iPhoneのアプリを家族で共有する2つの方法

要約

家族でiPhoneのアプリを共有する方法をお探しですか?購入したアプリを実用的に利用するために、このガイドはiPhoneのアプリを共有する2つの方法について、ご説明いたします。

ちょうせい

2015年3月17日

by

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans – iPhoneのアプリを家族で共有するツール

AnyTrans – 最高のiPhone/iPad/iPod転送ツール

iPhoneのアプリを共有する方法についての記事を読む前に、AnyTransをダウンロードしてから、家族の人と一緒にアプリの面白さを楽しみましょう。

iPhoneのアプリを共有する方法

iPhoneのアプリを共有する方法

豊富なアプリを所有するApp Storeのおかげで、私たちはさまざまなアプリを購入&ダウンロードすることができます。本当に便利で私たちの生活を豊かにしています。その多くのアプリに、自分が好きなアプリを家族や友達に共有したい気持ちは強いです。特に、現在、家族には両親と子供がそれぞれiPhoneを持っている場合はよくあります。Apple IDを一人1つ作成し、アプリを個々に購入&ダウンロードします。お金の無駄になると思いませんか。家族でiPhoneのアプリを共有したほうがいいと思いませんか。そして、重複のアプリをダウンロード&購入することもありません。好きなものを家族の人と一緒に楽しむことは、家族の交流にも役に立ちます。

iPhoneのアプリを共有するには、家族で一つのApple IDを持って作業すると考えている人がいるでしょう。実に不便です。幸いなことに、ここに2つの解決法があります。それでは、iPhoneアプリの共有についての記事を読んでください。

方法1:「ファミリー共有」でiPhoneのアプリを共有する方法

「ファミリー共有」は「iOS 8」で登場したAppleの新しいサービスです。「ファミリー共有」を使うと、iTunes Store、iBooks Store、App Storeから購入したコンテンツを、最大6人の家族が共有できます。アカウントを共有する必要はありません。

ステップ1: 「設定」 > 「iCloud」 > 「ファミリー共有を設定」 > 「さあ、はじめよう!」をタップします。

ステップ2: 「続ける」 > 「次に進む」 > 支払い方法について同意 > 「次に進む」 > 自分の位置情報を家族に共有したいときは「位置情報を共有」、あとで設定する場合は「あとで」をタップします。

ステップ3: 「家族を追加」 > 必要な情報を記入 > 追加方法を選ぶ > 登録案内を承認 >  アカウントを確認してください。

iPhoneのアプリを共有する方法-方法1

iPhoneのアプリを共有する方法-方法1

ご注意:「フアミリー共有」でiPhoneからアプリを共有すると、3つの点をご注意ください。まずは、「iOS 8」にアップデートするのは必要です。第二は、操作手順がちょっと複雑です。第三は、iTunes Store、iBooks Store、App Storeから購入したアプリ、曲、ビデオ、ブックしか共有できません。

この問題を解決するには、AnyTransをオススメします。AnyTransは専門的なiPhone/iPad/iPodのデータ転送ツールとして、iPhoneからほかのiPhone/iTunes/パソコンにアプリを共有/バックアップ/管理することができます。また、アプリだけでなく、ビデオ、音楽、プレイリスト、連絡先、メッセージやメモなどのデータも転送できます。そのほか、使いやすいインターフェイスも持っています。

方法2:AnyTransでiPhoneのアプリを共有する方法

iPhoneのアプリを共有する前に、まずAnyTransをダウンロード&インストールしてください。

ステップ1: AnyTransを起動 > 2つ以上のiPhoneをコンピュータに接続 > 画面下部の「APP」を選択します。

iPhoneのアプリを共有する方法-方法2

iPhoneのアプリを共有する方法-方法2

ステップ2: 移行したいアプリを自由に選択 > 画面右上に「デバイスへ」と同じ意味のスマホ画像のボタンをクリック > アプリの転送が開始します。

iPhoneのアプリを共有する方法-方法2

iPhoneのアプリを共有する方法-方法2

iPhoneのアプリを共有する2つの方法が分かりましたか?好きな方法を自由に選んで、家族と一緒にアプリを共有しましょう!また、AnyTransのほかの機能を体験しましょう。

Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください