iPhoneで省電力モードの使い方

ようれいけん

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの不具合をまとめて解決します。少しでも皆さんにお役に立てれば嬉しいです。

「バッテリーの充電残量が少なくなったら、低電力モードを使って iPhone の消費電力量を抑えることができます。」アップルから言いました。では、どうやって、iPhoneの省電力モードを設定しますか?このガイドはiPhoneの省電力モード(省エネモード)について詳しくご紹介します。

最終更新日:2018年10月11日

iPhoneで低電力モードを使って、バッテリーを長持ちさせます。外出や旅行する時、バッテリーの充電残量が少なくなったら、お役に立つことができます。省電力モード(省エネモード)をオンにすると、ステータスバーのバッテリーアイコンは黄色になります。 もし、iPhoneの充電量が 80 % 以上になると、低電力モードは自動的にオフになります。

しかし、低電力モードにすると、一部分の機能が制限されて、機能に影響が出ます。なので、ここではiPhoneの低電力モードを設定と解除する方法を詳しくご紹介します。

iPhoneで省電力モードの使い方

制限される機能を次に示します:

Part 1. iPhoneの低電力モードをオン・オフにする方法

「設定」 > 「バッテリー」 > 「低電力モード」の順にタップすることで、省電力モードをオン&オフすることができます。

 iPhoneの低電力モードをオン・オフにする方法

iPhoneの低電力モードをオン・オフにする方法

Part 2. 「低電力モード」をコントロールセンターに追加する方法

「設定」 > 「コントロールセンター」 > 「コントロールをカスタマイズ」の順に選択し、「低電力モード」を選択してコントロールセンターに追加します。

「低電力モード」をコントロールセンターに追加する方法

「低電力モード」をコントロールセンターに追加する方法

最後に

以上はiPhoneで省電力モードの使い方です。いかがでしょうか?iPhoneで低電力モードを使って、バッテリーを長持ちさせことができます。今すぐ活用しましょう。

iOS 12/11でiPhoneのバッテリー消費が激しい時の対処法まとめ>

もしこの記事に共感を持ったら、FacebookやTwitterに共有してくれると嬉しいです。

ホーム AnyTrans ® for iOS iPhoneで省電力モードの使い方
メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

無料体験世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!