iTunesのライブラリや曲が消えた場合の対処法

iTunesライブラリに保存している曲や音楽が消えたら、どうすればいいですか?このガイドは、iTunesから曲が消えた時の復元方法を5つご紹介します。

ばくてい 最終更新日: 2021年02月23日

iTunesのライブラリと曲が突然消えたことに会ったことはありますか?

特にiTunesを更新したり、パソコンの設定を変更したりした後、iTunesで保存している曲が消えたことが発生する可能性が高いです。または曲名だけが残って、感嘆符(!マーク)が表示され、曲が再生できない!

そして、誤って曲を削除して、曲が使えなくなったこともありますね。

この文章は、iTunesの曲が消えた場合の対策をご紹介します。次の対処法を参考して、iTunesから消えた曲を取り戻しましょう。

Part1、iTunesの音楽は曲名だけが残っている場合

1.感嘆符(!マーク)が表示され、曲が再生できない

いつものようにiTunesを起動して、ライブラリから曲を選択して再生しようとすると、感嘆符(!)が表示されました。

つまり、(!マーク)がついている曲が再生できません。

2.感嘆符「!マーク」が付いた曲は行方不明になっている

感嘆符「!マーク」が付いた曲をクリックすると、「元のファイルふぁ見つからなかったため……」というメッセージが出てきました。その曲が行方不明になっています。つまりこの音楽のデータがパソコンから削除しまいました。なので、お使いのPCで探してみましょう。

Part 2:iTunesの曲が消える原因

iTunesの曲が突然消えてしまう主な要因は以下のことと考えられます:

1.iTunes曲の元ファイルを移動・削除された

iTunesライブラリの音楽データは「iTunes Media」フォルダに保存されています。iTunesの曲が再生できない場合、まずこの音楽データを「iTunes Media」から移動・削除されたことと考えられます。

もし、その曲を「iTunes Media」からほかの場所に移動・削除したら、iTunesはその曲を読み込む不可能です。

2.iTunesの曲自体に問題がある

次に考えられる原因は曲自体に問題があると考えられます。例えば、ほかの音楽再生ソフト使って、この曲を再生したら、曲の拡張子を変換しました。その曲の拡張子を変換して、iTunesは読み取りできません。もちろん再生できなくなってしまいます。

3.iTunesのアップデートや再インストールなど

iTunesのアップデートや再インストール中、曲のデータを壊れてしまう可能性もあります。これは、iTunes更新プログラムのエラーです、Appleの運営側から修正プログラムを配信されるまでほかの操作を行わない方がいいと思います。

Part 3:iTunesの曲が消えたときの対処法

対処法1.曲の場所を検索・指定し復元する

一部分の曲だけが感嘆符表示され、再生できない場合は、Windowsエクスプローラーで曲を探してみます。

Step 1.感嘆符が表示された曲をクリックして、再生しようとすると、以下のメッセージが出たら、「場所を確認」ボタンをクリックします。

iTunesの音楽は曲名だけが残っている場合

iTunesの音楽は曲名だけが残っている場合

Step 2.まず検索場所をコンピューターに設定します。それに、Windowsエクスプローラー検索欄で曲の名を入力し、ファイルが見つかったら、「開く」をクリックします。

iTunesの音楽は曲名だけが残っている場合

iTunesの音楽は曲名だけが残っている場合

Step 3.そして、フォルダで曲名をダブルクリックして、iTunesで曲を再生します。これで、消えたiTunesの曲が復元されました。

対処法2.iPhoneから曲をiTunesに復元する

iTunesだけでiPhoneの曲をiTunesに逆転送は無理です。iPhone・iPod・iPadの音楽や曲をiTunesへ転送するために、AnyTransが必要です。

