iOSアップデートが終わらない/進まない時の対処法

iPhone/iPad/iPodは無線ネットワークを経由して直接iOSをアップデートできますが、「アップデートを検証中」「iCloud設定をアップデート中」「Apple IDを設定中」「アップデートを準備中」などが表示して進まない時もあります。この記事は「iOS アップデート 終わらない」と「iPhone アップデート 終わらない」の解決方法をまとめてご紹介します。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年09月22日

手元のiPhone/iPad/iPodは無線ネットワークを経由して、直接iOS 15/14にアップデートできます。一方、アップデート途中に「アップデートを検証中」、「iCloud設定をアップデート中」、「Apple IDを設定中」、「アップデートを準備中」と表示され、前に進みません。または、iCloudの利用規約画面からフリーズして全然動きません。それとも、アップデートファイルのダウンロードがかなり時間かかって、なかなか終わりません。もしそのような状況になったら、どうすればいいのでしょうか?そこで今回は、iOS15/ 14/13のアップデートが終わらない/進まない時の対処法をいくつご紹介します。

Part 1:無線ネットワーク経由でiPhoneをアップデートする方法

無線ネットワーク経由でiPhone/iPad/iPodをアップデートしたいなら、次の手順に従って操作してください。

1.「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」の順でタップしてアップデートを確認します。

2.「ダウンロードとインストール」をタップしてパスコードを入力します。

3.ボタンが「アップデートを要求しました」「ダウンロード中」「アップデートを準備中」に変わり、iOSをアップデートし始まります。

4.完了したら、ポップアップで「今すぐインストール」をタップしてインストールします。

5.インストール中はAppleのロゴが表示され、インストールの状況を表すゲージが表示されます。インストールが完了したら、iPhoneが再起動されます。

無線ネットワーク経由でiPhoneをアップデート

無線ネットワーク経由でiPhoneをアップデート

  1. iOS 15にアップデートしたいなら、こちらの記事を参考にしてください。
  2. 「自動アップデート」項目を有効にすれば、ダウンロード終了後、ソフトウェア・アップデートが夜間に自動的に実行されます。アップデートを完了するには、iPhoneは充電器およびWLANに接続されていけなければなりません。
  3. 上記の手順でiOSをアップデートできますが、アップデートが進まない・終わらない場合もあります。以下のような場合にあったら、次のパートを参考にしてください。
    • アップデートを確認したいが、「アップデートを確認できません。」が表示されました。
    • アップデートのダウンロードにかなり時間がかかります。
    • ダウンロードする時、「アップデートを要求しました」「ダウンロード中」「アップデートを準備中」が表示されますが、進まなくなります。
    • ダウンロードしてから、「アップデートを検証できません」が表示されました。
    • アップデートのインストール中、進行状況バーが遅々として進まないです。

Part 2:iOSアップデートが終わらない原因

場合によってiOSのアップデートが進まないこともありますから、原因は大きく次の4つです。

原因1、アップデートに必要な空き容量が不足

ソフトウェア・アップデートをダウンロードしてインストールするには、空き容量を確保する必要があります。もし空き容量が足りないなら、ダウンロードやアップデートすることもできなくなりました。そして、iPhoneストレージの使用状況を確認したいなら、次の手順に従って操作してください。

「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」の順でタップして確認します。

アップデートに必要な空き容量が不足

アップデートに必要な空き容量が不足

原因2、バッテリーが十分に充電されていない

iPhone/iPad/iPodのアップデートは時間がかかりますから、アップデート中で充電が切れましたら、アップデートも中断します。デバイスのバッテリーが切れた場合は、デバイスを電源に接続し、デバイスの電源を入れて、アップデートまたは復元が完了するのを待ちます。

バッテリーが十分に充電されていない

バッテリーが十分に充電されていない

原因3、Wi-Fi・電波の通信が遅い

iOSをアップデートするには、インタネットに接続する必要があります。そして、アップデートのダウンロード時間は、アップデートのサイズやネットワークの速度によって異なります。しかも、アップデートを確認・検証する場合に、インタネットへの接続も必要なので、iPhoneのアップデートが終わらないや進まない場合に、Wi-Fiの通信が弱いことは1つの原因です。

Wi-Fi・電波の通信が遅い

Wi-Fi・電波の通信が遅い

原因4、サーバに接続できない

新しいバージョンのiOSがリリースされる時、アップデートして試したい方が多いですから、ダウンロードの遅延やエラーのせいでサーバに接続できないこともよく発生します。

