうかを確認してください。次はiPad OS 13のベータ版にアップデートできるの対応機種で、どうぞご確認ください。

2.インタネット回線の状況をチェック

お使いのiPad OSをアップデートする際、「アップデートを検証中」、「ダウンロード中」、「アップデートを要求しました」などが表示されて、次のステップに進まない状況があります。

それは、インタネットの速度が遅い、または、安定していない場合によく発生しますから、安定のWi-Fiに接続してiPad OSにアップデートしてください。

3.アップデートファイルを削除して再ダウンロード

ようやくiPad OSのアップデートファイルをダウンロードしましたが、インストールことができなくなりました。それはダウンロードしたファイルが壊れましたかもしれませんので、アップデートファイルを削除して再ダウンロードしたら解決できます。

手順: 「設定」>「一般」>「iPadストレージ」の順でタップしてアップデートファイルを削除 > 削除したら、再びiPad OSのアップデートファイルを再ダウンロードしてインストールしてみてください。

4.ストレージの空き容量を確保

お使いのiPadで最新版のiPad OSにアップデートする際、アップデートファイルをダウンロードする必要がありますので、もしiPadの空き容量が足りないなら、アップデートできないです。そのため、iPad OSにアップデートする前に、ストレージの空き容量を確保してください。

AnyTrans for iOSはiPhone/iPad/iPod向け専用のデータ管理ソフトで、利用すると、パソコンでiPad上のデータを簡単に転送して削除できます。一括・選択して管理できますから、データ管理に役立っています。また、AnyTrans for iOSは、無料試用版と有料版が用意されています。まずは無料試用版をダウンロードして、使い勝手を体験してみるのがいいかもしれないね。

AnyTrans for iOSのインターフェイス

AnyTrans for iOSのインターフェイス

5.iPad/iPad Proを再起動

もし上記の方法を使っても解決できませんなら、お使いのiPadを再起動してください。再起動は不具合解消の通常方法で、利用してみてください。iPadの電源を落として再度入れたらできますから、簡単です。

最後に

以上は最新版のiPad OSにアップデートできない場合の対処法です。いかがですか?もしiPad OS 13のベータ版にアップデートする際、同じ問題にあったら、ぜひ上記の方法を試してください。最後まで読んでありがとうございました。もしこの記事がお役に立ったら、TwitterやFacebookにシェアをお願いします。