「iPhoneを探す」をオフにする方法

がみ

Follow @iMobie_Inc

Apple製品のファンで、iOSデバイスをもっと気楽に利用する小技を皆さんにシェアしたいと思います。

この記事はiPhoneを探す機能をオフにする方法をご紹介します。iPadを探す、iPodを探すをオフにするにも適用します。

最終更新日:2019年02月13日

iPhoneを紛失したり盗まれたりした場合の対策として、iPhoneを探すという機能を使う方が多くいます。「iPhoneを探す」をオンにすれば、iPhoneの位置情報を確認でき、iPhoneのデータを消去することもできて、非常に便利です。

しかし、iPhoneを譲渡・売却する時に、個人情報を守るために、「iPhoneを探す」をオフにした方がいいと思います。

それでは、当記事は「iPhoneを探す」をオフにできない方のために、「iPhoneを探す」をオフにする方法を画像付きで解説していきます。

「iPhoneを探す」をオフにするには

Step 1、「設定」 > 「iCloudユーザー名」 > 「iCloud」 > 「iPhoneを探す」の順にタップします。

「iPhoneを探す」をオフにする方法 1

「iPhoneを探す」をオフにする方法 1

Step 2、「iPhoneを探す」ボタンを左にスワイプして、iCloudパスワードを入力して、「オフにする」をタップすれば、iPhoneを探すをオフにすることができます。

「iPhoneを探す」をオフにする方法 2

「iPhoneを探す」をオフにする方法 2

万が一iCloudのパスワードを忘れた場合、こちらの記事を参考してください:iCloudのパスワードを忘れた場合の対処方法

追加Tip

iPhoneを紛失して、見つからないからiPhoneを探す機能を利用してすべてのデータを消去しましたが、数日後に突然iPhoneが現れたって経験がありませんか?iPhoneを見つかったのが嬉しいですが、全てのデータがなくなたので困りますね。そういう状況に応じるために、常にiPhoneをバックアップすることをオススメします。

そして、iPhoneをバックアップする方法というと、周知の通りにiTunesを利用する方法とiCloudを利用する方法があります。しかし、今日は、もっと簡単で、便利な方法をオススメします。それは、iOS向けのデータ転送ツールAnyTrans for iOSを利用する方法です。

AnyTrans for iOSとはなんですか?AnyTrans for iOSは何ができますか?

AnyTrans for iOSは安全ですか?

では、AnyTrans for iOSでiPhone/iPad/iPodのデータをバックアップする方法を簡単に説明しましょう。

Step 1、まずはAnyTrans for iOSをパソコンにダウンロード&インストールします。それからUSBケーブルでiPhoneをパソコンに接続して、AnyTrans for iOSを起動します。

今すぐ無料おためしウイルス検査済み

今すぐ無料おためしウイルス検査済み

Step 2、「PCへ」をクリックします。

iPhoneをバックアップする方法 2

iPhoneをバックアップする方法 2

Step 3、iPhoneのデータを選択してPCにバックアップします。

iPhoneをバックアップする方法 3

iPhoneをバックアップする方法 3

それで、選択されたiPhoneのデータをPCにバックアップすることができます。

もし特定の種類のデータの一部だけをバックアップしたいなら、ボタンをクリックして、カテゴリからコンテンツを管理する画面に入って操作を行ってください。

最後に

以上、「iPhoneを探す」をオフにする方法及び万が一のためにiPhoneデータをバックアップする方法です。いかがでしょうか?もしこの記事がお役に立てれば、FacebookやTwitterなどにシェアをお願いします。

ホーム AnyTrans ® for iOS 「iPhoneを探す」をオフにする方法
メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

今すぐ無料おためし世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!