iPhoneのアプリを家族で共有する2つの方法

家族でiPhoneのアプリを共有する方法をお探しですか?購入したアプリを実用的に利用するために、このガイドはiPhoneのアプリを共有する2つの方法について、ご説明いたします。

ばくてい 最終更新日: 2020年12月14日

豊富なアプリを所有するApp Storeのおかげで、私たちはさまざまなアプリを購入&ダウンロードすることができます。本当に便利で私たちの生活を豊かにしています。

その多くのアプリに、自分が好きなアプリを家族や友達に共有したい気持ちは強いです。特に、現在、家族には両親と子供がそれぞれiPhoneを持っている場合はよくあります。

Apple IDを一人1つ作成し、アプリを個々に購入&ダウンロードします。お金の無駄になると思いませんか。家族でiPhoneのアプリを共有したほうがいいと思いませんか。

そして、重複のアプリをダウンロード&購入することもありません。好きなものを家族の人と一緒に楽しむことは、家族の交流にも役に立ちます。

iPhoneのアプリを共有するには、家族で一つのApple IDを持って作業すると考えている人がいるでしょう。実に不便です。幸いなことに、ここに2つの解決法があります。それでは、iPhoneアプリの共有についての記事を読んでください。

方法1:「ファミリー共有」でiPhoneのアプリを共有する方法

「ファミリー共有」は「iOS 8」で登場したAppleの新しいサービスです。「ファミリー共有」を使うと、iTunes Store、iBooks Store、App Storeから購入したコンテンツを、最大6人の家族が共有できます。アカウントを共有する必要はありません。

Step1: 「設定」 > 「iCloud」 > 「ファミリー共有を設定」 > 「さあ、はじめよう!」をタップします。

Step2: 「続ける」 > 「次に進む」 > 支払い方法について同意 > 「次に進む」 > 自分の位置情報を家族に共有したいときは「位置情報を共有」、あとで設定する場合は「あとで」をタップします。

Step3: 「家族を追加」 > 必要な情報を記入 > 追加方法を選ぶ > 登録案内を承認 >  アカウントを確認してください。

2つの方法でiPhoneのアプリを共有する

2つの方法でiPhoneのアプリを共有する

ご注意:「フアミリー共有」でiPhoneからアプリを共有すると、3つの点をご注意ください。まずは、「iOS 8」にアップデートするのは必要です。第二は、操作手順がちょっと複雑です。第三は、iTunes Store、iBooks Store、App Storeから購入したアプリ、曲、ビデオ、ブックしか共有できません。

この問題を解決するには、AnyTransをオススメします。AnyTransは専門的なiPhone/iPad/iPodのデータ転送ツールとして、iPhoneからほかのiPhone/iTunes/パソコンにアプリを共有/バックアップ/管理することができます。また、アプリだけでなく、ビデオ、音楽、プレイリスト、連絡先、メッセージやメモなどのデータも転送できます。そのほか、使いやすいインターフェイスも持っています。

方法2:AnyTransでiPhoneのアプリを共有する方法

iPhoneのアプリを共有する前に、まずAnyTrans の無料体験版をダウンロード&インストールしてください。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Step1: AnyTransを起動 > 2つ以上のiPhoneをコンピュータに接続 > 画面で「Apps」を選択します。

「アプリ」に入る

「アプリ」に入る

Step2: 移行したいアプリを自由に選択 > 画面右上に「デバイスへ」と同じ意味のスマホ画像のボタンをクリック > アプリの転送が開始します。

デバイスに転送したいアプリを選択

デバイスに転送したいアプリを選択

方法 3:PhoneTransでiPhoneのアプリを共有する方法

実は、AnyTrans以外、PhoneTransを利用すると、アプリをiOSデバイスの間でも自由に移行できます。PhoneTransはスマホの機種変向け専用のソフトで、1-Clickでデータを自由自在にiOSデバイスとAndroidスマホやタブレットの間で転送できます。

それでは、今すぐPhoneTransをダウンロードして体験しましょうか。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

1.PhoneTransを起動して2つのiOSデバイスをUSBケーブルでパソコンに接続します。

2.左側で「アプリの移行」項目に入って、「アプリ本体」を選択して「アプリを転送」をクリックします。

「アプリの移行」機能

「アプリの移行」機能

3.ソースデバイスと対象のデバイスをご確認ください。確認してから、「転送」をクリックします。

ソースデバイスと対象のデバイスを確認

ソースデバイスと対象のデバイスを確認

4.「ログイン」ボタンをクリックして対応するApple IDのパスワードを入力してサインインします。

Apple IDをログイン

Apple IDをログイン

5.転送したいアプリを選択して「今すぐ転送」をクリックしてiPhoneとiPadの間でアプリを同期します。

「今すぐ転送」をクリック

「今すぐ転送」をクリック

最後に

iPhoneのアプリを共有する2つの方法が分かりましたか?好きな方法を自由に選んで、家族と一緒にアプリを共有しましょう!

そして、本記事で紹介したツール-AnyTransは全球で1千万のユーザーがいます。AnyTrans の無料体験版は3日間で一日に30項目の転送ができます。また、製品を注文した場合も60日間の返金保証があるので万が一でも安心できます。

数秒の時間をかかってAnyTransの無料体験版をダウンロードして試しませんか?

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。