  • 必要曲だけを転送し、iTunes/iPhoneに既存のデータを上書きしない
  • 曲のアルバム、アートワーク、レートなどの情報も同時に転送
  • 一分間で200曲以上の高速な転送速度
  • 曲以外に写真、ビデオ、着信音などのデータもiPhoneからiTunesへ転送できる
  • WindowsとMac両方に対応

Step 1.AnyTransをダウンロード&インストールします。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

AnyTransは長い間安全で動作も安定しているソフトとして知られています。ウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアは一切含まれていません。安全性が気になる方は、こちらのガイドをご参考ください:AnyTrans って安全なの?ウイルス入りではない?ご不安の方へ>

Step 2.iPhoneをUSBケーブルでPCに接続します > AnyTransを起動して、次の画面で「オーディオ」をクリックしてカテゴリで管理の画面に入ります。

「オーディオ」をクリック

「オーディオ」をクリック

- もしお使いのiPhoneがAnyTransで認識されない不具合が出たら、こちらの対策をご参考ください:AnyTransでiPhoneが認識されない時に何をすべきか?>

- AnyTransのダウンロード・インストール・起動・設定などに不明な点がありましたら、AnyTransの使い方をご参考ください。

Step 3.iTunesへ転送したい曲を選択して、「iTunesへ転送」ボタンをクリックしてください。しばらくすると、iPhone上の曲がiTunesライブラリに転送されます。

iPhoneの音楽をiTunesに転送

iPhoneの音楽をiTunesに転送

また、このツールはiPhoneの古いモデルから最新のiPhone 11iPhone XSなどに対応します。iPadやiPod touchからiTunesに音楽を入れることもできます。

Part 4:iTunesライブラリの曲がすべて消えた場合

1.iTunesのライブラリとは?

iTunes ライブラリは、iTunes for Windows に追加したすべての音楽やその他のメディアで形成されるデータベースで、2 つの iTunes ライブラリファイルと「iTunes Media」フォルダに整理されています。<Apple公式>

iTunesの曲をライブラリに保存しています。

2.「iTunes Library.itl 」を間違って移動・削除する

「iTunes Library.itl 」には、iTunesの曲の情報(アルバム、アートワーク、プレイリスト、レートなど)が記録されています。パソコンのファイルを整理する時、誤って「iTunes Library.itl」と「iTunes Media」を移動・削除・破損すると、iTunesライブラリは空になります。

Part 5:iTunesライブラリの曲がすべて消えたときの復元方法

対処法1.「iTunes Library.itl」のファイルを復元する

もし、ゴミ箱を「空にする」を行っていない場合、iTunesライブラリを完全に復元するチャンスがあります。

お使いのゴミ箱に入って、右上の検索欄で「.itl」を入力して検索します。右クリックをして「元に戻す」を選択します。これでiTunesライブラリの音楽が全て戻ります。

「iTunes Library.itl」のファイルを復元する

「iTunes Library.itl」のファイルを復元する

対処法2.iTunesライブラリをバックアップから復元

もし曲を削除したことがないですが、すべての曲がなくなったら、次の対策を試してください:

Step 1.iTunesを終了します。

Step 2.iTunesライブラリファイルが入っている「iTunes」フォルダに移動します。

  • Macの場合:画面上部のメニューバーから、「移動」 > 「ホーム」 > 「ミュージック」に入って、「iTunes」フォルダを開きます。
  • Windowsの場合:「ユーザー」 > 「ユーザ名」 > 「ミュージック」に入って「iTunes」に移動します。

Step 3.「iTunes Library.itl」をデスクトップにドラッグします。

iTunesライブラリをバックアップから復元

iTunesライブラリをバックアップから復元

Step 4.「iTunes」フォルダ中の「Previous iTunes Libraries」フォルダに入ります。

Step 5.曲が消えた前に、最後にiTunesをアップデータした日付のファイルを探します。(例:2016年11月10日にiTunesをアップデートした場合、「iTunes Library 2016-11-10」ファイルを探してください)

Step 6.見つけたら、そのファイルを「iTunes」フォルダにコピーします。

Step 7.コピーしたファイルの名前を「iTunes Library.itl」に変更します 。

その後iTunesを開くと、曲が戻ります。もし「iTunes ライブラリを選択」メッセージが出たら、「ライブラリを選択」をクリックして、ステップ7で名前を変更したファイルを指定してください。

お見逃しなく:iTunesでCDのインポートが遅い時の解決方法>

対処法3.新規iTunesライブラリを作成して曲を追加する

もし「iTunes Library.itl」の名を変更する方法でiTunesの消えた曲を復元できなかった場合、新規iTunesライブラリにコンテンツを追加する必要があります。

Step 1.iTunesを起動し、画面の右上にある「編集」>「環境設定」を押します。

「詳細」タブをクリックして、「iTunes Media」の場所を変更・設定します。

Step 2.Windowsエクスプローラー・Macから「iTunes Media」の全体をiTunes画面にドラッグ&ドロップします。

新規iTunesライブラリにコンテンツを追加

新規iTunesライブラリにコンテンツを追

新しいiTunesライブラリを作成したら、iPhone/iPad/iPodからiTunesに曲を追加することができます。iPhoneデータ転送・移動・同期ソフト – AnyTransがあれば、iPhone・iPad・iPod touchの曲を気軽にiTunesに移動できます。詳しい手順はパート3の対処法2をご参考にしてください。

また、AnyTransを含め、音楽転送機能が比較的似ている各ツールの違いを理解するために、いろいろなテストを行い、そのテスト結果から次のツール比較表を完成しました。

ツール名 AnyTrans Fone**転送 Tune** Copy**
評価 ★★★★ ★★★ ★★★
双方向転送 ×
転送速度 55秒/100曲 4分7秒/100曲 2分24秒/100曲 1分56秒/100曲
使いやすさ 使いやすい 使いやすい あまり使い勝手は良くない 使いづらい
画面表示 直感的で分かりやすい 少しわかりにくい 字が読みにくい わかりにくい/文字化け
軽快性 たまには遅いが、
全体的に快適に使える
少し動作が重い 少し反応が遅い 動作が遅い
クラッシュする不具合
安定性 高い 少し安定性がない 高い 頻繁にトラブルが発生
体験版 3日間1日30曲まで
転送可能
合計30曲まで
転送可能
合計30曲まで転送可能 合計100曲まで転送可能
機能性 沢山の機能が搭載されている それ以外の機能は少ない それ以外の機能は少ない 音楽&ビデオだけ;Mac非対応
価格 3980円(税別) 3980円(税別) 4980 円(税込) 2680円(税込)
返金保障 60日間の返金保証 30日間の返金保証 30日間の返金保証 30日間の返金保証
無料体験 今すぐダウンロード

Note:「双方向転送」はiOSデバイスとパソコン/iTunes間で双方向にファイルを転送することです。

本記事をiPhone/iPad/iPodでご覧の方限定! AnyTransはMacとWindows両方に対応しているPCソフトで、モバイル端末からダウンロードできません。皆様のご支援に感謝の意を表すように、モバイル端末から購入されるお客様に本日半額セールを特に提供しております!

モバイルからのご利用方法:モバイルで購入 → パソコンでメールに記載されているライセンスコードやダウンロードURLを確認 → AnyTransをダウンロードしてライセンスコードを入力します。

お見逃しなく:iPhone で「support.apple.com/iphone/restore」エラー原因と対策>

最後に

以上はiTunes上の曲が消えた時の解決方法です。もしiTunesから曲をiPhoneに順調に同期できないなら、iTunesで音楽がiPhoneに同期できない時の対策をご参考ください。そして、AnyTrans for iOSはiPhoneに既存の曲をを上書きせずにiTunesから音楽を入れることもできます。

この記事が参考になりましたら、Facebookページヘのいいね!もお願いします。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。