【2022】Macが遅い原因と高速化する方法10つ!

今回はMacが遅くなる原因とMacを高速化する10つの方法とを紹介します。Macの日常のメンテナンスについては、是非この記事を参照してください。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2022年02月09日

使っているMacの動作が重くなり、どうすれば良いですか?と多くのユーザーから聞かれました。高パフォーマンスのMacでも日々メンテナンスを行うことが必要です。今回はMacを高速化する10つの方法とMacが遅くなる理由を紹介します。Macの日常のメンテナンスについては、是非この記事を参照してください。

パート1、なぜMacが遅くなったか

Macが重たくなった原因は3つに分けることができます。Macが遅くなる原因を特定して、以下のパート2、Macを改善する方法を参考して、Macを最適化しましょう。

1.Macのストレージ容量が不足

Macのストレージ容量の不足はダウンロードされたいろいろなソフト、ファイルなどによって占められているストレージが多すぎた、あるいは、用途に合わせない容量のMacを選択したためです。

2.メモリが不足

開いているウインドウやアプリが多すぎて、または実行中のプログラムが消費しているメモリが多すぎることで、Macのメモリは不足になります。

お見逃しなく:9つの方法でMacのメモリ不足を改善する【2022最新】

3.ハードウェアが劣化

ハードウェアは消耗品で、長期間使用すると性能力が低下します。充分なメモリやストレージがあるにもかかわらず、Macが重たくなった場合は、ハードウェアが寿命に達した可能性があります。

パート2、遅くなったMacを改善する方法

遅くなったMacの動作を高速化するには、以下の八つの方法を参考してください。

1、リソースを消費している原因を特定します。

Macの中には、特に多くの電力を消費するアプリケーションがあれば、Macの動作が遅くなる可能性もあります。ですから、どのアプリケーションが普通どれくらいのシステムリソースを占用しているかをつねに確認することが重要となります。確認するために、「アクティビティモニタ」という機能で行いましょう。

「アクティビティモニタ」を使えれば、CPU、メモリ、エネルギー、ディスクやネットワークなどの消費しているリソースを詳しく確認できます。それに、プロセスごとがCPU (プロセッサ) に与える影響の具体的な状況もチェックできるので、もしMacの動作が重くなれば、まずCPUのところに問題を探してみましょう。

消費しているリソースを確認する

消費しているリソースを確認する

通常、1つのプロセスの使用率は10%以下です。10%以上のプロセスとアプリはCPU使用率の高い項目と見なすことができます。必要に応じてそれを終了してください。プロセスを終了するには、そのプロセスをダブルクリックして、右下にある「終了」ボタンをクリックすれば良いです。

ダブルクリック

ダブルクリック

2、スクリーンセーバーをオフにします。

スクリーンセーバーとは、コンピューターを一定の時間に放置すると、画面にビデオが流れる機能です。それに、スクリーンセーバーで映像が映し出されているうち、パソコンの内部では、いろいろなプロセスが行われています。その結果、何分間もコンピューターを放置するたびに、プロセスの速度が遅くなってしまっています。

そこで、スクリーンセーバーをオフにするには、まずアップルメニューから「システム環境設定」という項目に入ります。また、「デスクトップとスクリーンセーバー」という欄をクリックします。「スクリーンセーバー」という欄を開くと、「開始までの時間」に、「開始しない」という選択肢を選び、設定しましょう。

3.ツールでMacを最大限にクリーンアップする

Macのストレージ容量を徹底的に解放するには、Macで不要なファイルをきれいに削除する必要があります。しかし、手動でファイルを一つずつ探して、削除できるかを判断して、そして削除するのは少し面倒ではないでしょうか。専用なソフトを使えば簡単に不要な不要なファイルを完全削除できます。

機能性、安全性、操作難易度などの方面から考えると、MacCleanを勧めます。詳しい情報は以下の記事を参考してください。

無料の人気Mac掃除ソフトを総合比較!(比較表付き)

MacCleanはシステムジャンク、悪質cookie、インターネットジャンク、バイナリジャンク、iPhotoジャンク、重複ファイルなど10種類以上のファイルを完全削除できます。ウイルス対応やメンテナンス等の機能もあります。Macユーザーにとって非常に便利なツールです。

ダウンロードして体験してみましょう!

Macを最適化

Macを最適化

4、起動ログインの項目を減らします。

起動ログインの項目を減らすことで、Macの動作を高速化することができます。具体的なやり方は以下のようです。まず、「システム環境設定」に入ります。また、「ユーザとグループ」という項目を開きます。そこに、「ユーザ」という選択肢を選択します。そして、「ログイン項目」にある「-」という項目をクリックすると終わります。

起動ログインの項目を減らす

起動ログインの項目を減らす

5、スタートアップアイテムを管理します。

クリーンなスタートアップは遅くなったMacを高速化することに役立ちます。毎回Macを起動すると、さまざまな必要のないアプリも同時に起動します。そうなると、Macの動作は重くなってしまいます。それを解放するには、以下の手順に従うといいです。

「システムプレファレンス」> 「ユーザーとグループ」に入ります。ここで自分のユーザーネームをクリックします。また、ロギングアイテムをクリックし、Macが起動したときにすぐ必要でないプログラムを選択し、「‐」を押しましょう。

6、視覚的な効果を閉じます。
視覚的な効果は美しいですが、Macの動作を遅くするとそれまでです。以下は具体的な手順です。

「システムプレファレンス」>「ドックとメニューバー」に入ります。また、「アニメイトオープニングアプリケーション」、「自動的に隠します」と「ドックを展示します」をアンティックします。そして、「画面利用を最小化します」をクリックし、その中にある「ジニアイフェクト」から「スケールイフェクト」に変えます。

視覚的な効果を閉じる

視覚的な効果を閉じる

7.デスクトップを整理する

デスクトップの使用状況は、Macの実行スピードに大きな影響を与えると思います。そのため、デスクトップをきれいにしておくことをおすすめします。ご利用のMacのデスクトップにあるアイコン、ファイルを今から整理(デスクトップに置いておかないように)したら、Macの動作が遅い問題を解決することができます。

8.使わない機能をオフにする

実はバックグラウンドで使わないプロセスが多く実行しています。例えば、ウィジェットはMacの使用を便利にさせますが、不要なウィジェットが多くと結果的にMacの動作を重くし、余計に電池を消耗することになります。普段使わないウィジェットを無効にすると、Macを高速化することができます。

やり方:Launchpad>Dashboard>「-」をクリック>無効にしたいウィジェットの左上の「×」をクリック。

使わない機能をオフにする

使わない機能をオフにする

9.ネットアクセスを確認します。

ネットの状況が悪くなると、Macの運行にも影響します。もしほかの問題を発見できないと、ネットへのアクセスを確認してみましょうか。

10.ハードウェアを買い替える/保守

パソコン本体やキーボードなどの装置全般のことをハードウェアと言います。
突然の故障や性能低下を予防するために、定期的にハードウェアのメンテナンスをしましょう。Macを長時間使うと、ハードディスクなどのハードウェアは劣化があります。Macが遅くなってきたことは避けられません。

さあ、上記の操作を試して、Macを最適化しましょう!

 

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン