iPhoneからパソコンに写真を取り込む5つの方法【Windows・Mac】

iPhoneの写真をWindows/Macに取り込んで保存したいですが、どうやってオリジナルの写真を保存できますか?このガイドはiPhoneの写真を圧縮しないで、オリジナルでパソコンに保存する方法を解説します。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年03月03日

「iPhoneで撮った写真をパソコンに移したいと思っているのですが、1個1個メール添付で送る、という方法はあると思いますが、結構沢山あるので、一気に保存できる方法があれば教えてほしいです。」

—— Yahoo!知恵袋

何らかの原因で、iPhoneから重要な写真が削除される/失われることは常にあります。楽しい記憶や大切な情報を守るために、スマホの写真を定期的にWindow/Macパソコンに保存するのは必要です。また、空き容量不足にならないように、iPhoneに保存してある写真をパソコンに送ることにしましょう。

次は、iPhoneの写真をパソコンに取り込む5つの方法についてご紹介します。撮影した写真、スクリーンショットやLINEで送られてきた画像、ネット上からダウンロードした画像などをiPhoneからパソコンに写真を送りたい方は、下記の手順を参考にして下さい。

方法1.USBケーブルで接続して取り込む【Windows】

デメリット:

カメラロール内の写真のみが読み込まれる

1.LightningケーブルでiPhoneとMacを接続します。

2.自動再生ウインドウが現れたら、「画像とビデオの読み込み」をクリックします。

「画像とビデオの読み込み」をクリック

「画像とビデオの読み込み」をクリック

3.「読み込み設定」をクリック > 表示されたウインドウでは、「画像の読み込み先」の横にある「参照」ボタンをクリックして、保存先を変更することができます。

iPhoneからパソコンに写真を取り込む5つの方法

iPhoneからパソコンに写真を取り込む5つの方法

4.読み込みのオプションを設定したら、「OK」をクリック > 必要に応じて、タブを選択し、「読み込み」をクリックします。

方法2.イメージキャプチャ/写真アプリを使って送る【Mac】

1.LightningケーブルでiPhoneとMacを接続します。

2.「イメージキャプチャ」アプリを自動的に立ち上げます。

3.iPhoneで撮影した写真や動画が表示されるので、読み込み先に「写真アプリ」を選択して、「すべてを読み込む」をクリックすれば、自動的に写真アプリに取り込まれます。

方法3.AirDropでiPhoneの写真をMacに転送する

1.MacとiPhoneの「AirDrop」を開きます。

2.MacのAirDropでiPhoneが認識されたら、iPhoneの写真を選択して、左下の共有ボタンをタップします。

3.「AirDropがオンになったMacのユーザー」が表示されるのでタップします。

4.それで、AirDropを経由して、iPhoneの写真が自動的にMacに取り込まれます。

iPhoneからパソコンに写真を取り込む5つの方法

iPhoneからパソコンに写真を取り込む5つの方法

方法4.iCloudでiPhoneの写真をパソコンに共有する

デメリット

  • 写真の画質が劣化
  • 5GBだけ無料使える

1.iPhoneで「設定」 > ユーザー名  > 「iCloud」 > 「写真」オンにしてください。

2.WindowsパソコンのブラウザでiCloud.comにアクセス、またはMacでiCloudアプリを起動 > Apple IDでサインインします。

3. 「写真」に入ります。

4.iPhoneの写真を自動的にiCloudにアップロードしましたので、パソコンに保存したいなら右上のダウンロードアイコンをクリックしてください。

iCloud写真から削除した写真を復元

iCloud写真から削除した写真を復元

方法5.iPhoneの写真をパソコンに取り込む(一括&個別)

1.一括でiPhoneの写真をパソコンに取り込む

iPhoneの写真をパソコンに取り込むには、専門のiOSコンテンツ転送ツール - AnyTrans(累計1000万ダウンロードを超えた)を強くおすすめします。各機種のiPad/iPod/iPhoneの写真をパソコンに移すだけでなく、AnyTransは次のような特徴も持っています:

  • 「カメラロール」だけでなく、「フォトライブラリ」「フォトストリーム」「アルバム」「パノラマ」「バースト」などの写真もパソコンに転送できる
  • PC(パソコン)で写真・画像の閲覧と選択ができます
  • サイズの変更と画質の劣化はない
  • 高速な転送スピードを持っていて、5分間で約1000枚の写真を移す
  • 逆に、パソコンの写真をiPhoneに送ることもできる

それでは、今すぐAnyTransを使って無料体験しましょう。

1.AnyTransをダウンロード&インストールします。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

2. AnyTransを立ち上げて、iPhoneもパソコンに接続します。

3.iPhoneの写真をパソコンに一括で取り込みたい場合は、「PCへ」ボタンをクリックしてください。

「PCへ」を選択

「PCへ」を選択

4.「マイフォト」を選択 > 写真の保存先を設定 > 「次へ」ボタンをクリックして、iPhoneからパソコンに写真を送ります。

写真をPCに転送

写真をPCに転送

2.個別でiPhoneの写真をパソコンに取り込む

1.AnyTransを立ち上げる > USBケーブルでiPhoneをパソコン(Mac/Windows)に接続 > 右上で「写真」をクリックします。

「写真」をクリック

「写真」をクリック

2.左側で必要な項目・カテゴリを選択して管理画面に入り(ここで、マイフォトを例にする) > アイフォンからパソコンへ取り込みたい写真を複数・一括選択 > 右上にある 「PCへ転送」ボタンを押すと、iPhoneからパソコンに写真が移行されます。

iPhoneの写真をPCにコピー

iPhoneの写真をPCにコピー

- 逆に、パソコンからiPhoneに写真を入れる簡単な方法はこちらをご参考ください>

- このツールは、iPhoneとiPod、iPhoneとiPhone、iPhoneとiPad、およびiOSデバイスとパソコン間での写真転送にも適用します。

最後に

以上、iPhoneの写真をパソコンに取り込む5つの方法です。また、Part 1で使用しているソフトウェアは写真以外の音楽、動画、アプリ、連絡先、メッセージ、着信音、オーディオブック、ボイスメモ、SafariのブックマークやメモなどをiPhoneからパソコンに送ることもできます。一度使えば手放せなくなる実用的なツールです!ぜひお気軽にお試しください >

最後まで読んでくれてありがとうございます。本記事について、ご質問がございましたら、遠慮なくご連絡ください。もしこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン