iPodの写真の取り出し方2つ

要約

iPodの容量不足や写真をバックアップしたい等の原因でiPodの写真を取り出したい?簡単に完成できる2つの方法をご紹介します。

ちょうらんげつ

2017年01月11日

ちょうらんげつ

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans – iPodから写真を簡単に取り出せる

AnyTrans –iOSデバイスの写真を簡単に転送する

以下の手順を行う前に、右の「無料体験」をクリックして、最高級のiOSデバイスマネージャーを体験しましょう。次のチュートリアルを読み終わったら、写真だけでなく、各種のデータも管理や転送してみませんか。

iPodは通話機能のないiPhone、写真を撮るやビデオを作るなどはやはり基本です。しかし、長時間iPodを管理しないと、古い写真はどんどん積み重ねて、容量も足りなくなります。また、万一のため、自分にとって重要な写真をバックアップしてちゃんと保存したい時よくありますね。では、iPodから写真を取り出したかったら、何か便利な方法とかありませんか?ここで2つの方法をご紹介しますので、どうぞご参考ください。

Part1:直接パソコンにの取り出し

iPodの写真データはソフトウェアを利用しないで、直接パソコンに取り出せます。

Step1.USBケーブルを使ってiPodをパソコンに接続します。

Step2.「コンピュータ」の下のポータブルハードディスクを選択して、取り出したい写真までクリックします。

iPodの写真の取り出し方 - 目標デバイスを選択

iPodの写真の取り出し方 - 目標デバイスを選択

Step3.取り出したい写真をコピーし、保存したいところにペーストすると、完了です。

iPodから直接に写真を取り出すのはまだ便利なんですが、他のデータの方はすごく面倒になるだけでもなく、数多くのデータにはこの方法が不適用になります。

Part2:AnyTransを利用して取り出し

AnyTransはiOS端末向けの専門的なデータ転送アプリです。AnyTransを使って写真を取り出すのは、次のような特徴を持っています。

  • プレビューができる。
  • 写真の個別転送でも、一括転送であっても、スピードが速い!
  • サクサク動作で、初心者にとっても分かりやすいデザイン。
  • 写真だけでなく、ほぼ全てのデータはiOSデバイスの間にお互いに転送できる。
  • 写真を転送した後、画像のサイズと品質が変わらない。

Step1.AnyTransをダウンロードし、起動したら、USBケーブルを使ってiPodをパソコンに接続します。

Step2.「写真」を開いて、取り出したい写真までクリックします。

AnyTransで「写真」を開く

AnyTransで「写真」を開く

Step3.目標写真を選択し、「パソコンへ転送」アイコンをクリックすると、完了です。

目標写真の転送

目標写真の転送

注:転送する前には写真のバックアップができて、出力先とバックアップ先の設定もできます。他のデータの場合では、更にデータフォーマットの設定も可能です。

出力設定

出力設定

最後に

以上の二つの方法の手順に従ったら、iPodから写真を簡単に取り出せます。またAnyTransは無料で使用するのは可能で、写真でなく、音楽・ビデオ・連絡先・メッセージ・メモ・カレンダー・アプリ・Safari・ブック・ファイルシステム・ポットキャスト・iTunes U等ほぼ全てのデータを簡単に転送/管理するのもできます。実用性の高いソフトとは言えます。今すぐ、より多くの機能を体験しましょう!

また、この記事について、何かご質問がありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

メールでのお問い合わせは、24時間以内に返信いたします。 メールでのお問い合わせ
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください