AirPods

買うべきか?AirPodsのメリット・デメリットまとめ

最新更新日期:2016年11月18日

イヤホンの進化系 – AirPodsは近未来な雰囲気が漂われます。特有の便利さで多くの人の心を虜にしました。しかし、このワイレスイヤホンの価格はちょっと高すぎ、また、落ちやすいなどの欠点で、買うべきかを迷っている人が多いですね。

そこで今回は、AirPodsの発売日・価格などの基本情報、メリットとデメリット、およびiPhone 6/6sに適用するかなどの多方面からAirPodsは買うべきかを検討しています。

Part 1:AirPodsの基本情報 Part 2:iPhone 6/6sに適用するか Part 3:AirPodsを買うメリット Part 4:AirPodsを買うデメリット Part 5:まとめ

Part 1: AirPodsの基本情報

1、AirPodsとは:AirPodsとはAppleが自信をもって世に送り出すApple製品専用のワイヤレスイヤホンです。アップルにも、魔法的な宣伝文句をしています。

「シンプルで魔法のようなワイヤレス」取り出すだけで、あなたのすべてのApple選品デバイスと使えるようになります。耳につけるだけで、瞬時につながります。話をする時は、あなたの声が相手にはっきり届きます。これがAirPodsです。シンプルさとテクノロジーをかつてない形で融合させたら、限りなく魔法に近いものが生まれました。

  - Appleより

2、AirPodsの価格: 16800円(税別)

3、AirPodsの発売日: iPhone 7/7 Plusと同時に、9月のイベントで発表されたAirPodsは、10月下旬の発売と予定されていましたが、Appleは「もう少し時間は必要が」として、発売を延期しました。その後、「来年1月になる」、「年末に発売」、「AirPodsは11月17日に入荷し、18日から19日までに販売される」、「11月30日出荷」などの情報も出てきて、錯綜しています。今の情報は正しいのかはまだ不明ですが、品質に妥協しない姿勢を貫くAppleはきっと、意外なAirPodsを提供します。ぜひ楽しみにしてください。

4、AirPodsのスペック: Appleの公式サイトにより、AirPodsは他のワイレスイヤホンのないハイスペックを持っているそうです。

5、システム条件:

Part 2: AirPodsはiPhone 6/6sに適用するか

「AirPodsを買ってから、iPhone 6/6sでも使いたい」というユーザーが非常に多いようですが、今までのiPhoneでも使うことなのでしょうか?Appleの公式サイトのシステム条件で「iOS 10以降を搭載したiPhone、iPad、iPod touchのモデル」と書かれます。つまり、iPhone 6/6sだけでなく、iOS 10に対応している機種も全部AirPodsが使えます。また、設定方法も簡単で、1クリックでAirPodsは手元のiPhoneとヘアリングできます。

Part 3: AirPodsを買うメリット

Part 1とPart 2から見れば、AirPodsは多くの特徴を持っていますね。実は、AirPodsのメリットもユーザーが買うべきかを決める要因の一つです。次はAirPodsを買うメリットを見てみましょう。

AirPodsを買うべきか – 買うメリット

AirPodsを買うべきか – 買うメリット

1、コードがない、縛られない

AirPodsはワイヤレスでコードがなく、縛られないので、音楽を聴く時、または通話をしている時、挿しなくてもできます。また、Apple Watch Series 2はGPS対応しているので、AirPodsと組み合わせると、iPhone無しでもいろいろなことができます。例えば:音楽を聴きたり、ランニングをしたり、ウォーキングをしたりできます。あらゆる束縛から解き放たれ、自由な生活を手に入れます。

AirPodsを買うべきか – 買うメリット

AirPodsを買うべきか – 買うメリット

2、バッテリーの使用時間が長い

AirPodsのバッテリー駆動時間が5時間で、同類のワイヤレス製品と比べるとかなり長いです。また、15分の充電でも3時間使えます。さらに、専用バッテリーケースも付属していますので、ケース自体がイヤホンを充電してくれます。外出しても、心配する必要がありません。