そういう場合に、改めてiPhoneのiOSをアップデートしてみてください。

Part 3:iPhoneのアップデートが進まない時の対策

上記の原因でiPhoneのアップデートが進まない場合に、どうすればよいのでしょうか?ここで、7つの方法をまとめてご紹介しますから、参考にしてください。

方法1: 専用ツールで直接にiPhoneをアップデート

AnyFixとはiPhone/iPad/iPod touch/Apple TV向け専用のシステム修復ソフトで、利用すると、130以上のシステム問題を修復できます。そのため、もしiOSアップデートが終わらない場合に、AnyFixを利用して修復するのをおすすめします。

しかし、実は、AnyFixで修復機能以外、「iOS/iPadOSのアップグレード・ダウングレード」機能も搭載されているので、直接このソフトでiPhoneをアップデートすることもできます。

それでは、今すぐAnyFixをダウンロードして使ってみてください。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

1.AnyFixを起動してiPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続します。

2.ホーム画面で「iOS/iPadOSのアップグレード・ダウングレード」をクリックします。

「iOS/iPadOSのアップグレード・ダウングレード」をクリック

「iOS/iPadOSのアップグレード・ダウングレード」をクリック

3.左側の「1-クリックでiOS/iPadOSをアップデート」を選択してから「スタート」をクリックします。

「スタート」をクリック

「スタート」をクリック

4.アップデートできるのiOSバージョンが展示されて、対応するファームウェアバージョンをダウンロードしてから、右下の「アップグレード」ボタンをクリックします。

「アップグレード」ボタンをクリック

「アップグレード」ボタンをクリック

すると、アップデートプロセスを待って、完了するまでデバイスをパソコンとの接続を切断しないでください。

AnyFixでiOSをアップデート

AnyFixでiOSをアップデート

AnyFixの修復機能を利用したいなら、こちらの記事を参考にしてください。また、修復機能を利用するには、以下のような注意事項があります。

  1. AnyFixはデバイスのハードウェアの問題を修復できません。
  2. 修復が完了すると、デバイスはサポートされている最新のOSバージョンにアップデートされます。
  3. 標準モードで修復するには、デバイスに800M以上の空き容量が必要です。
  4. パソコンのネットワーク接続をご確認ください。
  5. 標準モードを選択すると、デバイスのデータを削除しないですが、高級モードと最高級モードを選択すれば、データは消去されます。

方法2、いらないデータを削除して空き容量を確保

問題を解決するため、または、iOS 15/14にスムーズにアップデートするため、出来るだけお使いのiOS 15/14デバイス上のいらないデータを削除・大容量のデータをパソコンに移して空き容量を確保したほうがいいです。

しかし、どのようにiPhoneからパソコンにデータを移せますか?ここでは、AnyTransというiOSデバイス専用の転送ツールをおすすめします。このツールを使えば、メッセージ/連絡先/動画/写真/メモ/アプリなど25種類のデータを移行できます。早速ダウンロードして無料体験しましょう

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

iPhoneをPCに接続

iPhoneをPCに接続

iPhoneとPCの間でファイルを自由に転送する方法

方法3、デバイスを電源に接続したままにしておく

iOSのアップデート時間は場合によって異なりますから、アップデート中、電源が切れることも発生できます。そのため、iPhoneをアップデートしたいなら、デバイスを電源に接続したままにアップデートするのをおすすめします。

方法4、安定かつ高速なWi-Fi環境でアップデート

アップデートの確認・ダウンロード・検証などはインタネットに接続する必要があり、安定かつ高速なWi-Fi環境でアップデートできるなら、ダウンロード時間を短縮して、確認や検証もスムーズに進めます。そして、もし同じネットワークで再度試しても終わらないなら、別のネットワークを使ってみてください。

方法5、iPhone/iPad/iPodを再起動・強制再起動

デバイスを再起動することは通常方法ですから、iPhoneを更新する場合に問題にあったら、デバイスを再起動・強制再起動してみてください。

iPhone 8以降の機種なら、電源ボタンといずれの音量ボタンを押し続けます。スライダをドラッグしてデバイスの電源を完全に切ります。

iPhone 8以前の機種なら、サイドボタンを電源オフスライダが表示されるまで押し続けて、スライダをドラッグして電源を切ります。

iPhoneを再起動・強制的に再起動する方法

方法6、アップデートを一度削除して再ダウンロード

アップデートをダウンロードしてからインストールできない場合は、アップデートを削除してもう一度ダウンロードしてみることで解決する可能です。次の手順に従って操作してみてください。

1.「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」の順にタップしてアプリリストでアップデートを探します。

2.アップデートを選択、「アップデートを削除」をタップして削除します。

3.「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」の順にタップして最新のアップデートを再度ダウンロードします。

アップデートを一度削除して再ダウンロード

アップデートを一度削除して再ダウンロード

方法7、iTunesでiOSをアップデート

OTAでiPhoneを更新できる以外、iTunesを利用してiOSをアップデートすることもできますから、どうしても終わらない・進まないなら、iTunesでiOSをアップデートしてみてください。

1.iPhone/iPad/iPodをパソコンに接続してiTunesを起動します。

2.デバイスアイコンをクリップして「概要」画面で「アップデート」をクリップしてください。

iTunesでiOSをアップデート

iTunesでiOSをアップデート

Part 4:iOSアップデート後、設定で終わらない時の対策

iOSアップデートをスムーズにダウンロードしてインストールしましたが、iPhoneを設定する場合に、画面がフリーズして前に進まなくなります。そんな時、次の部分の解決策を参考にしてください。

Part 1、iCloud利用規約画面からフリーズして前に進まない場合

iPhone/iPad/iPodを設定する時、AppleのiCloud利用規約を同意しなければなりません。しかし、「利用規約に同意する」のボタンをタップする時、突然、画面がスリーズして前に進まなくなります。その時には、次の2つの対処法を試してください。

方法 1、お使いのiPhoneを再起動する: iOSデバイスのフリープボタンを長押しして、スライドで電源をオフにします。スクリーンが真っ黒になってから、もう一度フリープボタンを長押しして、iPhoneを再起動します。

方法 2、iTunesを利用してリカバリーモードからiOSデバイスを復元する:もし方法1でiOS端末は正常な状態に戻らなかったら、次の方法を試してください。

– この方法を使ってから、お使いのiOS端末は工場出荷状態に戻りますので、予めiOSデバイスをバックアップしておく必要があります。そうすると、 iOS端末のデータを復元できます。- この方法はiOS10.0.3以下のバージョンに適用します。

1. iOS 15/14のフォームウェアアップデートをダウンロードします。

2. デバイスの電源をオフにする > iOS端末のホームボタンを押しながら、USBケーブルでパソコンに接続 > リカバリーモードに入ります。

3.iTunesを開く > ホーム画面にポップアップが表示される > Altキー(Windowsの場合はShiftキー)を押して、「復元」をクリックします。

4.ダウンロードしたiOS 15/14のフォームウェアップデートを選択 > iOS 15/14に復元します。

5.iTunesまたiCloudバックアップからiOS 15/14のデータを復元します。

iOS 15/14へアップデート中に終わらない/進まない場合の解決策

iOS 15/14へアップデート中に終わらない/進まない場合の解決策

iOS15/14/13へアップデート中に利用規約から進まない場合の解決方法

Part 2、「iCloud設定をアップデート中」・「Apple IDを設定中」から終わらない場合

「iCloud設定をアップデート中」から終わらない

「iCloud設定をアップデート中」から終わらない

iOS 15/14アップデートしてから、「Apple IDを設定中」、「iCloudの設定を完了するには○○のパスワードを入力してください」の画面にiCloudのパスワードを入力して次に進むと、真っ白い画面に「iCloud設定をアップデート中」または「Apple IDを設定中」というメッセージが表示されて、そのまま先に進めなくなりました。その時、どうすればいいのでしょうか?そこでここで、そんな悩みを解決する方法をお伝えします。

1.電源ボタンを長押す > 電源を切れる > iOS 15/14端末を再起動します。

2.設定に戻る > iCloud設定画面で、「この手順をスキップ」を選択します。

3.そうすれば、iPhoneで「iCloud設定をアップデート中」から終わらない問題を解決できました。

「iCloud設定をアップデート中」から終わらない場合

「iCloud設定をアップデート中」から終わらない場合

お使いのiPhone 13,iPhone 12,iPhone 11,iPhone XなどのiPhoneを復元する時、「iCloud設定をアップデート中」/「Apple IDを設定中」から終わらない問題にも適用します。

おすすめ記事:デバイスから無効な反応が返ってきたため、iPhoneに接続できませんでした>

終わりに

以上はiOS 15/14へのアップデートが終わらない・進まない場合の対策です。自分の必要によって、適当な方法を選択して試してください。そして、何かご質問がございましたら、遠慮なくご連絡ください。また、もしiOS 15/14デバイスの音楽をMac・Windowsに転送したいなら、こちらの記事を読んでください:iPhoneからPCに音楽を転送する>

最後、もしこの文章はお役に立てれば、お友達と共有していただきませんか?

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン