3歩でiPadからパソコンにデータを転送する方法

要約

iPad上のPDF、ブック、音楽、写真、連絡先などのデータをパソコン(Mac・Windows)に移して保存したいですか?ここで、もっとも簡単でわかりやすい方法をご紹介します。初心者にも簡単にできます。

ちょうらんげつ

2017年02月14日

ちょうらんげつ

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans – iOSデバイスのデータを気楽に移動する

AnyTrans – 高効率!iPadのデータをパソコンに移す

iPadのデータをPCに移すには、AnyTransをダウンロードしてください。すると、ただ3ステップでiPadのデータをパソコンに移せます。

iPadはディスプレイが大きくて、動画を見たり、ゲームをしたりする時、臨場感アップしています。また、持ち歩きできるサイズで、ノートパソコンの代わりに、ビジネスで文書を処理したり、ファイルを整理したりしている方も多くいます。但し、iPadを使えば使うほど容量は少なくなって、反応も遅くなってきました。そして、仕事のこと、またはデータの安全性などで、大切なデータもパソコンに転送したいです。

でも、御存知の通り、iTunesでPCからiOSデバイスへデータを転送する一方通行です。iOSデバイスのデータがPCに転送されるということはありません。その場合、どうすればよいのでしょうか?そこで今回は、iPadのデータをPCに転送する簡単かつ高速な方法をご紹介します。その前に、まずは必要なツール – AnyTransをご紹介します。

AnyTransとは

累計ダウンロード数が全世界で1,000万を突破したAnyTransはiPhone/iPad/iPod向けのデータ転送ソフトとして、iPadのデータをパソコンに移す際、以下のようなメリットも持っています。

  • できる - iTunesと違い、転送制限もなく、直接iPadのデータをパソコンに転送できる
  • 双方向 - 一方通行ではなく、iPadとパソコン、及び他のiOSデバイスの間でデータの相互転送が可能
  • 超高速 - 1GBのファイルを5秒で転送完了
  • 多種類のデータをサポート - 音楽・写真・ビデオ・連絡先・メッセージ・ブック・通話履歴・カレンダー・Safari・ポットキャスト・iTunes U等36種類データの移行を支持する
  • 自由に設定 - 出力先を希望通りに設定できる
  • 柔軟な操作 - データ一括転送も可能、指定されたファイルのデータ転送も可能
  • 簡潔な画面 - 簡潔なインタフェースを持って、特別な知識がいらなく、初心者にも簡単にできる
  • 安心感が得られる - AnyTransは有料ソフトだが、7日間無料体験、60日間返金保証も付く。そして、一度購入したら、永久使用・無償アップグレードが可能で、無料サポートもいつでも得られる

それでは、AnyTransをダウンロードして、iPadからパソコンにデータを転送しましょうか。また、AnyTransの安全性を気になる方はこちらのリンク先の記事をご参照ください:AnyTransって安全なの?ウイルス入りではない?ご不安の方へ!

- AnyTransはiPadとパソコン間でだけでなく、iPadとiTunes・iCloud間でデータを移行できます。そして、サイトから動画のダウンロード、iTunes/iCloudデータの管理、AndroidからiOSデバイスにデータの転送などの機能もあります。

- AnyTransは60日間の返金保証が付いております。具体的な返金方法はこちらの記事を参考してください。

- AnyTransをダウンロードする時、Chromeで「この種類のファイルはコンピュータに損害を与える可能性があります。」と、ダウンロードバーにメッセージが表示される場合があります。それはGoogle側でChromeストア以外から拡張機能をインストールすると、強制的に無効化されますから。なにか検査した結果というわけではありません。ご安心ください。

ユーザーレビュー:

“AnyTransとかいう神ソフトを使えば家にあるiPadにアプリデータを移せる可能性がわんちゃんありけり”

“最初っからAnyTrans入れときゃよかった、試供版でも最高にイケてる”

“あ、AnyTransっていうソフト入れたら無事消せました。やっぱ外部ツール便利やな”

“*´∇`*)ibackupbotよりもAnyTransは使いやすい。日本語にも対応してるし、動作が軽い。こんなに良いツールがあるとはねwww”

iPadからパソコンにデータを転送する方法

Part 1: iPadからパソコンにデータを一括転送する方法

Step 1: AnyTransをパソコンにインストール&起動 > USBケーブルを使ってiPadをパソコンに接続 > 言語を変更します。AnyTransのインストール&起動&言語設定に困っている方はこちらの記事をご参考ください。
Step 2: メインインタフェースで「パソコンへ」ボタンをクリックします。

iPadからパソコンにデータを転送する方法-「パソコンへ」を選択

iPadからパソコンにデータを転送する方法

Step 3: PCに移したいデータを選択 > 「出力先」右の「選択」をクリックして出力先を設定 > 「次へ」ボタンをクリックします。すると、iPadからパソコンにデータを一括転送しました。

iPadからパソコンにデータを転送する方法-データを選択

iPadからパソコンにデータを転送する方法

Part 2: iPadからパソコンにデータを個別で転送する方法

注:個別転送の操作は写真を例にして説明します。

Step 1: メインインタフェースでボタンをクリック > データ管理画面に入ります。

iPadからパソコンにデータを個別で転送する方法-データ管理画面に入る

iPadからパソコンにデータを個別で転送する方法

Step 2: データ管理画面で任意のデータを選択してください。ここでカメラロールの写真を例にします。「写真」から「カメラロール」をクリックします。

iPadからパソコンにデータを個別で転送する方法-データを選択

iPadからパソコンにデータを個別で転送する方法

Step 3: 「カメラロール」管理画面でパソコンに移したい写真を選択 > 右上にある「パソコンへ転送」ボタンをクリックします。

iPadからパソコンにデータを個別で転送する方法-データを選択

iPadからパソコンにデータを個別で転送する方法

Step 4: 「写真の出力形式を設定しますか?」というダイアルボックスが表示される > そこで「はい」をクリック > 出力形式と出力先を設定して「保存」ボタンをクリックします。

iPadからパソコンにデータを個別で転送する方法-出力形式と出力先を設定

iPadからパソコンにデータを個別で転送する方法

お見逃しなく:2つの方法でiPadのファイルを管理する

最後に

上はiPadからパソコンにデータを転送する手順です。AnyTransを利用して、iPadのデータを一括/複数にパソコンに移すだけでなく、パソコンのデータも簡単にiPadにいれれます。そして、iPadとiPhone間でデータも手軽に移行できます。それでは、AnyTransをダウンロードして無料体験してみましょう!

この記事が少しでもお役にたったら、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

メールでのお問い合わせは、24時間以内に返信いたします。メールでのお問い合わせ


Facebook上で何がホットだ

ご意見・ご感想をお寄せください