おすすめ記事:

iOS 10/10.1でiPhone/iPadの充電が遅い・できない時の対処法16>

iPhone/iPadのバッテリーを長持ちさせる方法15選>

3、ワンタップで設定できる

従来のBluetoothイヤホンで1番面倒だったのは電源のON&OFFですよね。AirPodsはワンタップのシンプルな設定を採用しており、ペアリングしてから電源のON&OFFがしなくても使えます。かなり進化しています。そして、光学センサーが内蔵していますので、専用ケースから取り出すと、瞬時にオンになり、耳から外すと、音楽などが自動的にオフにします。

4、音質が良い

無線ときたら、音質が悪い印象がありますね。しかし、AirPodsにはW1チップを搭載して、強く安定した無線環境を維持できます。ワイヤレスでも高音質を保て、充分な音量を楽しむことができ、近くの人の声も聞こえないほどの仕組みだそうです。

5、多機能

AirPodsをダブルタップすると、Siriを呼び出すことができるそうです。そして、音量の調節や曲の変更をすることができます。また、電話をかけたり、道順を調べたりすることも可能だそうです。

Part 4: AirPodsを買うデメリット

AirPodsはAppleが初めて開発されたワイレスイヤホンとして、多少な不足があります。次はAirPodsを買うデメリットをご紹介します。

1、買う必要がある

今までのイヤホンと違い、AirPodsはiPhone 7/7 Plusに同梱されないので、購入必要があります。また、単体で16800円(税別)で発売され、価格がちょっと高すぎます。

2、落ちやすい

AirPodsを買うべきか – 買うデメリット

AirPodsを買うべきか – 買うデメリット

AirPodsはワイレスイヤホンなので、見るだけで、「落ちやすいじゃないんですか?」と疑問に思いませんか?これは起きる可能性が高いです。特に片方がいなくなることです。では、Apple側は片方を亡くした人にどんなサビースをするのか気になるところです。 Appleのティム・クック最高経営責任者耳から落ちやすいのではないかという心配に対して、「自身がしばらくの間、AirPodsを使っており、運動をふくめた日常生活で使用してもAirPodsが耳から落ちることはない」と答えましたが、具体的にはどうなるかどうかを一緒に見てみましょう。

3、接続不良/充電不可が起きるかも

AirPodsは専用の充電ケースがありますが、このケースは分解不可能だそうです。なので、ケース中の穴の奥にごみも侵入しやすいし、汚れも溜まりやすいです。このようなものが溜まっていたら、AirPodsで接続不良/充電不可などの不具合が起きるかもしれません。

4、先端部の破損が可能

AirPods先端棒状部分の強度は大丈夫なのでしょうか?ポキッと折れた場合、Apple側が責任を持ってきちんと保証してくれるのでしょうか?また、破損させてしまった場合は、完全自己責任とされてしまいますか?多くのユーザーはそのような面も心配しています。

 5、遮音性がない

今までのEarPodsは遮音性がないという欠点があります。これもユーザーはAppleのイヤホンを嫌がる要因の一つです。当然、これもAirPodsを買うべきか判断する基準の一つです。そこで、今回のAirPodsは遮音性という方面でEarPodsと変わらないのか、変えるのかと気になる方が多いです。また、AirPodsには音楽を聞く時の遅延、電池の減りが早いなどの欠点もあるそうです。

Part 5:まとめ

以上はAirPodsのメリットとデメリットまとめです。AirPodsを買うべきかどうか決めましたか?もし以上のことを見てから、またAirPodsを買うべきかを迷うなら、以下のアドバイスを参考してください。

AirPodsの購入をおすすめする人:

①、Appleのファン;

②、ビジネスマン;

③、有線イヤホンが嫌い人;

④、iPhone 7/7 Plusを使用している人;

⑤、今使っているイヤホンが壊れた人;

AirPodsの購入をおすすめしない人:

①、現在使っているイヤホンに満足している人;

②、イヤホンにこだわれる人;

③、遮音性に気になる人;

④、値段に気になる人;

今、AirPodsを買うべきかを決めましたか?もしこの記事に共感を持ったら、FacebookやTwitter、Google+に共有してくれると嬉しいです。

関連記事:

ご意見・ご感想をお寄せください