iPhoneのIPAファイルをMac/Windowsに抽出する方法

iPhoneアプリのIPAファイルをPCに保存する方法を探しますか?iTunes12.7以降、アプリ管理機能がなくなって、IPAファイルも保存できなくなりました。だが、最新のAnyTransを使用すると、iPhoneのIPAファイルの抽出とインストールも簡単にできます。そこで今回はiPhoneのIPAファイルをPCに抽出する方法をご紹介します。

ばくてい 最終更新日: 2020年11月27日

Macで動く M1チップの登場後、iPhoneアプリケーションとiPadアプリケーションも、これからはMac上で直接動かすことができるようになります。それから、iPhoneのIPAファイルをPCに抽出したい方もいっぱいいます。特に、IPAファイルをM1チップ搭載のMacに取り出して、動きたいでしょう。

Part 1.iPhoneのIPAファイルをMac/Windowsに抽出する方法

iTunes12.7以降、iPhoneのアプリをパソコンにバックアップできなくなりました。なので、iPhoneのIPAファイルをMac/Windowsに抽出するには、iPhoneデータ管理ソフトAnyTransをおすすめします。

AnyTransとは

AnyTransとはiPhone/iPad/iPod touch向け専門的なアプリ管理ツールで、利用すると、アプリ本体のIPAファイルを抽出したパソコンにバックアップできます。そして、AnyTransは以下のようなメリットを持っています:

  • iPhoneで購入済みのIPAファイルをPCに抽出して保存できる
  • M1チップ搭載のMacに取り出されたIPAファイルを直接実行できる
  • 抽出したIPAファイルをiPhoneに再インストールすることもできる。
  • バックアップしたIPAファイルをダウングレードしたい時に利用できる。
  • IPAファイル抽出だけでなく、このソフトでアプリのアップデート、削除なども支持する。

では、さっそくAnyTransをダウンロードして、iPhoneのIPAファイルを抽出してPCにバックアップしましょう!

AnyTransでiPhoneのIPAファイルをMac/Windowsに抽出する

Step 1: AnyTransをダウンロード&インストールします。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Step 2: AnyTransを起動 > USBケーブルでiphoneとパソコンを接続 > 左のメニューバーから「Appダウンロード」を選択します。

iPhoneのIPAファイルをMac/Windowsに抽出する - 「Appダウンロード」を選択

iPhoneのIPAファイルをMac/Windowsに抽出する – 「Appダウンロード」を選択

Step 3:「サインイン」をクリックして、抽出したいアプリに関しているApple IDを登録します。

iPhoneのIPAファイルをMac/Windowsに抽出する - iCloudサインイン

iPhoneのIPAファイルをMac/Windowsに抽出する – iCloudサインイン

Step 4:抽出したいアプリを入力して検索します。右のダウンロードアイコンをクリックしてください。

抽出したいアプリをダウンロード

抽出したいアプリをダウンロード

Step 5: ダウンロードが終わると、「ライブラリ」に入ってください。Macに抽出したいアプリを選択して、右上の「iMacへ」ボタンをクリックします。

.ipaファイルを抽出

.ipaファイルを抽出

Step 6:それでしばらくすると、iPhoneの.ipaファイルをPCに抽出しました。「ファイル表示」をクリックすると、Macで.ipaファイルを確認できます。

転送完了

転送完了

Part 2.MacでiOSアプリをダウンロードして実行する方法

Step 1:まずPart 1の方法でiPhoneの.ipaファイルをMacに抜き出します。

Step 2:Macで.ipaファイルをダブルクリックします。

Macで.ipaファイルをダブルクリック

Macで.ipaファイルをダブルクリック

Step 3:Macで.ipaファイルを実行するには、「サインイン」をクリックします。

「サインイン」をクリック

「サインイン」をクリック

Step 4:Apple IDのパスワードを入力して、「サインイン」をクリックします。

Apple IDのパスワードを入力

Apple IDのパスワードを入力

Step 5:Macにインストールしたアプリをクリックし起動します。

インストールしたIPAファイルを起動

インストールしたIPAファイルを起動

Step 5:それで、M1チップ搭載のMacでiPhoneのアプリを実行できるようになりました。

インストールが成功しました

インストールが成功しました

Part 3.M1チップ搭載のMacでIPAファイルを実行できない

.ipaファイルはAnyTransでを利用してエクスポートできますが、MacでIPAファイルを実行できない事例も相次いて発生します。「アップデートが必要として起動できず」、「問題が起きたため、App Storeが開けません」など問題があります。なぜでしょうか?それにどうしたらいいでしょうか?

M1チップ搭載のMacでIPAを実行できない原因

  1. Mac App Storeでアプリを提供しない
  2. macOS用に未確認
  3. M1チップセットと互換性がない
  4. Mac App Storeで表示されているアプリ
  5. 加速度センサーやジャイロ、マルチタッチジェスチャー、メラやGPSなどがiPhoneもしくはiPad固有のハードウェアに依存している機能はMacに最適化されていない

M1チップ搭載のMacでIPAを実行できない対処法

上記の問題は一時的なものだと考えられます。

IPAファイルのアプリがMac App Storeで表示されていると、Mac でインストールできません。なのでそのアプリをMac App Storeから直接ダウンロードしてください。

最後に

以上はiPhoneのIPAファイルをPCに抽出する方法とMacでIPAファイルを実行する方法です。いかがですか?もしiOSアプリ本体をパソコンにバックアップしたいなら、ぜひAnyTransをダウンロードして使ってみてください。

以上、参考になれば幸いです!この記事を気に入っていただけたら、TwitterやFacebookでシェアをお願いします。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。