パソコンにiTunesをインストールできない時の対策

パソコンでiTunesをインストールできない時、どうすれば解決ですか?この記事は、iTunesをインストールできない場合の対策をご紹介します。

ばくてい 最終更新日: 2020年08月26日

iPhoneユーザーにとって、iTunesは不可欠なデータ同期&管理ソフトでしょう。Macの場合はiTunesがデフォルトソフトとしてインストールされたのですが、Windowsの場合は自力でiTunesをインストールする必要はあります。しかし、WindowsパソコンはiTunesとの相性がよくないので、iTunesをインストールできないエラーがよくあります。この問題を解決するために、ここではiTunesをインストールできない時の対策をいくつか紹介します。

パソコンにiTunesをインストールできない問題を解決する方法

方法1、Windowsをアップデートする

iTunesをインストールには、Windowsの最新アップデートをインストールする必要があります。

Windows10の場合:スタートメニュー > 設定 > 更新とセキュリティの順にクリックし、Windowsアップデートのところに「ダウンロードしてインストール」を選択してください。後は指示に従ってアップデートしてください。

Windows10 更新

Windows10 更新

Windows7の場合:スタートメニュー > すべてのプログラム > 「Windows Update」を探したらそれをクリックくてください。次の画面で 「更新プログラムの確認」を選択、右の「更新プログラムのインストール」をクリックします。あとは指示に従ってアップデートしてください。

Windows7 更新

Windows7 更新

方法2、古いバージョンのiTunesをインストールする

もしWindows XPやWindows Vistaなどの古いOSが実行しているパソコンを使っているなら、最新バージョンのiTunesをパソコンにインストールできません。その場合、古いバージョンのiTunesをインストールしてください。

お使いのパソコンに対応しているiTunesバージョンをチェック&ダウンロードするには、こちらを参考してください:アップル – サポート – ダウンロード>

方法3、パソコンを再起動する

方法4、ウイルスソフトを一時的に無効またはアンインストールする

パソコンにインストールされているウイルスソフトウェアは、iTunesのインストールに制限をかけるかもしれませんので、パソコン上のウイルスソフトを一時的に無効またはアンインストールしてください。

方法5、パソコンに管理者としてログインする

パソコンに管理者としてログインしていない時、iTunesをインストールできない場合があります。従って、iTunesをインストールする時、パソコンに管理者としてログインしてください。

パソコンに管理者としてインストールする方法は、次の部分を参考してください:

Step 1、「スタート」ボタンをクリックして、「コントロールパネル」を選択します。

Step 2、「ユーザー アカウントと家族のための安全設定」に入って、「ユーザーアカウント」に入ります。

Step 3、 表示されたアカウント名の下に 「Administrator」 (管理者)が表示されているかを確認します。

管理者としてログインしているかを確認する

管理者としてログインしているかを確認する

Step 4、「Administrator」としてログインしていない場合は、次の手順で管理者としてログインすることに変更してください:

  • PCのデスクトップで「コンピューター」を右クリックして、「管理」を選択する。
  • 「コンピューターの管理(ローカル)」欄の下にある「ローカル ユーザーとグループ」 > 「ユーザー」に入る。
ユーザーに入る

ユーザーに入る

  • 「Administrator」をクリックして、「アカウントを無効にする」前のチェックを外して「OK」をクリックする。
「アカウントを無効にする」前のチェックを外す

「アカウントを無効にする」前のチェックを外す

  • パソコンを再起動して、ログイン画面から「Administrator」アカウントを選択してログインする。

方法6、Apple関連プログラムを削除してからiTunesを再インストールする

iTunesをインストールする途中でエラーが発生してインストールできないなら、次の手順に従って、Apple関連プログラムを削除してからiTunesを再インストールしてください:

Step 1、パソコンで「スタート」ボタンをクリックして、「コントロール パネル」に入ります。

Step 2、「プログラムのアンインストール」をクリックします。

Step 3、次のプログラムを以下の順番に削除してください:

  • iTunes
  • Apple Software Update
  • Apple Mobile Device Support
  • Bonjour
  • Apple Application Support (32 ビット)
  • Apple Application Support (64 ビット)
Apple関連プログラムを削除する

Apple関連プログラムを削除する

Step 4、パソコンを再起動して、iTunesを再インストールします。

ご注意:Apple Software Updateが正しくアンインストールできない場合は、次の解決方法を参照してください:

Apple Software Updateを削除する

Apple Software Updateを削除する

お見逃しなく:iTunesがアップデートできない場合の解決方法 >

方法7 iTunesを修復する

上記の方法が面倒でよくわからないと思い、または上記の6つの方法を試しても解決できないでしたら、AnyFixを使ってiTunesを修復してみてください。AnyFixはApple製品專門の修復ツールです、iPhoneはもちろん、iTunesのインストールエラーも修復できます。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

では、Anyfixを使ってiTunesをインストールできない問題の修復を解説します。

1、AnyFixを立ち上げ、「iTunes修復」をクリックします。

「iTunes修復」をクリック

「iTunes修復」をクリック

2、iTunesインストール/ダウンロードエラーオプションを選択し、「今すぐ修復」をクリックします。

iTunesインストール/ダウンロード/アップデートのエラーを選択

iTunesインストール/ダウンロード/アップデートのエラーを選択

3、すると、AnyFixは問題を分析し始めます。分析が完了したら、次の画面は表示されます。ここで「今すぐ修復」をクリックしてください。

「今すぐ修復」をクリック

「今すぐ修復」をクリック

4、「修復完了」の画面が表示されたら、次の画面は表示されます。これで、iTunesのインストールエラーが修復されました。

修復が完了

修復が完了

最後に

以上の方法を参考して、パソコンでiTunesがインストールできないエラーを解決してみませんか?iTunesを使う時、もしiPhoneと同期できない不具体があったら、iPhoneとiTunesが同期できない時の対策を参考してください。もしこの記事が気に入っていただけたら、FacebookやTwitterにシェアしてくれると嬉しいです。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。